読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「クラシカロイド」第15話「地獄の学園祭」

クラシカロイド クリアファイル

アニメ「クラシカロイド」HP http://www.classicaloid.net/
放送 NHK Eテレ。土曜日17:30~18:00。

【※以下ネタバレ】
 

第15話 『♪15 地獄の学園祭』 (2017年1月21日(土)放送)

 

あらすじ

 歌苗と奏助が通う高校では文化祭を間近に控え、準備がたけなわだった。奏助はバンドを組む男子生徒がチヤホヤされているのを見て、自分もバンドでオリジナル曲を披露すると高らかに宣言するが、生徒たちからは完全に無視される。夜、奏助はクラシカロイドたちに自分とバンドを組んでくれと頼み込むが、彼らからも完全にスルーされる羽目に。

 翌日、クラシカロイドたちは面白半分で学校を訪れるが、それぞれの個性が何故か生徒たちに大ウケし、たちまち人気者になる。奏助はすかさず、改めて文化祭当日は彼らとバンドを組むとぶち上げ、今度は生徒たちから好意的な反応を得ることに成功した。気をよくした奏助はオリジナル曲作りに取り掛かるが、出来上がった曲は箸にも棒にもかからない駄作で、リストたちは気を使ってはっきり言えないものの、他人への配慮というものに全く縁が無いモーツァルトは、遠慮無しに酷評する。

 ショックを受けた奏助はバンド解散を宣言、文化祭当日はやつれ切った姿で現れ、改めて自作曲を披露する。それは自分がいかにダメ人間かを切々と歌い上げた自虐的な内容だったが、それ以上にメロディーが酷く、聞いていた観客は全員体調をおかしくして倒れてしまう騒ぎに。しかし極々一部の生徒からは好評を博し、奏助は大喜びだった。


感想

 島﨑信長にアホみたいな歌詞の曲を歌わせるのがたまらなかったっす。あとリストの女子生徒向け恋愛相談が盛況だったり、シューベルトが教師口調で生徒の喧嘩をあっさり収めたり、地味な生徒が「ショパン兄さん、実はぼく、文化祭のノリについていけなくて……」「わかる、ああいう浮かれたノリってくそくらえだよね……」「っ!? ショパン兄さん!」(ひしっ)、とかのシーンが妙に面白くて。

 ところで、チャイコは「元クラクラ」と名乗っていましたけど、芸能界引退したの?
 
 

※他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com


クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1