感想:小説「衛星シュ=ドントの基地」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 388巻)


 小説「衛星シュ=ドントの基地」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 388巻)の感想です。

-------------------------------------------------

■データ(公式)
http://www.amazon.co.jp/dp/4150117837/
衛星シュ=ドントの基地 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-388 宇宙英雄ローダン・シリーズ 388) (ハヤカワ文庫SF) [文庫]
ペーター・テリド (著), クルト・マール (著), 工藤 稜 (イラスト), 渡辺広佐 (翻訳)
文庫: 272ページ
出版社: 早川書房 (2011/11/10)
ISBN-10: 4150117837
ISBN-13: 978-4150117832
発売日: 2011/11/10

-------------------------------------------------
宇宙英雄ローダン・シリーズ[388]巻

 日本で発売されている小説では最長を誇るSF「宇宙英雄ローダン・シリーズ」の一冊です。

発売  = 2010/11/10
サイクル= 第12サイクル「アフィリー」

-------------------------------------------------
◆775話 衛星シュ=ドントの基地(ペーター・テリド)(訳者:渡辺広佐)

 惑星クマントに足止めされている《ソル》から突然ガルト・クォールファートが失踪し?!

−>

 ガルトとポスビとウィリーが未知の衛星でドタバタする話。新しい作家の登場という事で期待していたのですが、これはさっぱりだ・・・、まあ、新顔なので意図的に重要でない話を受け持たされたのかもしれませんけど・・・

-------------------------------------------------
◇776話 黒い宇宙船(クルト・マール)(訳者:渡辺広佐)

 ノルウェーについに未知種族の宇宙船が着陸した。テラ・パトロールは宇宙船を監視するが!?

−>

 アフィリーの話が終っても、相変わらず地球が舞台の話はさっぱり面白くありません。マール先生の作品とは思えないつまらなさ。

-------------------------------------------------
★表紙絵

 メインは異人の基地で椅子に縛りつけられたガルト・クォールファートと、ウイリー&ポスビ。背景には謎の美女。

-------------------------------------------------
★予告

 次巻389巻タイトルは「黒い異人の謎」(2010年11月25日発売予定)。

-------------------------------------------------
★おまけ

 あらすじネタバレ版はこちらへ。

ペリー・ローダンへの道
http://homepage2.nifty.com/archduke/PRSindex.htm

-------------------------------------------------

-------------------------------------------------