感想:NHK料理番組「グレーテルのかまど」『テルマエ・ロマエのフルーツ牛乳』(2013年5月24日(金)放送)


 NHK料理番組「グレーテルのかまど」の感想です。

NHKグレーテルのかまど
http://www.nhk.or.jp/kamado/

 NHK Eテレでの視聴です(放送:毎週金曜 21:30〜21:55)。


■今回のお題

テルマエ・ロマエフルーツ牛乳

>漫画「テルマエ・ロマエ」は、古代ローマの浴場技師が日本の銭湯にやってきて、銭湯文化、そして"フルーツ牛乳”の味に感動することから物語が始まる。
>作者のヤマザキマリさん自身の長い海外生活と、古き良き日本の銭湯への愛着からこの作品は生まれたという。
>幼いころに通った銭湯で、風呂上がりに飲んだ瓶入りの"フルーツ牛乳”の味わいが忘れられないと語るヤマザキさん。ご本人のインタビューを交え、懐かしの"フルーツ牛乳”を再現!
>日本の銭湯文化の魅力と作品に込められた思いに迫る。


■感想

 フルーツ牛乳って家庭で作れるものだったんですね。まあ果物をミキサーで細かくして牛乳を混ぜれば出来るんだから、まあ家庭云々で驚くことではないかもしれませんけど。「作ってから数時間経ったら苦味が出るから、早めに飲んで」とか書いてありましたし。

 ところでNHKヤマザキマリさんにギャラ払ったのですかね? 以前に映画「テルマエ・ロマエ」の宣伝にかり出されたときはノーギャラだったと愚痴っていたらしいですよ?