【映画】感想:映画「砂漠の鬼将軍」(1951年:アメリカ)

砂漠の鬼将軍 [DVD]

NHK BSシネマ http://www.nhk.or.jp/bscinema/
放送 NHK BSプレミアム。2020年12月1日(火)

【※以下ネタバレ】
 

第2次大戦下の北アフリカ戦線で“砂漠の狐(きつね)”と呼ばれたドイツの勇将ロンメル将軍をジェームズ・メイスンが熱演する、名匠ヘンリー・ハサウェイ監督の戦争映画。


第2次大戦で“砂漠の狐(きつね)”と呼ばれ、連合軍から恐れられたドイツの勇将ロンメル将軍の悲劇を描いた戦争ドラマ。北アフリカでの戦況が悪化するなか、ロンメル将軍は、最前線の悲惨な状況を顧みようともしない上層部に憤りを感じていた。やがてロンメルヒトラーの暗殺計画に加担するが…。イギリスの名優ジェームズ・メイスンがロンメル将軍を熱演。監督は、数々の西部劇などで知られる名匠ヘンリー・ハサウェイ

 

あらすじ

 1941年11月。イギリス軍はドイツのアフリカ軍の司令官ロンメルに苦しめられ、特殊部隊を送り込んで暗殺を試みるが失敗した。英軍将校デズモンド・ヤング中佐は、アフリカ戦線でドイツ軍の捕虜になるものの、ロンメルの言葉で死から救われ、彼の人柄に感心する。しかしロンメルは1944年に亡くなった。ヤングは、戦後、ロンメルの死の真相についてしらべていく。


 1942年10月。アフリカのドイツ軍はエル・アラメインの戦いて敗れ、圧倒的な不利な状況に陥っていた。しかしヒトラーやその側近は「勝利か死か」と命じて死守を要求する。ロンメルは命令を無視して撤退を命じるが、結局圧倒的な連合軍に包囲され降伏した。

 ロンメルは病のためその一か月前にドイツに戻っていたが、病院に家族と共に旧友のカール・シュトローリンが見舞いに来る。シュトローリンはこのままヒトラーがドイツを率いていればドイツは破滅するといい、またロンメルヒトラーの側近たちに嫌われていることを指摘する。

 1943年11月。ロンメル西部戦線を視察し、一か月後、西部戦線の総司令官ルントシュテットに改善を求めるが、ルントシュテットヒトラーとその側近たちが全てを仕切っているので、自分は何もできないと諭す。さらにヒトラーに進言しようとするロンメルに対し、止めるように忠告する。

 1944年2月。自宅にいるロンメルをシュトローリンが訪ね、ドイツの破滅を避けるため、自分たちがヒトラーとその側近の排除を目指している事を明かす。ロンメルは政治に巻き込まれたくないというが、シュトローリンはそんなロンメルの態度を批判する。

 1944年6月。連合軍の大軍がノルマンディーに上陸するが、現実を直視しないヒトラーたちのせいでロンメルたちは思う様に軍を動かせず、連合軍のなすがままとなった。思い余ったロンメルは、ルントシュテットヒトラーを捕えてアメリカと講和するというアイデアを打ち明けるが、ルントシュテットは反乱に加わるには年を取り過ぎたというだけだった。

 ロンメルヒトラーと面会し、現状を理解するように訴えるが、ヒトラーは秘密兵器で戦争に勝利するという夢のような考えを語り、ロンメルを弱腰と非難する。決意を固めたロンメルだったが、7月に連合軍の飛行機の攻撃で負傷して入院する。

 7月20日ロンメルの不在の間に爆弾でヒトラーを暗殺するという計画が実行されるが、ヒトラーは生き延び、容疑者5000人が処刑された。3か月後、10月14日、自宅療養中のロンメルの元に使者が現れ、彼に反逆罪の容疑がかかっていることを告げ、毒による自殺を要求した。ロンメルは裁判を受けたいと望むが、その場合は妻と子供の安全は保障できないと言われ、仕方なく妻と子供に別れを付けて自宅から去っていった。


感想

 評価は○。

 タイトルを見れば、どう考えてもドイツ軍の鬼将軍ロンメルアメリカ軍が砂漠でドンパチ戦う派手な映画と思ってしまうわけですが、ふたを開けたらビックリ。戦争映画ではなく、ロンメルヒトラー暗殺に関わって自決を強要されるまでの伝記映画(?)でした ∑(゚Д゚;)

 内容を全く知らずに見たので、エル・アラメインの戦いで負けているところから始まり、すぐさま「ドイツ軍は降伏した」とか言い出すので、「えっ……、私は何を見せられているのだろう……?」と混乱しましたよ。「砂漠の鬼将軍」なのに砂漠の話を早々と切り上げるとかサギじゃん!?

 しかしまあ、悲劇の将軍の物語としては、それなりには面白かったので、評価としてはまずまずです。
 
 

砂漠の鬼将軍
[BSプレミアム]2020年12月1日(火) 午後1:00~午後2:30(90分)


【製作・脚本】
ナナリー・ジョンソン
【監督】
ヘンリー・ハサウェイ
【原作】
デズモンド・ヤング
【撮影】
ノーバート・ブロダイン
【音楽】
ダニエル・アンフィシアトロフ
【出演】
ジェームズ・メイスン、セドリック・ハードウィックジェシカ・タンディ ほか


製作国:
アメリ
製作年:
1951
原題:
THE DESERT FOX:THE STORY OF ROMMEL
備考:
英語/字幕スーパー/白黒/スタンダード・サイズ

 
 

2020年視聴映画のあらすじ・感想の一覧は以下のページでどうぞ

2020年視聴映画あらすじ・感想一覧

perry-r.hatenablog.com
 
 
砂漠の鬼将軍 [DVD]
砂漠の鬼将軍 日本語吹替版 ジェームズ・メイソン セドリック・ハードウィック DDC-057N [DVD]
砂漠の鬼将軍
砂漠の鬼将軍 [DVD]
世界名作映画全集91 砂漠の鬼将軍 [DVD]
砂漠の鬼将軍 [VHS]