読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「スパイ大作戦」第47話「友よ、静かに時を待て!」

ドラマ

スパイ大作戦 シーズン2<トク選BOX> [DVD]

スパイ大作戦BSジャパン http://www.bs-j.co.jp/missionimpossible/
スパイ大作戦 パラマウント http://paramount.nbcuni.co.jp/spy-daisakusen/
放送 BSジャパン

【※以下ネタバレ】
 
シーズン2(29~53話)の他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ
perry-r.hatenablog.com
 

第47話 友よ、静かに時を待て! The Condemned (シーズン2・第19話)

 

あらすじ

死刑宣告を受けたジム(ピーター・グレイブス)の友人。バーニー(グレッグ・モリス)、ローラン(マーティン・ランドー)、ウイリー(ピーター・ルーパス)の協力を得たジムは24時間以内に友人の無実を証明し、真犯人を見つけることができるのか。


無実の罪で明日死刑となるフェルプス(ピーター・グレイブス)の友人。バーニー(グレッグ・モリス)、ローラン(マーティン・ランドー)、ウイリー(ピーター・ルーパス)の助けを借り、フェルプスは事件の真相を迫り、真犯人を追いつめるのだが…。無実の証明が困難となった時、チームはバーニーの技術力を結集した“リモコン自動車作戦”を決行、果たして友を救い出すことが出来るか!?

※DVD版のタイトルは「殺人者の罠」。


 フェルプスの友人デビッド・ウェブスターは、某国で殺人の罪で逮捕され、24時間後に処刑されようとしていた。ウェブスターの罪状はジョージ・コーレイという男の顔面を撃って殺したという物だったが、ウェブスターは自分は無実で、コーレイなど全く知らなかったと言う。フェルプスはウェブスターの無実を証明するため、IMFメンバーのローラン、バーニー、ウィリーに協力を頼む。

 まず神父に変装したローランとウィリーがウェブスターの独房に入り、持ってきた資材で偽の壁を作り、ウェブスターがその中に隠れることで脱走を偽装し、死刑執行を阻止した。

 一方、フェルプスたちは殺されたコーレイの周囲を調査する内、謎の男と出会うが、男は事故死してしまう。調査の結果、その男は死んだはずのコーレイだと解る。実はコーレイは、雇われてギリシャの博物館から1000万ドルの王冠を盗み出したが、それを自分のものにしようとして、自分が殺されたように偽装したのだった。

 フェルプスはローランをコーレイに変装させて警察にコーレイが生きていると思わせ、さらに警察の前でコーレイが車でがけから落ちて死んだように偽装する。車の中から王冠とコーレイの死体が発見されたことで、自動的にウェブスターの無実は証明されることになった。最後、ウェブスターがフェルプスからの無線の合図を聞き、偽装の壁の奥から出てきて〆。


監督: アルフ・ケリン
脚本: ローレンス・ヒース


感想

 評価は△。

 今回はIMFチームの正式なミッションではなく、フェルプスの個人的な事情にIMFのメンバーが力を貸す、という異色エピソードで、シーズン1で放送された第8話「誘拐に挑戦!」と同じパターンだが、同じように面白くなかった。

 IMFのメンバーが警察や探偵の様に事件の真相を解明していく、というストーリーははっきり言って全く興味をそそらなかったし、終盤はIMFがウェブスターの無実の証明のため、警察を相手に偽装を行う、という展開となったが、これもさほど盛り上がらなかった。やはりスパイ大作戦は、悪党を相手に緻密な計略を炸裂させる、というようなエピソードでないと面白くならないようである。

 ちなみに原題の「The Condemned」とは「死刑囚」の事。

シーズン2(29~53話)の他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com