【ドラマ】感想:NHKドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」(2024年5月10日(金)放送)

岸辺露伴は動かない 第1期

岸辺露伴は動かない NHK https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/
放送 NHK総合

www.nhk.jp
【※以下ネタバレ】
 

岸辺露伴は動かない
原作:荒木飛呂彦×主演:高橋一生のミステリー・ドラマ!

 

第9話「密漁海岸」(2024年5月10日(金)放送)

 

あらすじ

岸辺露伴は動かない(9) 密漁海岸
[総合] 2024年05月10日 午後10:00 ~ 午後11:00 (1時間0分)


ヘブンズ・ドアー!今、心の扉は開かれる」荒木飛呂彦・原作×高橋一生・主演の人気ドラマ「岸辺露伴は動かない」最新作!今回、露伴が対峙するのは伝説の幻のアワビ!


露伴邸の近くにひっそりとオープンしたイタリアンレストラン。その店を訪れた露伴と京香が出会ったのは、供する料理で客の体の悪いところを改善させる不思議な力を持ったシェフのトニオ(Alfredo Chiarenza)だった。トニオは露伴に、どんな病気でも治してしまうという伝説のヒョウガラクロアワビを手に入れようと密漁を持ちかける。実はトニオには、重い病気を抱えたフィアンセ森嶋初音(蓮佛美沙子)がいたのだ


【出演】高橋一生,飯豊まりえ,蓮佛美沙子中村まこと,増田朋弥,でんでん,Alfredo Chiarenza,【原作】荒木飛呂彦,【脚本】小林靖子,渡辺一貴,【音楽】菊地成孔

 
 露伴は漫画の取材のため海岸の生き物を観察していたところ、アワビの密猟をたくらむ二人組と偶然出会い、漫画のネタにするために何時ものように無造作にヘブンズ・ドアーの能力で二人を本にして中身を読む。


 別の日。露伴は編集者の泉京香がたまたま見つけたというイタリアンレストランに、打ち合わせという口実で強引に連れていかれる。その店は露伴邸の近くにあったが、遠目には個人の邸宅にしか見えず、イタリア人シェフのトニオによれば二人が最初の客とのことだった。

 トニオは、この店にはメニューは無く、彼が客を見て最適の料理を出すのだという。露伴と京香は、トニオが二人の手を見ただけで、睡眠不足や肩こり・胃もたれなど体調をズバリ見抜いてしまった事に驚く。そしてトニオの出す料理を食べると、最初は体に不気味な異変が起きるものの、それが収まると体の不調が完璧に解消されているのだった。

 実はトニオは驚くべき才能の持ち主で、猛毒として知られるものをあえて食材として利用し、絶妙な組み合わせにすることで、美味かつ肉体を健康にする奇跡の料理を作ることができるのだった。

 露伴はトニオの様な才能の持ち主が、母国のイタリアではなく、日本の辺鄙な場所で店を開いたことに疑問を呈する。実はトニオには日本人のフィアンセ森嶋初音がいたが、彼女は進行した脳腫瘍を患っていた。そしてトニオは彼女の治療のため、この近くの海でとれるという伝説のアワビ「ヒョウガラクロアワビ」を探しているのだという。

 実は露伴も密漁者の一件でそのアワビに興味を持ち、アワビの密漁の仕方を書いた古文書を手に入れていた。その本によれば、アワビは満月の晩にだけ酔ったように泳ぎ出すので、その時に取り放題だという。それを知ったトニオは歓喜し、露伴にアワビ取りの協力を願い出る。露伴は最初はアワビを無断でとるのは密漁になると渋るが、結局トニオに協力することにした。


 満月の晩。二人は海に行き、古文書の言い伝え通り海にアワビがあふれかえっているのを見て早速とりにかかる。ところが二人はアワビが体に張り付き身動きが取れなくなって溺れかかる。露伴は、古文書にわざわざアワビの密漁の仕方が詳細に記載されていたのは、それを読んでやってくる密漁者を殺すための罠だったと悟る。


 後日。露伴と京香はトニオの店でタコ料理に舌鼓を打っていた。また初音もすっかり回復しトニオと共に働いていた。あの満月の夜、溺れかけた露伴はアワビの天敵のタコをヘブンズ・ドアーで操り、自分に張り付いていたアワビを攻撃させたのだった。またヒョウガラクロアワビを食べたタコの身も同じくらいの治癒効果を持っていたのだった。

感想

 評価は○(面白かった)

 映画は2023年に公開されましたが、テレビドラマとしては一年半ぶりの新作。ちなみに小林靖子先生は大物になりすぎてテレビドラマの脚本ごときは書いてくれなくなったのか(邪推)、本作は「脚本協力」にとどまっています。ほーん?


 さて、今回のエピソードですが、タイトルに反して四分の三はトニオのレストラン内の話でした……、しかもこの内容、「ジョジョの奇妙な冒険 第四部」で主人公が体験するエピソードじゃないですか?! まあこれはこれで面白かったので文句はないです。

 そして、終盤四分の一がようやくアワビの密漁の話ですが……、うん? 原作ってこういう話だっけ? なんか露伴先生が巨大アワビにつかまって死にそうになるとかそういう話じゃなかった?(もううろ覚えで自信ない) でもなんだろうが面白かったからいいや。


 という事でアタリ回でした。満足満足。
 
 

ヘブンズ・ドアー 今、心の扉は開かれる―――」
相手を本にして生い立ちや秘密を読み、指示を書き込むこともできる特殊な力“ヘブンズ・ドアー”を持つ漫画家の岸辺露伴が、編集者の泉京香とともに奇怪な事件や不可思議な現象に立ち向かうドラマ『岸辺露伴は動かない』。


ジョジョの奇妙な冒険』シリーズで世界的な人気を誇る荒木飛呂彦の原作漫画を、高橋一生の主演で実写化した人気ドラマシリーズの最新作「密漁海岸」の放送が決定しました。


今回、露伴が対峙するのは、伝説の幻のアワビ。
さらに、2023年5月に劇場公開された映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』をテレビ初放送することも決定しました。岸辺露伴が“美の殿堂”ルーヴル美術館を舞台に、「黒い絵」の謎にまつわる事件に挑みます。



【放送日時】
ドラマ 『岸辺露伴は動かない』第9話「密漁海岸」(新作エピソード)
NHK総合]5月10日(金)よる10:00-11:00
[BSP4K]5月5日(日・祝)午後1:00-2:00 *先行放送



■第9話「密漁海岸」
<あらすじ>
露伴邸の近くにひっそりとオープンしたイタリアンレストラン。
その店を訪れた露伴と京香が出会ったのは、供する料理で客の体の悪いところを改善させる不思議な力を持ったシェフのトニオ・トラサルディ(Alfredo Chiarenza)だった。
トニオは露伴に、どんな病気でも治してしまうという伝説のヒョウガラクロアワビを手に入れようと密漁を持ちかける。実はトニオには、重い病気を抱えたフィアンセ・森嶋初音(蓮佛美沙子)がいたのだ。



<キャスト&スタッフ>
岸辺露伴 高橋一生
泉京香 飯豊まりえ
森嶋初音 蓮佛美沙子
トニオ・トラサルディ Alfredo Chiarenza ほか



原作 荒木飛呂彦
脚本 渡辺一貴
脚本協力 小林靖子
音楽 菊地成孔/新音楽制作工房
人物デザイン監修 柘植伊佐夫
演出 渡辺一貴
制作・著作 NHK NHKエンタープライズ ピクス

 

2024年視聴映画のあらすじ・感想の一覧は以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com