読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」第11話「真夏のアキバフェス開幕!」


AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION- ヒロインB2タペストリー

AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-アキバズトリップ・ジ・アニメーション) 公式サイト http://akibastrip-anime.com/
放送 AT-XAT-Xが最速放送)(全13話)

【※以下ネタバレ】
 

第11話 『TRIP11 真夏のアキバフェス開幕!』 (2017年3月15日(水)放送)(最速放送)

 

あらすじ

 秋葉原では、政府が推進する「ナイスジャパン」政策の一環として、政府肝入りのイベント「アキバフェス」が開催されることになり、盛り上がりを見せていた。「まにあ~ず」もフェスで開催されるステージを前に、リハーサルに余念がなかった。

 そんな中、アキバ各所で様々な迷惑行為が行われ、現場には電気マヨネーズの署名入りの犯行声明が残されていた。タモツたちは自警団に犯人として捕まるが、自分たちの偽物がいると主張し、真犯人を捕まえて無実を証明すると息巻く。

 深夜。タモツたちはニセ電気マヨネーズの三人組を発見し、タモツと有紗は自分の偽者のバグリモノを退治するが、まとめは仮面をかぶった相手に大苦戦し、結局取り逃がしてしまう。それでもラトゥが証拠写真を撮ってくれていたことで、タモツたちの疑いは晴れて一件落着となった。

 翌日。アキバフェスがスタートし、トップバッターとしてまよね~ずのステージが始まるが、その瞬間いきなり政府がフェスの中止を宣言する。大臣はオタクたちのアキバ文化は政府が推進するナイスジャパンの対象とは程遠いと言い、秋葉原禁止法を施行すると宣言する。

 やがて、タモツにまとめから助けを求める電話が入り、タモツは万世橋で倒れているまとめを見つけて介抱しようとするが、次の瞬間キスされる。一方、「本物の」まとめはタモツが万世橋に向かったと知り慌てて急行するが、まとめの目の前でタモツは川に転落してしまう。続く。


脚本/雑破業  絵コンテ・演出/杉村苑美 総作画監督/満田一  作画監督/清水博幸


感想

 そろそろ最終回が近くなったという事で、予想外な最終決戦ムードです。浅野真澄がラスボスというのも「それが声優!」繋がりという認識でOK


 それにしても、劇中で「わーい、イヤホンズの限定フィギュアが届いたぞー。大人気過ぎて初回出荷は瞬殺だったもんなぁ」とかいう台詞を臆面もなく突っ込んでくるとは、イヤホンズ売り込みアニメとして徹底しております(笑)


一件落着ゴ用心【AKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-盤】