読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「武装少女マキャヴェリズム」第5話「愛狂しき刃「花酒蕨」」

TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』エンディング・テーマ「DECIDE」

TVアニメ「武装少女マキャヴェリズム」公式サイト http://machiavellism-anime.jp/
放送 AT-XAT-Xが最速放送)。

【※以下ネタバレ】
 

第5話 『第五節  愛狂しき刃「花酒蕨」』 (2017年5月3日(水)放送)(最速放送)

 

あらすじ

 花酒蕨は愛熊キョーボーが敗れたことに憤慨し、唐突にワラビンピック閉幕を宣言した。そして納村の外出許可証に判子を押す「授与式」を行うので、校舎の屋上まで来るように指示する。しかし、その言葉とは裏腹に、屋上へ向かう階段は一つ以外は閉鎖され、さらに唯一使用できる階段には、花酒配下の東狐・狸原・猿渡を筆頭とする34人の精鋭たち、つまり、花酒さんじゅうし、別名「WRB34」(ワーラービー・サーティーフォー)が殺る気満々で待ち構えていた。

 ところが、天下五剣の一人・眠目(たまば)さとりは、五剣会議で決めたのはワラビンピック開催までだと言って、納村が嫌いだと断りながら、屋上への別の階段を開放する。そして、先行したののと蝶華が雑魚を蹴散らしている間に、納村・輪・メアリは屋上へと駆け上がる。納村はキョーボーとボクシング勝負、輪は蕨との対決、メアリは東狐・狸原・猿渡の足止め、とそれぞれの戦いが始まり、各人がそれぞれ勝利をつかむ。結局、蕨は納村の外出許可証に判子を押す羽目になった。


脚本 : 山下憲一 絵コンテ : 澤井幸次 演出 : 立仙裕俊

感想

 バトルたっぷりの王道系エピソード。各階に幹部が待ち構えていて屋上のボスがさあ登ってこいと挑発するとかの展開も熱かった(まあ結局幹部連とのバトルはスルーしちゃうけど)。

 蕨・輪・メアリの着替えの下着シーンもばっちり完備で、スポプラ蕨のひんぬー体形から、アダルツなメアリの黒ブラまで、各自のお好み次第というバリエーションも嬉しい所でした。
 
 
TVアニメ『武装少女マキャヴェリズム』オープニング・テーマ 「Shocking Blue」【通常盤】
武装少女マキャヴェリズム B2タペストリーA
【電子版】武装少女マキャヴェリズム(1)<武装少女マキャヴェリズム> (角川コミックス・エース)