読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「ポルレイターの秘密兵器」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 538巻)(2017年2月9日(木)発売)


ポルレイターの秘密兵器 (宇宙英雄ローダン・シリーズ538)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150121133
ポルレイターの秘密兵器 (宇宙英雄ローダン・シリーズ538) 文庫 2017/2/9
マリアンネ・シドウ (著), ホルスト・ホフマン (著), 若松 宣子 (翻訳)


長き深層睡眠から目ざめた、もと太陽系艦隊提督キャラモンは、ポルレイターの秘密兵器を見つけるため惑星ズルウトに向かうが……


25世紀の昔、球状星団M-3にある惑星ユルギルで囚われの身となった、もと太陽系艦隊提督クリフトン・キャラモン。かれは1600年の深層睡眠からよみがえり、宿敵であるポルレイターの堕落者トゥルギル=ダノ=ケルグとの対決を覚悟する。ダノの先手を打つためかつてのかれの戦闘艦《ソドム》で、五惑星施設の第三惑星ズルウトに向かった。ところが、原住動物ケラクスのからだに宿るダノも《ソドム》に乗りこんでいた……

 
【※以下ネタバレ】


◆1075話 ポルレイターの秘密兵器(マリアンネ・シドウ)(訳者:若松 宣子)

 クリフトン・キャラモンと「堕落したポルレイター」のダノは、ボルレイターの残した秘密兵器を求め、中枢惑星『ズルウト』で競争を開始した。ズルウトには、過去ポルレイターが自分たちの精神から作り上げた存在『ヴォワーレ』がいた。ヴォワーレはキャラモンに秘密兵器とは「愛」だと教えたあと、ダノを止めるために犠牲になり、直後ダノも寿命で死んだ。(時期:不明。NGZ425年8月頃?)



◇1076話 ポルレイターの道(ホルスト・ホフマン)(訳者:若松 宣子)

 ローダンたちは五惑星施設のバリアが消滅したため、ポルレイターを惑星ズルウトへと輸送した。ポルレイターはテラナーに、220万年前に封印したフロストルーピンの位置を教えると、すぐに姿を消してしまった。ローダンたちは仕方なく一旦離陸しようとするが、ポルレイターの妨害でズルウトから離脱できなくなっていた。(時期:不明。NGZ425年8月頃?)