読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:ウォーゲーム雑誌「Game Journal(ゲームジャーナル) No.62」『秀吉軍記~賤ヶ岳の決戦~』(2017年3月1日発売)

ウォーゲーム

ゲームジャーナル62号 秀吉軍記~賤ヶ岳の決戦~

ゲームジャーナル公式サイト http://www.gamejournal.net/
発売日:2017年3月1日(3,6,9,12月の1日発売)

【※以下ネタバレ】
 

付録ゲーム

秀吉軍記(ゲームデザイン:福田誠)

http://www.gamejournal.net/item_list/gj_062/index.html
このゲームは、羽柴秀吉が天下統一の地歩を固めた戦いを再現する「秀吉軍記」から、「賤ヶ岳の決戦」シナリオを収録
あなたは、秀吉軍を率いて信長亡き後の天下取りレースに勝利できるでしょうか!?

 昭和ゲーマーには説明不要の「戦国群雄伝」の再販。さすがにフルで付録にするのは無理だった模様。


特集「秀吉軍記~賤ヶ岳の決戦~」

 ヒストリカルノート、松田大秀氏のリプレイ漫画、座談会「ゲームの殿堂 ゲームの中の豊臣★秀吉」など。再版なのであっさり目。


その他

真田丸狂騒曲と中世以前大阪平野地形の変遷

 去年の大河ドラマ真田丸」に便乗した系の記事で、真田丸の場所はどこだったか、とか、当時の大坂(ノット大阪)の地形について、といった内容。



◆[連載]Mrことくの過激にレポートするぜ!

 今回はユーロゲーム「ブラッディ・イン」(ホビージャパン)がお題。もう完璧にウォーゲーム/戦争テーマゲームから離れて行っちゃってますので、辛口読者から苦情が来そうな感じです。私は完全にオッケーですけど。



◆[連載]絶版ゲーム再生Project RENEWAL(錦大帝)

 今回のお題は「ウルトラマン」(バンダイ)。これも今持っている(笑) このゲームの紹介はあちこちで読んだことがありますが、システムからシナリオから徹底解説しており、おそらく史上最も詳しい「ウルトラマン」の紹介記事だと思います……、大抵の紹介には「怪獣が弱い」「怪獣バトルロイヤルで遊んだ」しか書いてないから(笑) 

 怪獣の能力値で、攻撃力とヒットポイントが兼用、つまりダメージを受けるとどんどん攻撃力も弱くなっていく、というのは、それなりに納得できなくもないのですが、怪獣がすぐ死んじゃうことになるから別々のパラメーターにすべきだったと思いますよねぇ。ヒットポイントは50くらいほしかったかも。しかし関東平野(多分)に科特隊基地とか発電所とかあるマップは見ているだけで燃えますわ。


次号予告

 No.63(2017年6月1日発売予定)の特集/付録ゲームは「クルスク南方戦線・プロホロフカ1943」。第二次大戦テーマも久しぶりですな。


おまけ:今後の付録ゲーム(予定)

 今後の付録の予定として「シン・関ケ原」というのがラインナップされていた(笑) さすがゲームジャーナル(笑) 内容は「ドミニオンシステムのデッキ構築型関ケ原ボードSLG」とあり、一瞬おお斬新だと思いましたが、よく考えたら、すでに「数エーカーの雪」とか「コマンドマガジン109 ルントシュテットの戦い http://commandmagazine.jp/com/109/ 」とかで実現してますね。



数エーカーの雪原 (A Few Acres of Snow)
コマンドマガジン Vol.109(ゲーム付)『ルントシュテットの戦い』『オデッサ攻防戦』