【ゲームブック】感想:ゲームブック「七匹の大蛇(ソーサリー第3巻)」(スティーブ・ジャクソン/2024年)【クリア】

Sorcerer 03 Seven Serpents (Puffin Adventure Gamebooks)
Sorcerer 03 Seven Serpents (Puffin Adventure Gamebooks)

http://www.amazon.co.jp/dp/4815619638
ファイティング・ファンタジー・コレクション 40周年記念~スティーブ・ジャクソン編~「サラモニスの秘密」 単行本(ソフトカバー) 2024/2/16
安田均グループSNE (著)
出版社:SBクリエイティブ (2024/2/16)
発売日:2024/2/16
単行本(ソフトカバー):2056ページ

★★【以下ネタバレ】★★
 
 

七匹の大蛇
王の冠を奪還する極秘任務が敵に察知された。その情報を手に敵の本拠地へと向かう「七匹の大蛇」。広大なバクランドで緊迫した戦いを描く第3巻。

 
 2024年2月に発売されたゲームブック5冊詰め合わせセット「ファイティング・ファンタジー・コレクション 40周年記念~スティーブ・ジャクソン編~「サラモニスの秘密」」

ファイティング・ファンタジー・コレクション 40周年記念~スティーブ・ジャクソン編~「サラモニスの秘密」 | SBクリエイティブ
https://www.sbcr.jp/product/4815619633/

www.sbcr.jp
 
 の中の一冊「七匹の大蛇」(スティーブ・ジャクソン/本国イギリスでは1984年発売)をクリアしたので感想をば。
 

前巻までのあらすじ・感想

第1巻「シャムタンティ丘陵」

perry-r.hatenablog.com

第2巻「罠の都カーレ」

perry-r.hatenablog.com

 

概要

 「ファイティング・ファンタジー(FF)・シリーズ」内の「ソーサリー」四部作の第3巻。剣と魔法系ファンタジー物。


あらすじ

 「王の冠」奪還のため広大なバクランドを旅するきみに、祖国アナランドからの緊急の知らせが届いた。大魔王の密偵「七匹の大蛇」が、極秘にされていたきみの任務を突き止め、大魔王に知らせるために今まさにバクランドを通過しているというのだ。蛇が一匹でも砦に到着してしまえば、大魔王は万全の準備をしてきみを待ち受けることになるだろう。きみは七匹の大蛇すべてを倒すことができるか!?


ゲームシステムなど

 パラグラフ数は498。システムは、ファイティング・ファンタジー・シリーズ共通の「サイコロを振ってキャラクターの3つの能力(技術点・体力点・運点)を決定」、「必要に応じてサイコロで判定を行い、戦闘や運試しなどを行う」というもの。

 また魔法を使用するルールがあり、魔法関連のルールを使用せず戦士として戦う「初級ゲーム」と、魔法を使う魔法使いとなる「上級ゲーム」の二通りのプレイ方法が用意されている。

 前巻からの経験・装備・所持金などを引き継いでプレイすることも、本巻単独でプレイする事も可能。


感想

 評価は○(物凄く手間がかかったけれど面白かった)

 ゲームブックの歴史上に燦然と輝く「ソーサリー四部作」の第三巻。シリーズ三作目にふさわしく、内容が充実していると同時に極めて手ごわい一冊でした。


 本作は、前作「罠の都カーレ」から一転、一作目の「シャムタンティ丘陵」同様の野外アドベンチャー物に回帰していましたが「シャムタンティ」とは違ってイベントが充実しており、やりごたえは十分でした。

 しかし、謎解きや戦闘バランスなどの難易度はそれほどでもなかったものの、「フローチャート作り」には本当に本当に苦労させられました。謎が難しくないのにクリアまでにこんなに時間がかかったゲームブックということで、本作は本当に心に残る一作となりました。


 本作では、序盤から移動可能なルートが拡散し、それが収束しないままイベントが複雑に網の目のように絡み合った状態で進んでしまうため、何も考えずにプレイしていると完全な混乱状態に陥ります。私は最初は普通にフローチャートを書いて進めていたのですが、あまりに複雑なチャートになってしまい、自分で書いた内容が把握しきれなくなって中盤で一旦ギブアップしてしまいました(汗)

 そして、気を取り直して、作中の記述を元に旅の地図を描き、それを元にストーリーを整理し直そうとしたのですが、この方法も、旅の進行方向が「北東」「北西」「北北西」などの微妙な方向のためか、作っているうちにだんだんと地図上のつじつまが合わなくなり、結局途中で行き詰る羽目に陥りました(涙)

 結局、三度目の正直で、もう進行方向の記述は気にせず、各イベント毎に「どのイベントから入ってきて、どのイベントへと向かうのか」という点に絞って整理し直し、それを元にデータの流れ図的な物を作って、ようやく作品の構成の全容をつかむところまで行くことができました。ストーリーの流れを追うだけでこんなに大変だった作品は今までプレイしたことがありません。本当に手ごわかった。

 しかもさらに各イベントの中身も(簡単なものは本当にシンプルなのですが)複雑な物は本当に込み入っており「ブラックエルフの隊商」と「神殿」については頭をかきむしりたくなるくらい苦労してチャートを作ることになりました。フローチャートの線が多くなりすぎて、何回書き直したか考えたくもありません……

 いやはや、こんな複雑なフローを管理して一冊の本にまとめ上げるとは、さすがスティーブ・ジャクソン御大です。心底感心しましたね。


 と、このように、ただ話を進めるだけでも苦労が多かったのですが、それでも投げ出さなかったのはイベント内容が面白かったからに他なりません。イベントは実にバリエーションが豊かで、単純なモンスターとの遭遇系の物は少なく、ケンタウロス、ブラックエルフの隊商、謎のつむじ風、生意気なノーム、怪しげな廃墟、妖術師フェネストラ、など、手を変え品を変えてバクランドの平野や湖・沼などの冒険を楽しませてくれました。

 特に印象深いのがブラックエルフの隊商との遭遇イベントで、普通にプレイするとアイテムを手に入れて寝床を借りてと、無難に通り過ぎるのですが、ちょっとでも対応を間違えるとたちまち敵意むき出しのブラックエルフたちの餌食になり、はりつけにされて荒野の真ん中に放り出されるなどの悲惨な運命が待っています。

 ところが、糸のように細いルートを巧みに通ることができれば、食事をとり、得意の(?)ジョークでブラックエルフたちの警戒心を解き、アイテムを半額で手に入れおまけにタダで一つ貰える、というボーナス展開に持って行くことができます。こんなに「選択次第で天国にも地獄にもなる」というイベントはなかなか体験したことが無く、ジャクソンのセンスを感じさせられました。


 さて、本作のタイトルとなっている「七匹の大蛇」ですが、最初に祖国アナランドからの手紙で存在を知った時には「七匹の大蛇という密偵組織の名前」で「構成員は蛇という暗号名を持っている人間」なのだと誤解していました。何せ手紙の中で「食事も休息も取る」と書かれていましたから。あとで隠者シャドラックから、文字通りの魔物だと教えられて「闇の技術で作られた魔物なのに、食事も休息も必要なのか…… 結構弱そう」と思ったものでした。

 実際、七匹の大蛇たちは意外に簡単に倒せる相手で、あまり印象に残る連中ではありませんでした。油をかけられて簡単に消滅する「水の蛇」とか、本体が見つかってしまい慌てて交渉に持ち込もうとするものの速攻で倒される「風の蛇」とか、大魔王直属の配下のわりに実にあっさり負けてしまう連中ばかりでしたからね。まあこの連中が「魔王直属の七大幹部」とかいうレベルで強かったら旅が困難すぎて砦に行くまでに力尽きそうなので、この程度の相手でよかったのかもしれません。


 さすがに最後に待ち受けていた「時の蛇」は、時間を操る力があり「攻撃される際に姿が見えず、防御不可能のまま嬲り殺される」という展開なのは、自分が死ぬ展開にも拘わらずちょっと興奮しました。

 この最強の敵・時の蛇を倒すためには、ヒントとなるイラストを見て、隠しパラグラフの番号を見つける必要があるのですが、これだけはちょっと悩まされました。すぐに「L」「I」「X」がキーワードで、これらがローマ数字という事は解りましたが、そこからが七転八倒

 「Lは50」「Iは1」「Xは10」くらいは知っていたのですが、「50110……? パラグラフ数にしては桁数が大きすぎる」、「50+1+10=61? これは違う……」、と行き詰ってしまい、結局ゲームブック読者が困ったときの最後の手段、「最初から総当たりでパラグラフを調べる」に頼ることになりました。で、答えを見て「そうか、「L」と「IX」と読むのか」と後から気が付いた次第です……、ローマ人じゃないからすっかり間違えてました……


 ということで、本作は完全クリアまでにおそらく約30時間ほどつぎ込むほど手こずってしまい、自分のゲームブック体験の中でもっとも手間のかかった一作でしたが、その間に一度も投げ出すような気にならなかったは本作の魅力ゆえですね。最終巻となる次巻はいよいよ大魔王の砦へと乗り込むことになりますが、本作の出来からすると、四作目の内容が楽しみで仕方ありません。
 
 
 

他のファイティング・ファンタジー作品の感想の一覧は以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com