感想:アニメ(OVA)「装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端」(1994):第1話〜第4話

装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端Ⅱ「アレギウム」〔Laser Disc〕

 アニメ(OVA)「装甲騎兵ボトムズ 赫奕(かくやく)たる異端」(全5話)の感想です。

ボトムズWeb http://www.votoms.net/
放送 アニマックス。

www.votoms.net
【※以下ネタバレ】
 
 CS放送・アニマックスでの視聴です。
 

http://www.votoms.net/about/06.php
1994年3月21日(第1巻)~ 1994年11月21日(最終巻)発売
TVシリーズから32年後、“触れ得ざる者”とされていたキリコが目覚めてしまった


アストラギウス暦7247年、キリコとフィアナがコールドスリープについてから32年が経過していた。ギルガメスとバララントの第四次銀河大戦も開戦から32年を迎え、いつ果てるとも知れない闘いを続けている。
惑星マナウラの衛星軌道上に、コンプラントと呼ばれる宇宙工場群が定位している。そこにキリコとフィアナのコールドカプセルが回収されたのは偶然か、何者かの意志か。汎銀河結社マーティアルは“触れ得ざる者”と議定したキリコの復活に、類人兵器ネクスタントであるテイタニアを送り込む。 ついにキリコの復活を描いたOVAシリーズ全5話。

 

第1話 回帰

■あらすじ

 TVシリーズの結末から32年後。ギルガメスとバララントの戦争が相変わらず続く中、キリコとフィアナのコールドスリープのカプセルが発見された。フィアナは眠ったまま何処かへ連れ去られ、目覚めたキリコは謎の女戦士「テイタニア」に襲撃される。

第2話 アレギウム

■あらすじ

 キリコの目前でフィアナを乗せた宇宙船は消え去った。キリコとテイタニアの戦いで宇宙ステーションが墜落しはじめるが、キリコはテイタニアをカプセルに乗せて脱出させ、自分は炎の中に消えた。テイタニアの父モンテウェルズは巨大宗教組織「マーティアル」の有力者であり、テイタニアは「補助脳」を併用する事で超人的な力を得た兵士「ネクスタント」だった。モンテウェルズはキリコを殺した事をアピールし、次期法王となろうとしていた。

第3話 巡礼

■あらすじ

 キリコは奇跡的に命を取り留めており、軍医ゴディバの協力でフィアナの行方を追った。キリコたちはフィアナのカプセルがマーティアルの聖地惑星「ジアゴノ」に向かった事を知り、巡礼者にまぎれてジアゴノへ旅立った。一方、テイタニアは生涯をキリコ研究に捧げてきたという男ロッチナと出会い、キリコの事を聞き出すうち、フィアナに嫉妬の様な物を覚える。

第4話 臨界

■あらすじ

 キリコはATで聖地アレギウムに殴り込みをかける一方、ゴディバはフィアナを再凍結するため内部に潜入する。しかし既にフィアナはテイタニアによって目覚めさせられていた。モンテウェルズはキリコを迎え撃てるのはテイタニアだけで、彼女に命令する権限を得るため法王にしろとアピールし、ついにその地位を手に入れた。テイタニアは、キリコの蘇生も、自分がネクスタントとなった事故も、全ては父親が権力を手に入れるために仕組んだ事だと知った。それでもテイタニアはキリコ迎撃のためATで出撃していった。


■感想

 ボトムズって、1983〜84年のテレビシリーズ以降、めったやたらとOVAが作られたみたいですが、「メロウリンク」以外見た事が無いので、この作品も初見でした。しかし、まさか「テレビシリーズの続編」だったとは・・・、仰天しましたよ。まさか、あの後を作っていたなんて。

 ということで、初代ガンダムのあとのZガンダム並に期待していなかったのですが、これが意外にもやたらと面白かった。30分が飛ぶように過ぎ去りました。今まで見る機会がなかったのがちょっともったいなかったかな。

 最終話もほとんど見たのですが、録画の都合でラスト数分を見逃しているので、今度の日曜のリピート放送まで感想はお預けです。


★蛇足1

 キリコはジアゴノでATをどこから持ってきたんだ?


★蛇足2

 タイトル、最初は読めませんでした。「かくやく」なんて言葉聞いたことも無いし。
 
 

第五話あらすじ+感想

perry-r.hatenablog.com

 
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端Ⅲ「巡礼」〔Laser Disc〕
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 Ⅳ「臨界」〔Laser Disc〕
装甲騎兵ボトムズ「赫奕たる異端