読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:WEBコミック「キン肉マン」第202話「弟子の務め!!の巻」

キン肉マン 58 (ジャンプコミックス)

週刊プレイボーイ http://wpb.shueisha.co.jp/comic_novel/

【※以下ネタバレ】
 

第202話 弟子の務め!!の巻 (2017年3月27日(月)更新)

 

あらすじ

悪魔将軍vsストロング・ザ・武道(ブドー)の一戦。完璧超人始祖(パーフェクト・オリジン)のすべての特性を兼ね備える武道は、悪魔将軍の攻撃をことごとく無効化。ついに完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)奥義「千兵殲滅(せんぺいせんめつ)落とし」を炸裂(さくれつ)させる!! ところが、敗北必至と思われたその時、悪魔将軍の中で自分でも理解できないパワーが湧きあがり、完璧にくらったはずの奥義を耐え切ってみせた!! この力の源は一体…!?

 「悪魔将軍/ゴールドマン VS ストロング・ザ・武道/超人閻魔」戦。

 キン肉マンは、悪魔将軍が友情パワーに目覚めたのではと推測するが、バッファローマンやサンシャインは、それを否定する。サンシャインは、悪魔超人は憎悪といったネガティブなものにせよ感情を持ち、そのため正義超人の友情パワーに感化された事を認める。しかし完璧超人始祖の悪魔将軍には感情が無いため、影響される可能性は無いのだった。ところが悪魔将軍自身は、「ザ・マン/超人閻魔」に関係する事ならば、自分が感情から生み出される力を発揮できる可能性に思い至っていた。

 その昔、ザ・マンは弟子のゴールドマンに「師匠を超えるのは弟子の務め」と説いていた。それを覚えていた悪魔将軍は師匠超えを果たすため、ダイヤモンドパワーの硬度10を超えた「硬度10#(シャープ)」のレベルに到達し、武道を投げ飛ばす。


感想

 んん? 悪魔将軍って武道がダイヤモンドパワーを使ったときに驚いてなかった? 今回の回想だとお互いにダイヤモンドの体で戦っているのですが…… 

攻防

悪魔将軍:手四つの態勢→「硬度10#」にチェンジ→かんぬきスープレックス


[参考]完璧超人始祖の一覧

番号称号名前ダンベル生死
00完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)ザ・マン/超人閻魔無し  
01完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)ゴールドマン/悪魔将軍天のダンベル  
02完璧・弐式(パーフェクト・セカンド)シルバーマン地のダンベル 
03完璧・参式(パーフェクト・サード)ミラージュマン氷のダンベル死亡
04完璧・肆式(パーフェクト・フォース)アビスマン焔のダンベル死亡
05完璧・伍式(パーフェクト・フィフス)ペインマン風のダンベル死亡
06完璧・陸式(パーフェクト・シックス)ジャスティスマン光のダンベル  
07完璧・漆式(パーフェクト・セブンス)ガンマン土のダンベル死亡
08完璧・捌式(パーフェクト・エイス)シングマン星のダンベル死亡
09完璧・玖式(パーフェクト・ナインス)カラスマン闇のダンベル死亡
10完璧・拾式(パーフェクト・テンス)サイコマン雷のダンベル消滅


 

他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com


CCP マスキュラー コレクション EX 悪魔将軍 地獄のメリーゴーランド元祖原作カラーアドベントVer.
S.H.Figuarts ビッグ・ザ・武道