読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「中継基地オルサファル」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 536巻)(2016年12月31日(土)発売)


中継基地オルサファル (宇宙英雄ローダン・シリーズ536)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150121095
中継基地オルサファル (宇宙英雄ローダン・シリーズ536) 文庫 2016/12/31
マリアンネ・シドウ (著), エルンスト・ヴルチェク (著), 渡辺 広佐 (翻訳)


ローダンは深淵の騎士の先駆者であるポルレイターたちの意識を解放し、惑星オルサファルに集めるが、そのようすがおかしくなる!


深淵の騎士の先駆者であるポルレイター種族は、数百万年のあいだ意識だけの存在となって球状星団M‐3内でさまざまな自然物に宿っていた。ローダンは物質暗示者ダルゲーテンの協力を得てポルレイターの意識を解放することに成功、かれらを惑星オルサファルに集める。フロストルービンの秘密があるという“五惑星施設”まで案内してもらおうと考えたのだ。だが、オルサファルでポルレイターたちのようすがおかしくなる!

 
発売日 = 2016年12月31日(土)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」
 
【※以下ネタバレ】
 

内容

◆1071話 中継基地オルサファル(マリアンネ・シドウ)(訳者:渡辺 広佐)

 テラナーは解放したポルレイター約2000体を一旦湿地惑星『オルサファル』に集結させるが、ポルレイターたちの様子がおかしくなり!?


 エピアンドロイドのポルレイターたちがテラナーに迷惑をかけまくる話。全く恩知らずの連中で困りものです。こんな程度のモラルしかないのでは、超越知性体に進化できないのも納得ですな。



◇1072話 マゼラン行きのキャラバン(エルンスト・ヴルチェク)(訳者:渡辺 広佐)

 西暦4012年7月。《ソル》はついに銀河系近傍まで帰還するが!?


 なんか《ソル》がえらく簡単に銀河系に帰ってきてしまいました。まあ3400年代みたいに宇宙のどこに飛ばされたか皆目見当がつかないというのと違い、「“それ”の力の集合体は遠くない」という手掛かりはあったにせよ、片や140年、片や半年って差がありすぎる……

 それにしても、このサイクルは話がダラダラしているというか、100話単位で長期的にあらすじを作っているのでしょうけど、メリハリが無くてなんか面白みに欠けるよなぁ。


 前半・後半とも、まあそこそこのお話でした。


表紙絵

 メインは(多分)ゲシール。背景はアトランの顔、カメレオン人、宇宙ハンザの楔型船。


あとがきにかえて

 担当は「渡辺広佐」氏。全4ページ。房総半島の勝浦へ旅行した話。


次巻予告

 次巻は537巻「自転する虚無」(H・G・フランシス& K・H・シェール)(2017年1月24日(火)発売予定)。

 シリーズの生みの親の一人K・H・シェール先生が、第250巻「虚無より来たる」から287巻ぶりにシリーズに帰ってきます!!


関連サイトは、以下のページからどうぞ。

ペリー・ローダンへの道
http://archduke.la.coocan.jp/PRSindex.htm