【人形劇】「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2」あらすじ・感想まとめ

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 オリジナルサウンドトラック

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2 http://www.thunderboltfantasy.com/season2/
放送 BS11

【以下ネタバレ】

目次

1. 概要
2. キャスト・スタッフ
3. 各話のあらすじ・感想


1. 概要

災いを招く危険な秘宝「魔剣目録」を携えて、流浪の旅を続ける剣士、殤不患。
生国、西幽を離れて東離の地に落ち延びたことで一時の安息を得た彼だったが、その消息が仇敵「禍世螟蝗」に知られたことで、再び身辺に危険が迫る。
遙かな西幽より続々と送り込まれる異能、異形の刺客たち。
そんな殤不患の窮地に、紅蓮の装束に身を包んだ謎の吟遊詩人が現れる────

台湾で「知らない人間はいない」と言われるほど、子供から大人まで楽しまれてきた人形演劇『布袋劇(ほていげき)』。

その映像にほれ込んだニトロプラス虚淵玄”が原案・脚本・総監修を担当、台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社“霹靂國際多媒體股份有限公司(略称:霹靂社)”との奇跡のコラボレーションによる、完全新作の日台合同映像企画。

TVシリーズ一期『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の放送から2年、2018年10月1日(月)に放送開始となるTVシリーズ二期は、2017年12月2日(土)に劇場上映された『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』で登場した新キャラクター達の他にも登場人物が加わり、ニトロプラス虚淵玄” 完全書き下ろしのストーリーが展開。安息を得たかに見えた東離で、魔劍をめぐる新たな戦いが幕をあける。

キャラクターデザインはTVシリーズ一期に続き、ニトロプラスが率いるデザイナー陣(新たに“なまにくATK”が参加)が担当。同じく人形の造形アドバイザーとして、フィギュアメーカーの“グッドスマイルカンパニー”が参加。

劇伴も引き続き、ドラマ・アニメ・映画の劇伴を中心に手がけ、アーティストへの楽曲提供も数多く行っている“澤野弘之”が制作。

主題歌は本作TVシリーズ二期『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』で浪巫謠役としてキャラクターボイスも担当する”西川貴教”が歌唱。

OP「His/Story」とED「Roll The Dice」の両曲が”西川貴教”による新曲である。

日本や台湾のみならず、アジア圏で評判を得た本シリーズは、コミカライズなどメディアミックスも多数展開している。

 
 2016年7~9月に放送された「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」の続編。
 
 

※前作「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」あらすじ・感想まとめ

perry-r.hatenablog.com
 

2. キャスト・スタッフ

スタッフについて
原作 Thunderbolt Fantasy Project
原案・脚本・総監修 虚淵玄ニトロプラス
操演・撮影 霹靂國際多媒體股份有限公司
キャラクターデザイン ニトロプラス(三杜 シノヴ/源 覚/なまにくATK
武器デザイン 霹靂國際多媒體股份有限公司
造形アドバイザー グッドスマイルカンパニー
音楽 澤野弘之 和田貴史
音響監督 岩浪美和
制作 Thunderbolt Fantasy Project



キャストについて
凜雪鴉(リンセツア) 鳥海浩輔
殤不患(ショウフカン) 諏訪部順一
浪巫謠(ロウフヨウ) 西川貴教
聆牙(リョウガ) 小西克幸
蠍瓔珞(カツエイラク高垣彩陽
嘯狂狷(ショウキョウケン)新垣樽助
妖姫・七殺天凌(ヨウキ・ナナサツテンリョウ)悠木碧
諦空(テイクウ) 石田彰
禍世螟蝗(カセイメイコウ) 速水奨
伯陽侯(ハクヨウコウ) 拝真之介
碧樞(ヘキスウ) バトリ勝悟
祐清(ユウセイ) 笠間淳


主題歌について
オープニングテーマ:西川貴教「His/Story」(読み:ヒストリー)
作詞:藤林聖子 作曲・編曲:澤野弘之

エンディングテーマ:西川貴教「Roll The Dice」
作詞:藤林聖子 作曲・編曲:澤野弘之

 
 

3. 各話のあらすじ・感想

No.サブタイトル放送日
01 仙鎮城2018/10/01
02 奪われた魔剣2018/10/08
03 蝕心毒姫2018/10/15
04 親近敵人2018/10/22
05 業火の谷2018/10/29
06 毒手の誇り2018/11/05
07 妖姫の囁き2018/11/12
 
 
RAIMEI(期間生産限定盤)(DVD付)