読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「スパイ大作戦」第30話「荒野の3人」

スパイ大作戦 シーズン2<トク選BOX> [DVD]

スパイ大作戦BSジャパン http://www.bs-j.co.jp/missionimpossible/
スパイ大作戦 パラマウント http://paramount.nbcuni.co.jp/spy-daisakusen/
放送 BSジャパン

【※以下ネタバレ】
 
シーズン2(29~53話)の他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ
perry-r.hatenablog.com
 

第30話 荒野の3人 Trek (シーズン2・第2話)

 

あらすじ

奪われた財宝を取り戻すため、財宝の隠し場所を知る囚人を逃がす作戦に出たIMFチーム。囚人を逃すことには成功するが、彼の視力は徐々に失われていく。


南米の小国が、経済危機から脱却するためインカの財宝を売却しようとするが、奪われてしまう。財宝を取り戻すためフェルプス(ピーター・グレイブス)が囚人となり留置場に潜入、財宝を奪い隠したコールを逃がす作戦を、財宝を密かに狙うカルドーザ大佐に持ち掛ける。カルドーザを人質に脱出に成功する3人。しかしコールの視力は、カルドーザに受けた拷問のため失われようとしていた…。

※DVD版のタイトルは「トリック」。


【今回の指令】
 南米の小国サンタレスの政府は、危機的な経済を立て直すため、総額1000万ドル相当のインカの財宝の売却を計画していたが、財宝はジャック・コールという男に盗まれてしまった。その後コールは逮捕されたが、財宝は見つからず、コールを収監している刑務所の所長カルドーザ大佐は、コールから財宝の隠し場所を聞き出し、それを横取りしようとしている。IMFは財宝の隠し場所を探し出し、またカルドーザの悪行を暴露しなくてはならない。


【作戦参加メンバー】
 レギュラー:フェルプス、ローラン、シナモン、バーニー
 ゲスト:ボブ(人形師?)


【作戦】
 フェルプスは、カルドーザが財宝を売却しようとしている故買屋の使いに扮してカルドーザと接触する。そして、二人はわざとコールを脱走させ財宝まで案内させる、という計画を立てる。フェルプスはカルドーザを人質にしたふりをして、コールと三人で刑務所を脱走する。

 やがてコールはカルドーザに受けた拷問の影響で目が見えなくなるが、フェルプスはコールをうまく誘導して、財宝を隠した洞窟まで連れて行かせる。ところが財宝が見つかった途端、カルドーザはコールを撃ち殺す。ちょうどそこにバーニーの操縦するヘリが飛んでくるが、同時に(IMFが導いてきた)捜索隊も追いついてくる。フェルプスはカルドーザに、ヘリの助けを呼んでくるので、それまで応戦していてくれと言って姿を消し、そのままヘリで逃げてしまう。

 カルドーザはフェルプスが一人で逃げたのを見て、諦めて降伏し、財宝は追跡隊に無事確保される。カルドーザは自分は犯罪者たちに人質にされていただけ、としらを切ろうとするが、追跡隊に向かって発砲していた以上、そんな言い訳が通るはずもなく、逮捕されてしまった。


監督: レオナルド・J・ホーン
脚本: ローレンス・ヒース


感想

 評価は△。


 漫然とした展開の質の低いエピソードで、見ていて失望甚だしかった。

 結局複雑な作戦などはなく、フェルプスが悪党をうまくせかして財宝の隠し場所に連れて行かせる、ただそれだけの話なので、面白みは殆どなく、視聴していて退屈極まりなかった。


 ところで、「荒野の3人」というサブタイトルはBSジャパン独自の命名で、元々は「トリック」というサブタイトルなのだが、このエピソードにはトリックというような要素は皆無のため、内容とのかい離が甚だしく、違和感がぬぐい切れなかった。そして英語の原題を見ると「Trek」と書いてある。Trekとは「(骨の折れる)旅」という意味であり、今回のフェルプスたちの荒野の旅を意味していることは明らかである。つまり昔の「トリック」というサブタイトルは「誤訳」だと思われる。なんでまたそんなことになってしまったのだろうか……、


参考:今回の指令の入手方法

 フェルプスが電話ボックスに入り、「故障中」の札を外した後、電話機の前面の蓋の鍵を開けて写真の入った封筒を取り出す。さらにその奥に収納されていたオープンリールテープレコーダーのスイッチを入れつつ、電話の受話器を耳にあてる。すると再生されたテープの音声が電話機から聞こえる。最後「なおこのテープは自動的に消滅する」といい、フェルプスが電話機の蓋を閉めると、隙間から火が噴き出す。


参考:指令内容

 おはようフェルプス君。危機に瀕した経済を立て直すため、南米の小国サンタレス政府は、インカの財宝、金の工芸品コレクションを売却することになった。が、財宝は運搬中にこの男、ジャック・コールによって強奪されてしまったのだ。その後コールが逮捕されて地方刑務所に送られ、カルドーザ大佐の尋問によって奪った財宝の隠し場所の自白を強いられている。ところが、このカルドーザ大佐であるが、コールの自白を待って財宝を着服しようとしているのだ。

 そこで君の使命だが、財宝を捜し出すとともに、カルドーザ大佐の意図を暴くことにある。例によって、君もしくは君のメンバーが捕らえられ、あるいは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで。なお、このテープは自動的に消滅する。成功を祈る。

シーズン2(29~53話)の他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com