読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:NHK番組「“栄光なき天才たち”からの物語「競泳 世界に挑むトビウオたち」」

栄光なき天才たち[伊藤智義原作版] 1

栄光なき天才たち”からの物語 | NHKアニメワールド http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=eikou
放送 NHK BS1。2017年3月25日(土) 20:00~20:50。

【※以下ネタバレ】
 

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2017-03-25&ch=11&eid=3352&f=4387
[BS1]2017年3月25日(土) 午後8:00~午後8:50(50分)


アニメーションとドキュメンタリーで、アスリートの“魂”を探る番組。フジヤマのトビウオ古橋廣之進から北島康介、そしてトビウオジャパンへと受け継がれるものは何か?


アニメーションとドキュメンタリーで、アスリートに受け継がれる“魂”を探る番組。アニメは伝記マンガ『栄光なき天才たち』を原作に、世界記録を連発しながらオリンピックの栄光をつかむことができなかった競泳選手・古橋廣之進の物語を描く。ドキュメンタリーでは、古橋から大きな影響を受けたという北島康介が、古橋への思いを初めて語る。北島は後輩たちに古橋の精神を伝える“魂の継承者”となった。果たしてその“魂”とは?


【出演】北島康介萩野公介平井伯昌,上野広治,
【声】小野大輔小西克幸潘めぐみ麻生智久,宮坂俊蔵,武虎,村田太志落合福嗣手塚ヒロミチ福島潤千葉進歩最上嗣生青山穣土田大諏訪部順一大西健晴,野瀬育二,綿貫竜之介杉崎亮榊原良子

 

内容

アニメパート

 戦後すぐの頃に活躍した水泳選手・古橋廣之進の話。古橋は1948年(昭和23年)頃、400メートルで世界記録を持っていたが、敗戦直後の日本水泳連盟は国際社会から除名されており、日本人選手は1948年開催のロンドン五輪に参加できなかった。水泳連盟は、オリンピックの水泳決勝と同じ日・時間に国内大会を開き、古橋が世界一であることを証明して見せることを考える。

 そして古橋はロンドン五輪金メダリストより早く、さらに当時の世界記録を更新する新記録で優勝する。翌年日本の水泳連盟は国際社会に復帰し、古橋は各地で世界記録を更新し続けた。しかし南米でアメーバ赤痢にかかって体調を崩し、昭和27年(1952年)のヘルシンキ五輪では決勝に進んだものの、最下位の八位に終わる。古橋は世界記録を連発しながら、ついに五輪では金を取ることはかなわなかった。



ドキュメンタリーパート

 その後、古橋が水泳連盟の会長になった。そして北島康介が古橋から受けた影響を語る。


感想

 なぜか五輪イヤーでもないのに突然こんな番組が飛び出してきてビックリです。しかも原作があの「栄光なき天才たち」って懐かしすぎる……、一体全体何故今こんな番組が作られたのかわかりませんが、アニメパートは声優が、小野大輔小西克幸潘めぐみ、といった有名処が参加している本気の作りでまたまた驚いたです。製作意図は全く分かりませんが、結構面白かったと言っておきましょう。

スタッフ
音楽:松谷 卓


<ドキュメンタリー>
資料提供:共同通信社 / 日本大学
撮影協力:KITAJIMAQUATICS
撮影:岡本 亮
音声:倉橋 克明
映像技術:松岡 綾子
音響効果:四元 裕二
リサーチ:成田 慈子
取材:宇野 真由美
演出:坂田 能成
プロデューサー:長澤 智美
制作統括:茂木 明彦 / 内田 俊一


<アニメーション>
原作:伊藤 智義 / 森田 信吾
脚本:関島 眞頼
キャラクターデザイン・総作画監督:八重樫 洋平
作画監督
金 正男 / 高澤 美佳
林 央剛 / 林 あすか / 寺井 佳史
アニメーションプロデューサー:松倉 友二
アニメーション制作担当:松尾 洸甫 / 松重 裕美
アニメーション制作:J.C.STAFF
制作統括:土橋 圭介 / 坂田 淳
監督:福島 利規
制作:NHKグローバルメディアサービス
制作協力:NHKエンタープライズ / テレビマンユニオン
制作・著作:NHK



キャスト
ナレーション:榊原良子 / うすいたかやす

<アニメーション>
古橋廣之進小野大輔
橋爪四郎:小西克幸
古橋廣之進(少年時代):潘めぐみ
村上:麻生智久
葉室:宮坂俊蔵
日本水泳連盟・田畑会長:武虎
水泳部員A:村田太志
水泳部員B:落合福嗣
水泳部員C:手塚ヒロミチ
水泳部員D:福島潤
日本水泳連盟・理事A:千葉進歩
日本水泳連盟・理事B:最上嗣生
日本水泳連盟・理事C:青山穣
日本水泳連盟・理事D:土田大
アナウンサー:諏訪部順一
男A:大西健晴
男B:野瀬育二
男C:綿貫竜之介
店主:杉崎亮