【フィギュア】2018年版マジンガーZのボディは「××××」ている…… こいつぁ凄いぜ

超合金魂 マジンガーZ GX-70 マジンガーZ D.C.(ダイナミッククラシックス)  約170mm ABS&ダイキャスト&PVC製 塗装済み可動フィギュア
超合金魂 マジンガーZ GX-70 マジンガーZ
 
 2018年にマジンガーZの劇場アニメが公開される予定ですが……、主役のマジンガーZのデザインがかなり微妙だった……、というお話です。

マジンガーZ:新作劇場版が18年1月13日に公開 新ビジュアルも公開 - MANTANWEB(まんたんウェブ
https://mantan-web.jp/article/20170710dog00m200023000c.html
1970年代を中心に人気を集めたロボットアニメ「マジンガーZ」の新作劇場版アニメ「劇場版マジンガーZ(仮題)」が、2018年1月13日に公開されることが11日、分かった。

森久保祥太郎さんが主人公・兜甲児、茅野愛衣さんがヒロイン・弓さやかをそれぞれ演じる。


 7月24日発売のホビー雑誌「フィギュア王 No.234」で、この2018年マジンガーの関連記事が掲載されていまして、ここでバンダイのロボットおもちゃのブランド「メタルビルド」でマジンガーZが発売されることが告知されていました。

METAL BUILDの商品一覧 | 魂ウェブ
http://tamashii.jp/item_brand/metal_build/
さまざまなクリエイターの手を介し、『超合金の良さ』と『作品に応じたデザインアレンジ』が融合した究極の完成品トイブランドです。リアルロボットをモチーフにするため表面的な合金使用は抑えられつつ、敢えて金属のまま露出させるようなデザインアレンジ、可動性のための造形アレンジ、重さを感じる設計など随所に超合金シリーズのノウハウが活きています。

 さて、そのマジンガーZの姿ですが……、体中がめちゃくちゃに「ひび割れている」んですよ……、絶句物です。うなされそうなくらい。おなかの白い部分とか、手首からひじにかけて、膝から足首にかけて、あたりが、もう滅茶苦茶に線が入っています……、悪夢だ……

 まあ、こう線を入れて、そのひび割れたパーツ毎に可動することで、柔軟な動きが表現できるという事らしいのですが……、マジンガーZにそういうリアリティ要ります? デザインした柳瀬敬之氏のインタビューやアニメ用の設定資料も掲載されていて、一応映画では遠目にはこの線は目立たないようにするらしいのですが、逆に言えばアップだとひび割れマジンガーなわけですよね? 

 ホントこれどうなんでしょうか…… 気になる人はフィギュア王を見てください…… そして絶句してください……
 
 
フィギュア王 No.234
フィギュア王 No.234 (ワールドムック 1152)