読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:WEBコミック「キン肉マン」第208話(「完璧超人始祖編」最終話)「慈悲を纏った悪魔!!の巻」

キン肉マン 58 (ジャンプコミックス)

週刊プレイボーイ http://wpb.shueisha.co.jp/comic_novel/

【※以下ネタバレ】
 

第208話(「完璧超人始祖編」最終話) 慈悲を纏(まと)った悪魔!!の巻 (2017年5月15日(月)更新)

 

あらすじ

壱式(ファースト)奥義「神威(かむい)の断頭台」で、ザ・マンに勝利した悪魔将軍。 キン肉マンの説得もあり、ザ・マンの死刑執行を思いとどまる。その代わり、超人墓場システムの最大の問題点である 「不老不死の永久廃止」を要求。これにより、ザ・マンを筆頭に、彼に力を与えられた者たちの時間も、再び動き出すことになった!

 悪魔将軍は全ての戦いの終わりを宣言するが、立ち去る間際に、キン肉マンに向かって、悪魔を約束を破る存在だから不可侵条約など過信するなと警告する。

 キン肉マンは、ザ・マンに対し、正義超人だけではなく悪魔・完璧のそれぞれの陣営もまた自分たちの正義で動いており誰も悪意が無かったこと、絶対な正義は存在しないのではと心が揺れたこと、しかしそれでも自分なりの正義を信じたこと、をまくし立てる。

 ネメシスやピークアブーたちは、キン肉族が暴走した時には倒しに来ると宣言するが、キン肉マンはその時には、憎しみではなく互いにわかり合うために戦う、と返答する。最後、キン肉マンとネメシスが拳をぶつける挨拶をしているシーンで〆。


感想

 はい、2011年から延々連載していたエピソードも遂に完結です。今回初めてこのシリーズが「完璧超人始祖編」という名前だったと知ったぞ。

 過去のエピソードでは最終回は必ず「正義超人の友情万歳」で〆ていたのに、このエピソードではキン肉マンが正義超人の正義の絶対性に疑いを持つとか、21世紀になるとキン肉マンも変わるもんだなぁ、と思いましたですよ。

 さて、「ついにキン肉マンが最終回かぁ、来週以降『キン肉マン』ロスになりそう……」とか感慨にふけっていたら、最終ページで「6月中旬から新シリーズ開始予定」と書いてあってびっくりしましたよ。うーん、今回の「完璧超人始祖編」でこれだけ力を総動員というかアイデアを注ぎ込みまくったのに、まだ続けられるの? 今週で終わりでなく嬉しい反面、「ホントに新章やれるの?」という不安が襲ってきます……
 
 

[参考]完璧超人始祖の一覧

番号称号名前ダンベ生死
00完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)ザ・マン/超人閻魔/ストロング・ザ・武道無し  
01完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)ゴールドマン/悪魔将軍天のダンベ  
02完璧・弐式(パーフェクト・セカンド)シルバーマン地のダンベ 
03完璧・参式(パーフェクト・サード)ミラージュマン氷のダンベ死亡
04完璧・肆式(パーフェクト・フォース)アビスマン焔のダンベ死亡
05完璧・伍式(パーフェクト・フィフス)ペインマン風のダンベ死亡
06完璧・陸式(パーフェクト・シックス)ジャスティスマン光のダンベ  
07完璧・漆式(パーフェクト・セブンス)ガンマン土のダンベ死亡
08完璧・捌式(パーフェクト・エイス)シングマン星のダンベ死亡
09完璧・玖式(パーフェクト・ナインス)カラスマン闇のダンベ死亡
10完璧・拾式(パーフェクト・テンス)サイコマン雷のダンベ消滅
 
 

※他のエピソードのあらすじ・感想はこちら→ WEBコミック「キン肉マン・完璧超人始祖編」あらすじ・感想まとめ(2011年~2017年)

  
CCP マスキュラー コレクション EX 悪魔将軍 地獄のメリーゴーランド元祖原作カラーアドベントVer.
S.H.Figuarts ビッグ・ザ・武道