読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「クラシカロイド」第9話「闇、その向こう」

アニメ

クラシカロイド クリアファイル

アニメ「クラシカロイド」HP http://www.classicaloid.net/
放送 NHK Eテレ。土曜日17:30~18:00。

【※以下ネタバレ】
 

第9話 『♪09 闇、その向こう』 (2016年12月3日(土)放送)

 

あらすじ

 歌苗たちは二週間も部屋にこもりっきりのベトを心配して様子をうかがうが、ベトはギター作りに没頭していた。街で見かけたギターの演奏映像に触発されてギターを弾きたくなり、まず理想のギター作りに取り組んでいるのだという。しかしその割にはギターの弾き方を知らないというので、奏助がレクチャーすることに。

 やがて奏助は街でギターコンテストの張り紙を見つけ、ベトに参加を勧める。優勝者には商品として100万円以上の超高級ギターが贈られることになっており、ベトも大乗り気。しかしその間もベトは自分の心の中に、何か説明しようのない感覚が湧いてくるのを感じていた。

 実はギターコンテストはアルケー社が行っているもので、ベトの参加を知り、会場にはバッハ・チャイコフスキーバダジェフスカもやってきていた。ベトが登場した途端、バッハは会場の電源を落とさせるが、ベトはムジークを発動し「クロイツェル」のギターバージョンをかき鳴らす。そしてベトは自分の心の中のモヤモヤが、かつて耳の病で演奏家としての道をあきらめ、作曲家に専念した時の思いだったと気が付く。

 ベトは優勝しギターを手に入れるが、それをストリートミュージシャンの女の子に挙げてしまう。

感想

 なんかマジな回。バッハの思惑みたいなものがちらりと描かれましたが、今回は今後の伏線的な何かなんですかね?

 ところで、我らが(?)石上静香が、いつぞやの無名アナウンサー役に続き、今回も名もなきストリートミュージシャン役で登場していました。今期アニメで「ブブキ・ブランキ」のメインを張るようなクラスにまでなっているのに、それでもまだこんな雑魚的キャラの仕事も受けるものなのか……、

他のエピソードのあらすじ・感想はこちら

アニメ「クラシカロイド」あらすじ・感想まとめ


クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1