【アニメ】感想:アニメ「装甲騎兵ボトムズ」第7話「襲撃」

装甲騎兵ボトムズ 総音楽集

ボトムズWeb http://www.votoms.net/
ボトムズWeb http://www.votoms.net/1983/index.html

www.votoms.net
【※以下ネタバレ】
 

第7話 襲撃

 

あらすじ

http://www.votoms.net/about/01/07.php
青い燐光を発する液状化したレアメタル“ヂヂリウム”を浴びていた美女は、キリコの運命を変えた素体であった。自らが追われている理由を知るために、ふたたび行動を起こすキリコ。治安警察の署員からヂヂリウムの運び出しの情報を得たキリコは、バニラのアジトへと戻って、準備を始める。しかし、既にココナからの情報によって運び出しのことを知っていたゴウトとバニラもまた、武器の手入れをしていた。そこへ、ボロボロの姿のココナがやってくる。暴走族に捕まり、運び出しの情報を漏らしてしまったというのだ。ゴウトらは襲撃計画を断念しようとするが、キリコは逆にチャンスだと考える。キリコの話を聞いた二人は、協力してヂヂリウムを襲撃する決意をする。

 
 キリコたちは治安警察の追跡を振り切り、バニラのアジトに逃走に成功していた。ゴウトたちはキリコもヂヂリウム目当てに保管庫にやって来たと勘違いしていたが、キリコは誤解を解こうとはしなかった。

 ウドの街に戻ったキリコは、治安警察が翌日ヂヂリウムを街から運び出すという話を耳にする。キリコは警官を脅して、早朝にエアポートから運び出すという情報を聞き出すが、その内容はキリコを付け回していたココナを通じてゴウトとバニラにも伝わっていた。

 ゴウトとバニラは改めてヂヂリウム奪取のため武器の用意を始めるが、そこにぼろぼろの姿でココナが戻ってくる。ココナは暴走族に捕まって他の街に売られそうになり、ヂヂリウム運び出しの情報を教えたという。ゴウトたちはそれを知って襲撃を諦めるが、逆にキリコは暴走族たちの襲撃のどさくさに紛れる事が出来るのでチャンスだと言い、ゴウトとバニラを自分の計画に引き入れる。

 翌朝。エアポートでのヂヂリウム運び出し作業の最中、暴走族たちが襲撃を開始した。それに紛れてキリコたちはヂヂリウムを積んだトレーラーを奪い去る。キリコはヂヂリウムに興味はなかったが、自分の行動が素体に繋がることになると予感していた。

感想

 今回はキリコがやたら饒舌なのでビックリ。保安警察の警官に怪しげな虫をけしかけて脅すときにやたらよく喋るし、ゴウトとバニラをヂヂリウム襲撃に引っ張り込むときも台詞がいっぱいだったし。
 
 
装甲騎兵ボトムズ プラスチックモデルキット 1/20 スコープドッグ
 

https://www.at-x.com/program/detail/1003
装甲騎兵ボトムズ


<ストーリー>
ギルガメスとバララント、対立する星域同士によるアストラギウス銀河を真っ二つに分けた百年戦争の末期、キリコ・キュービィーは謎の作戦に参加する。それは味方が守備する小惑星リドを襲撃するという、不条理な作戦であった。作戦中、謎の女を目撃したキリコは同僚に裏切られ、所属していたメルキア軍から追われる身となってしまう。
百年戦争終戦後、キリコは流れ着いたウドの街で、謎の女と再会する。彼女の正体は、軍の最高機密“素体”であった。だが、完璧なる兵士“パーフェクトソルジャー”となるべく誕生した素体は、ひとりの女性としてキリコを愛するようになっていた。キリコは彼女にフィアナという名を与え、行動をともにする。キリコとフィアナ、一組の男女が戦いの果てに、数々の戦場をめぐる遍歴の末に、たどりつく地はいずこか──!?


<スタッフ>
原作・監督:高橋良輔
キャラクターデザイン:塩山紀生
メカニカルデザイン大河原邦男
音楽:乾 裕樹


<キャスト>
キリコ・キュービィー郷田ほづみ
フィアナ:弥永和子
イプシロン:上恭之介
ブールーズ・ゴウト:富田耕生
バニラ・バートラー:千葉 繁
ココナ:川浪葉子
ル・シャッコ:政宗一成
ロッチナ:銀河万丈
ワイズマン:柴田秀勝


1983-1984年放送作品 全52話

 

装甲騎兵ボトムズ」あらすじ・感想まとめは以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 

アニメ「装甲騎兵ボトムズ」シリーズあらすじ・感想まとめは以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
ボトムズバイブル―装甲騎兵ボトムズ 全記録集〈1〉 (装甲騎兵ボトムズ全記録集 (1))
ボトムズアーカイヴ―装甲騎兵ボトムズ 全記録集〈2〉 (装甲騎兵ボトムズ全記録集 (2))
 
 
 
 

【アニメ】感想:アニメ(新番組)「ゾンビランドサガ リベンジ」第1話「グッドモーニングリターンズ SAGA」:いささか期待外れの立ち上がり

ゾンビランドサガ リベンジ

TVアニメ「ゾンビランドサガ リベンジ」公式サイト https://zombielandsaga.com/
放送 AT-XAT-Xが最速放送)

【※以下ネタバレ】
 

時空を越えて伝説の少女たちがゾンビとして蘇り、
アイドルとして佐賀県を救う
「新感覚ゾンビアイドル系アニメ」


ある日の朝、源さくらは不慮の事故で息絶えてしまう。


10年後――


とある洋館で目覚めたさくらは、謎のアイドルプロデューサー・巽幸太郎に「伝説の少女たちと共にアイドルになって佐賀を救うんだ」と告げられる。
アイドルグループ「フランシュシュ」として、7人の少女たちは存在が風前の灯火と化した佐賀県を救うべく、活動を開始した。


年齢、時代の違いで起こるトラブルを乗り越えて、ゾンビという不死身の身体でアイドルの常識を覆していく。

そして、平成最後の冬に唐津市ふるさと会館アルピノで初の単独ライブを成功させ、
伝説への一歩を踏み出した。


そして、この令和の時代。


希望に満ち溢れ、輝く未来に向かうフランシュシュの新たな物語の幕が上がる。

 

第1話 グッドモーニングリターンズ SAGA (2021年4月8日(木)放送)(最速放送)

 

あらすじ

 アルピノでのライブを成功させたフランシュシュは、今は各人アルバイトに励んでいた……


 アルピノの後、知名度の上がったフランシュシュは、CDを発売し、ライブにも人が集まるようになり、確実に勢いに乗り始めていた。幸太郎はここぞと大会場「駅前不動産スタジアム」(略称EFS)でのライブを敢行するが、キャパ30000人の会場に500人しか集客できないという壮絶な大爆死に終わり、ここで披露する筈だった新曲もお蔵入りになってしまう。

 フランシュシュのメンバーが大借金を返済しようとそれぞれ働く中、幸太郎は完全にやる気を失い毎日飲んだくれていた。さくらたちは、幸太郎が無謀なEFSライブを敢行したのは、何か急ぐ理由があったのではと、幸太郎の部屋を調べてみるが何も分からないままだった。

 フランシュシュは、再起のため、かつて初ライブを行ったデスメタルの会場に出演するが、完全にアウェイの空気でメタラーたちに罵声を浴びせられる。あまりの状況に、さくらたちは新曲発表を躊躇するが、そこにやる気を取り戻した幸太郎か駆け付け、フランシュシュのメンバーを叱咤する。さくらたちは、その声に新曲発表を無事やり遂げる。

 翌日。元通りの姿に戻った幸太郎がメンバーの前に現れた。


感想

 2018年10月クールに放送されてめちゃくちゃ面白かった「ゾンビランドサガ」の2年3ヵ月ぶりの続編。ただし、立ち上がりはどうもイマイチ……


 第一期は一話目にいきなりぶちかましてきたというか、とんでもない展開で大笑いさせてもらったので、今期も一話目からのロケットスタート的な物を期待していたのですが……、

 タイトルに「リベンジ」のは『一度どん底まで下げて、そこから再浮上する』という意味合いだったらしく、何もかも無くしてもゼロ以下の状態からの再スタートという、なんか見ていて面白みのない立ち上がりに……、期待していた分、失望もデカかったです。

 まあ次回以降はかつてのようなノリで、フランシュシュが体当たりで色々やってくれるとは思うのですが、ちょっとテンションが下がったことは否定できない……、早く二話目を放送して希望を取り戻させて欲しい物です。
 
 

ゾンビランドサガ リベンジ


制作会社
MAPPA


スタッフ情報
【原作】広報広聴課ゾンビ係
【監督】境宗久
【シリーズ構成】村越繋
【キャラクターデザイン】深川可純
美術監督】大西達朗
色彩設計】佐々木梓
【3DCGディレクター】黒岩あい
【撮影監督】三舟桃子
【編集】後藤正浩
【音楽】高梨康治、Funta7
【音楽制作】エイベックス・ピクチャーズ
【音響監督】境宗久
【音響制作】dugout


キャスト
巽幸太郎:宮野真守
源さくら:本渡楓
二階堂サキ:田野アサミ
水野愛:種田梨沙
紺野純子:河瀬茉希
ゆうぎり:衣川里佳
星川リリィ:田中美海
山田たえ:三石琴乃
警察官A:吉野裕行
ロメロ:高戸靖広

 
ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best
 
 

【特撮】感想:特撮「ウルトラQ 4Kリマスター版」第2話「五郎とゴロー」

ウルトラQ Vol.1 [DVD]

ウルトラQ 4Kリマスター版 NHK https://www4.nhk.or.jp/P5138/
放送 NHK BSプレミアム

【※以下ネタバレ】
 

第2話 五郎とゴロー

 

あらすじ

ウルトラQ 4Kリマスター版(2)五郎とゴロー
[BS4K] 2021年04月05日 午後11:15 ~ 午後11:41 (26分)


35mmフィルム原版から4Kリマスター。ホルモンバランスを崩した巨大猿。そんな大猿に変わらぬ愛情を注ぐ孤独な青年。巨大猿ゴローの食料のために盗みを働いてしまう。


伊豆淡島に巨大猿ゴローが出現。青葉くるみを食べてホルモンバランスを崩し、巨大化したらしい。そんなゴローに以前と変わらぬ愛情を注ぐ孤独な青年・五郎だったが、巨大化したゴローの食料のためにと盗みを働いてしまい…。もともと35ミリフィルムで制作されていた1964年放送の特撮ドラマを4Kリマスター。だれも見たことがなかった「ウルトラQ」。


【出演】佐原健二,西條康彦,桜井浩子

 
登場 … 巨猿ゴロー

 伊豆淡島に巨大な猿が現れ、大騒ぎとなった。一方、近くの野猿観察研究所の所員たちは、室内が野生の猿に荒らされており、備蓄していた「青葉くるみ」が猿に食べられている事に気が付く。研究所の雑用係の青年・五郎は、巨大な猿を手名付けていた。

 同じころ、万城目たちのもとに毎日新報のデスクが現れ、大猿の取材のため万城目たちにヘリを飛ばすように要請する。デスクたちは地上に降りて大猿の写真を撮影するが、大猿が人間を掴んでいるのを見て、慌てて助けを求めにふもとに向かう。そこで一行は野猿観察研究所の所員たちと出会い、捕まっていたのが五郎という青年で、大猿ゴローの育ての親のようなものだと知らされる。デスクは五郎とゴローの物語を美談として記事にした。

 由利子は南方の島イーリアン島からの取材から帰国したあと、万城目たちと共に再度ゴローの取材に向かうが、五郎が近所の人たちにリンチを受けている現場に出くわし、慌てて止めに入る。五郎は巨大化したゴローの食事を確保するため、近隣から盗みを働いていたのだった。五郎は警察に逮捕され連行されていった。

 由利子は万城目たちにイーリアン島にもゴローのような巨大猿が住んでおり、住民たちに守り神として崇められていることを教える。所員たちは、ゴローが巨大化したのは、青葉くるみを食べ過ぎたからだと推測する。青葉くるみは太平洋戦争中に軍が衰弱した兵士たちに与えるために使用した特殊なクルミで、食べ過ぎると甲状腺に異常をきたす危険があった。

 直後、万城目たちはゴローが街に降りて暴れ始めたことを知らされる。ゴローは警官隊に攻撃を受けるが、デスクはゴローを仲間のいるイーリアス島に連れて行こうと考え、五郎を連れてきてゴローに睡眠薬入りの牛乳を飲ませる。そしてゴローが眠り込んでしまったところで〆。

脚本:金城哲夫 監督:円谷一 特技監督有川貞昌


感想

 評価は○(まあまあ)。

 野生の猿が巨大化するというエピソードですが、猿が暴れまわって人々を恐怖に陥れる、というわけでもなく、普通の怪獣物の展開とはやや異なるテイスト。

 オープニングナレーションで「甲状腺ホルモンのバランスが崩れ、異常な発育を示すことが我々人間の場合にもあります。そうです。ここはすべてのバランスが崩れた、恐るべき世界なのです。これから30分。あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入っていくのです。」(例のウルトラQのテーマ曲)という辺りはゾクゾクさせてくれましたが、それ以降がやや期待した物とは違う展開に……

 巨猿が野放しなのに「青年と猿の良い話」みたいにまとまりかけるし、直後に大猿の食料を盗んだ云々で集団リンチ事件が起きるし、と、一々予想を裏切って来るというか、この辺りあまり子供向けという感じがしません。


 さて、このエピソードは、大猿が暴れる云々より、昭和41年(1966年)頃の差別用語の鮮烈さの方がよほど印象に残る話で

・猿キ〇ガイ
だの
・エ〇キチ
だの
・お〇に言葉が喋れるわけがねぇ、ギャハハ
だの
・ド〇ン(南の島の住人の事)
だの

聞いている方がハラハラするような用語のオンパレード。まあ当時はこれが何の問題も無かったわけですが……

 最後も「ゴローを殺さずに南の島に送ってやろう」という良いオチの筈なのですが、そこまで描かずゴローがばったり倒れたところで〆てしまうので、なんか唐突感が物凄い……
 
 

他の回の内容・感想は以下のリンクからどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
 
Vol.2
ウルトラQ Vol.2 [DVD]
Vol.3
ウルトラQ Vol.3 [DVD]
Vol.4
ウルトラQ Vol.4 [DVD]
Vol.5
ウルトラQ Vol.5 [DVD]
Vol.6
ウルトラQ Vol.6 [DVD]
Vol.7
ウルトラQ Vol.7 [DVD]
 
 

【コミック】エレガンスイブの新連載「乙女散るらん~大正女學生物語~」が全然レディコミじゃない(笑)

エレガンスイブ 2021年 05 月号 [雑誌]

2021年3月26日 18:23 185
エレイブで大正時代のガールミーツガール描く新連載、「凪のお暇」カレンダーも コミックナタリー
https://natalie.mu/comic/news/421888

natalie.mu

D・キッサンによる新連載「乙女散るらん~大正女學生物語~」が、本日3月26日に発売されたエレガンスイブ5月号(秋田書店)でスタートした。


「乙女散るらん~大正女學生物語~」の舞台は大正時代。主人公の葉山文子は女学校に入学早々、校庭にいた美しい上級生・一ノ瀬艶子に見惚れてしまう。その後、文子は女学生同士で姉妹のような関係を築く“エス”という風習を知り、艶子に“お姉さま”になってもらうべく、校内を探し回る。しかし艶子は実家が裕福なことから、自分に“エス”の申し出をしてくる相手はみんな財産目当てだと思っており……。

 
 以前秋田書店ミステリーボニータで「告別にはまだ早い」という作品を連載していたD・キッサン氏が、今度はレディコミのエレガンスイブに登場。しかし、その内容が(笑)

 大正時代の女学生が主人公で、学校で見かけた美人上級生に一目ぼれしてお姉さまになってもらう様に頼み込む、というお話……


 これのどこがレディコミなのか(笑) エレガンスイブなら「もうXX歳になったのにまだ結婚できなくて焦る」とか「夫の浮気で家庭が崩壊……」とか「老親の介護」とかそういう大人の漫画が載っていてしかるべきなのに、思いっきり少女漫画じゃないですか(笑)

 まあ老舗のビーラブも「ファンタジー漫画」が載っているような時代ですしねぇ。まさか、レディコミ誌と少女漫画誌の区別が怪しくなる時代が来るとは思わなかった(笑)
 
 
 
告別にはまだ早い~遺言執行人リリー~ 1 (ボニータコミックス) 
告別にはまだ早い 〜遺言執行人リリー〜(2) (ボニータ・コミックス)
 
 
 

【オカルト】オカルト雑誌「ムー2021年5月号」:特集「Qアノンと闇の政府ディープステートの陰謀」……、ってシャレにならんぞこれ【困惑】

ムー 2021年 05 月号

ムーPLUS|UFO・超能力・UMA・奇現象・古代文明・神秘・スピリチュアル・都市伝説
https://gakkenmu.jp/

Qアノンと闇の政府ディープステートの陰謀 米大統領選と世界支配をめぐる権力闘争の真実/戸田敏智・総力特集|ムーPLUS
https://muplus.jp/n/nab89651e6d05

2020年11月3日に行われたアメリカの大統領選挙では、途中まで再選確実と見られていたトランプ大統領が、最終的にバイデン氏に大差で負けるという大逆転劇となった。
実はその背後に、周到な計画と宇宙規模の思惑があったという。
アメリカのみならず、世界の運命をも左右する、大いなる闇の陰謀を追う!

 
 オカルト雑誌ムーの今月のメイン特集は「闇の政府ディープステートの陰謀」云々。

 内容を簡単にまとめると、

・今年1月の、連邦議会議事堂襲撃事件は、トランプ支持者の暴走だと思われているが、大間違い。保守派が議会に乱入するわけがない。

・これは闇の政府ディープステートの陰謀で、正義の大統領トランプと、彼を支持する正義の勢力Qアノンを陥れるために仕組まれたこと。

・闇の政府ディープステートの背後には(当然)「宇宙人」がいます

 といったところ。


 ……、イヤイヤイヤ、こんな生臭いネタやっちゃダメでしょ(困惑)


ナチスドイツの残党ラストバタリオンが世界征服を企んでいる!?」
とか
「エジプトのスフィンクスアトランティス文明の遺産だった!?」
とか
ノストラダムスの予言は外れていなかった!?」
とか、

毒にも薬にもならないようなネタで特集を組んで読者を面白がらせてくれるなら良いですが……

 アメリカ人がマジに政治的に信じていて、日本人の結構な数も信じているだろうこういう政治ネタを取り上げるなんて危なすぎるでしょ? ムーが政治的プロパガンダ雑誌になってどうすんの? 

 まあ、編集部からは「こんなげーむにまじになっちゃってどうするの」もとい「こんな雑誌の特集にマジになっちゃってどうするの」とか言われそうですけど、なんかこれは素直に笑え(?)ないやつですよ……
 
 
ディープ・ステイトの真実 日本人が絶対知らない! アメリカ大統領選の闇
ディープ・ステイトの真実 日本人が絶対知らない! アメリカ大統領選の闇
 

【特撮】感想:特撮「ウルトラセブン 4Kリマスター版」第2話「緑の恐怖」

ウルトラセブン Vol.1 [DVD]

ウルトラセブン 4Kリマスター版 NHK https://www4.nhk.or.jp/P6565/
放送 NHK BSプレミアム

【※以下ネタバレ】
 

1967年10月1日に放送が開始された「ウルトラセブン」。当時のフィルムをデジタルスキャンし、4K・HDRでよみがえらせた4Kリマスター版を、NHKが初めて放送する。

 

第2話 緑の恐怖

 

あらすじ

ウルトラセブン 4Kリマスター版(2)「緑の恐怖」
[BS4K] 2021年04月11日 午前8:00 ~ 午前8:26 (26分)


ウルトラセブン』初の4K化・国内初放送!宇宙から帰還したイシグロ隊員。彼の自宅でダンはある物体を発見する。その夜、自宅付近で次々と人間が何者かに襲われた。


1967年に地上波放送された『ウルトラセブン』を初の4K化・国内初放送!宇宙ステーションから一時帰還したイシグロ隊員。彼の自宅まで送り届けたダンは、イシグロ邸の庭で、地球には存在しないはずの“チルソナイト808”を発見する。その夜、イシグロ邸付近で人間が襲われる事件が続発する。この事件と“チルソナイト808”の関係は? 同じころ、イシグロの妻は夫の異変に気づく。


【出演】中山昭二森次晃嗣ひし美ゆり子毒蝮三太夫阿知波信介古谷敏

 
登場 … 生物X ワイアール星人

 ある夜、とある洋館の庭に金属の塊が着陸する。

 地球防衛軍の宇宙ステーションV3に勤務するイシグロ隊員が、一週間の休暇で地球に戻ってきた。ダンはイシグロを自宅まで送るが、庭先に金属の塊があることに気が付く。ダンは透視できないこの金属が「ワイアール星」で産出される「チルソナイト808(ハチマルハチ)」だと見抜くが、何故ここにあるのか分からない。

 一方、イシグロは庭の金属より小ぶりな塊を小包で受け取ると机にしまい込む。そして夜、植物のような姿に変身して家を抜け出すと通行人を襲撃した。ダンは被害者を基地に連れ帰るが、彼らの目の前で被害者は植物の塊のような姿になり、アンヌに麻痺させられる。

 それ以降、夜な夜な被害者が続出し、被害者が怪物化してまた別の人間を襲う、という事態となっていた。このまま手をこまねいていては、地球は怪物だらけの星と化すことになってしまうため、地球防衛軍は市民に外出禁止令を発する。ダンたちはイシグロ邸の金属塊を基地に運び調査しようとするが、あまりの硬さに全く手が出ない。

 一方、イシグロは妻と共に列車で箱根に向かっていた。ダンは留守を預かるお手伝いから、奇妙な音が聞こえるという連絡を受け、イシグロの部屋に向かい、机の中に隠されていた金属塊を見つける。ダンがハンマーで金属塊を破壊すると、内部から電子部品が見つかると同時に、地球防衛軍内の巨大金属塊も崩壊し、中から意識不明のイシグロが発見される。

 箱根に向かっていた偽イシグロは、イシグロ夫人の前で「ワイアール星人」の正体を現す。急行したダンたちの前に巨大化したワイアール星人が出現した。ダンはウルトラセブンに変身し、アイスラッガーでまっ二つにした後エメリウム光線で焼きはらった。

 駆け付けてきたキリヤマたちに対し、ダンは、宇宙人が電送のような原理でイシグロ隊員の姿に化け、電子頭脳で行動をコントロールしていたと説明する。宇宙人に襲われた被害者は全員回復し、イシグロ夫人は本物の夫と再会することが出来た。


感想

 評価は○。

 第一話とうって変わってクオリティの高いホラーめいたエピソード。

 謎の金属塊の出現から始まって、イシグロの奇妙な行動、夜な夜な徘徊する植物宇宙人、襲われた方も怪物化してさらに他の人間を襲うという設定、等、でグイグイ視聴者を引っ張る秀逸なエピソード。

 惜しむらくはイシグロがどこで宇宙人に捕まったのかといった点が説明されていない事だが、そこを除けば30分物とは思えないほどの内容である。早くも名作の片鱗を漂わせ始めた、というところだろうか。
 
 
 

他の回の内容・感想は以下のリンクからどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
 
Vol.2
ウルトラセブン Vol.2 [DVD]
Vol.3
ウルトラセブン Vol.3 [DVD]
Vol.4
ウルトラセブン Vol.4 [DVD]
Vol.5
ウルトラセブン Vol.5 [DVD]
Vol.6
ウルトラセブン Vol.6 [DVD]
Vol.7
ウルトラセブン Vol.7 [DVD]
Vol.8
ウルトラセブン Vol.8 [DVD]
Vol.9
ウルトラセブン Vol.9 [DVD]
Vol.10
ウルトラセブン Vol.10 [DVD]
Vol.11
ウルトラセブン Vol.11 [DVD]
Vol.12
ウルトラセブン Vol.12 [DVD]
 

【テレビ番組】テレビ番組評価[2021年3月分]

TVアニメ「ゲキドル」

 最新のテレビ番組(アニメ、ドラマ、他)の評価です。
【※以下ネタバレ】

ランキング

※行頭が「◇」は今期クール開始作品、「◆」はそれ以前から継続放送。

●すごく面白い(評価:◎)
 無し


●まずまず面白い(評価:○)
終◇アニメ「ゲキドル」
終◇アニメ「のんのんびより のんすとっぷ(第3期)」
終◇アニメ「真・中華一番! 第二期」
終◇アニメ「ゆるキャン△ SEASON2」


●なんとなく見ている(だけ)(評価:△)
終◇アニメ「IDOLY PRIDE」
終◇アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season2」
終◇アニメ「五等分の花嫁∬ (第2期)」
 ◆アニメ「せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ 第3期(隔週・5分アニメ)(2021年10月~)
終◇アニメ「闇芝居 第8期」(5分アニメ)
終◆特撮「魔進戦隊キラメイジャー」(2020年3月~2021年2月)
 ◇特撮「機界戦隊ゼンカイジャー」(2021年3月~)
 ◆特撮「仮面ライダーセイバー」(2020年9月~)
 ◆NHKグレーテルのかまど
 ◆NHKコズミックフロント NEXT」(2015年4月~)
 ◆NHK「サラメシ」
 ◆NHKフランケンシュタインの誘惑」(10月~:月一)
 ◇トーク番組「Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪感話


●視聴中止(評価:×)
 ◇アニメ「アイドールズ!-IDOL Survival-」
 ◇アニメ「裏世界ピクニック」
 ◇アニメ「オルタンシア・サーガ」
 ◇アニメ「俺だけ入れる隠しダンジョン」
 ◇アニメ「蜘蛛ですが、なにか?
 ◇アニメ「装甲娘戦機」
 ◇アニメ「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」
 ◇アニメ「天地創造デザイン部」
 ◇アニメ「バック・アロウ」
 ◇アニメ「ホリミヤ
 ◇アニメ「Levius レビウス」


※今期お気に入りのアニソン
無し

コメント

▽「ゲキドル」
 全12話。今期最大の注目作でした。近未来を舞台にした演劇アニメかと思っていたら、実はタイムパトロールと時間犯罪者が出てくる時間改変SFだったという衝撃(?)の内容…… SFと演劇という水と油的な要素を組み合わせるという類を見ない設定の意欲的な作品でしたが、後半駆け足になってしまった、細部に粗があった、等、完成度はもう一つ。もっと面白く出来たと思うので、とても惜しい。


▽「のんのんびより のんすとっぷ(第3期)」
 全12話。終盤は面白さがメーターを振り切っており、「第10話 れんげとひかげと夏海の吹雪の中の野外漫才」、「第11話 駄菓子屋と赤ん坊の頃のれんげの思い出話」、「第12話 最初から最後まで」と粒ぞろい。最終話は基本的に原作と全く同じ内容だったのに、心にしみる実に良い回でした。ラストシーズンを評価「優」で駆け抜けてくれました。


▽「ゆるキャン△ SEASON2」
 全13話。序盤はイマイチだったものの、そこを乗り切れば、ソロキャン、みんなで伊豆キャン、とイベント盛りだくさんで、一期同様楽しいアニメでした。


▽「ウマ娘 プリティーダービー Season2」
 全13話。第一期が「普段はコント、レースは熱血」で楽しめたのと比較して、二期は史実を忠実に追うことにしたのか、競馬好きではないこちらとしては真面目な展開過ぎてあまり盛り上がれず。しかし最終回は結構興奮しました。ということでラストで印象はちょっと良くなりましたね。


▽「真・中華一番! 第二期」
 全12話。作画は(中国アニメだからか)アレでしたが、話は面白かった。しかしまさか第三期に続く!とは……


▽「IDOLY PRIDE」
 全12話。1クールでアイドルグループ結成から芸能界のてっぺんを取るところまで無理の無い構成で進めて、意外とよく出来ていました。予想外の拾い物。


▽「五等分の花嫁∬ (第2期)」
 全12話。終盤は原作の面白さで何とかなりましたが、1クールで区切りをつけるため、原作のかなりの部分をはしょっている(修学旅行なんか実質半分しかなかった……)というのはホントもったいないというかねぇ……


▽「闇芝居 第8期」(5分アニメ)
 全13話。時々当りもあるけど、大抵「なんじゃこのオチ……?」みたいな、理解に苦しむ話ばっかりでネタ切れ感が酷かった。昔は面白かったんだがな~……
 
 
アニメ『のんのんびより』シリーズOP/ED主題歌集「のんのんびよりでいず」
アニメ『のんのんびより』シリーズOP/ED主題歌集「のんのんびよりでいず」
 
ゆるキャン△ SEASON2 Seize The Day
Seize The Day(アニメ盤)

五等分の花嫁∬ ED みなみかぜ/サマーデイズ
【Amazon.co.jp限定】みなみかぜ/サマーデイズ(メガジャケ付)

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』ANIMATION DERBY Season2 vol.1「ユメヲカケル! 」
【期間生産限定封入特典付】 TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』ANIMATION DERBY Season2 vol.1「ユメヲカケル! 」 CD ゲームアイテムと交換できるシリアルコード

IDOLY PRIDE
IDOLY PRIDE (初回生産限定盤) (DVD付) (特典なし)
 
 
 

【特撮】感想:特撮「ウルトラセブン 4Kリマスター版」第1話「姿なき挑戦者」

ウルトラセブン Vol.1 [DVD]

ウルトラセブン 4Kリマスター版 NHK https://www4.nhk.or.jp/P6565/
放送 NHK BSプレミアム

【※以下ネタバレ】
 

1967年10月1日に放送が開始された「ウルトラセブン」。当時のフィルムをデジタルスキャンし、4K・HDRでよみがえらせた4Kリマスター版を、NHKが初めて放送する。

https://m-78.jp/news/post-5822
NHK BS4Kにて放送された『ウルトラQ』4Kリマスター版が、NHK BSプレミアムにて放送決定。2021年3月29日(月)より、『ウルトラセブン』4Kリマスター版、4月4日(日)より放送スタート致します。


これまでのHD版とは違う新たなHD版?!
BSプレミアムにて放送されるのは4Kリマスター版をHD画質に変換したもの。さらに、4K版で狙った色や光の印象が変わらないよう、同じスタッフがカットごとに微調整も施し、2K SDR画質でありながらも、4Kリマスター版が持つ魅力の一端を感じていただけます。


放送スケジュール
【BSPーBS4K同時放送】「ウルトラセブン 4Kリマスター版」
2021年4月4日(日)スタート
毎週日曜 午前8:00~8:26

 

第1話 姿なき挑戦者

 

あらすじ

ウルトラセブン 4Kリマスター版 [新](1)「姿なき挑戦者」
[BSプレミアム] 2021年04月04日 午前8:00 ~ 午前8:26 (26分)


ウルトラセブン』初の4K化!ある事件で地球防衛軍は“ウルトラ警備隊”に出動を要請。捜査を開始した隊員の前に現れた謎の風来坊。果たして、彼の正体は?


1967年に地上波放送された『ウルトラセブン』を初の4K化!頻繁に発生する人間蒸発事件を宇宙人の仕業と断定した地球防衛軍は、精鋭チーム“ウルトラ警備隊”に出動を要請する。早速、捜査を開始したフルハシ隊員とソガ隊員の前に突如現れ、警告を発する謎の風来坊。彼はモロボシ・ダンと名乗り、宇宙人を迎撃するために有効な作戦を提案した。果たして、彼の正体は?


【出演】中山昭二森次晃嗣ひし美ゆり子毒蝮三太夫阿知波信介古谷敏

 
 人間が閃光と共に消えてしまうという怪事件が連続して発生した。「地球防衛軍」は、これが高度な科学力を持つ宇宙人の仕業であると推測し、精鋭「ウルトラ警備隊」に調査を命じる。

 ウルトラ警備隊隊員のフルハシとソガは、車両ポインターで直近の行方不明事件があった現場に向かうが、途中で謎の男「モロボシ・ダン」に行方を遮られる。ダンは危険なのでこの先には進むなと警告し、その言葉を無視して先に進んだパトカーは車ごと消えてしまう。さらに見えない敵は空中からポインターを攻撃してきたため、ソガたちは基地に引き返す。

 ダンは、宇宙人が侵略の前準備として、地球人を調査するために誘拐しているのだと説明する。直後、その言葉通り「クール星人」と名乗る宇宙人が地球防衛軍に対し降伏を要求してきた。地球防衛軍の上層部はその要求を拒絶すると、クール星人は見えない宇宙船からの攻撃で京浜工業地帯を焼き尽くしてしまう。

 ダンはウルトラ警備隊の臨時隊員として、見えない宇宙船に対し特殊噴霧装置を使って可視化することを提案する。そして装置を搭載したウルトラホーク1号が出撃し、見事宇宙船を見えるようにするが、宇宙船の攻撃でウルトラホーク1号は撃墜されてしまった。

 隊員たちが意識不明の中、一人目覚めたダンは、カプセル怪獣ウィンダムを送り出し、小型円盤と戦わせるものの、不利になったため撤退させる。そして変身してウルトラセブンとなると、円盤本体の中に乗り込み、クール星人をアイスラッガーで一刀両断にしたあと、誘拐されていた人々を解放した。最後にセブンは宇宙船を地球の外まで運び、エメリウム光線で破壊した。

 この一件で活躍が認められダンは、ウルトラ警備隊の正式隊員となった。

今回の登場キャラ=宇宙狩人(ハンター) クール星人
 
  

感想

 評価は△。

 記念すべき第一話ですが、クオリティはもう一つ。

 序盤の五分くらいまでは実に見事で、いきなりナレーションで「地球は狙われている。今、宇宙に漂う幾千の星から恐るべき侵略の魔の手が……」と語らせた直後、人間が車の中から突然消えてしまう、というショッキングな展開でいきなり物語に引き込んでくれます。さらにそのあと、地球防衛軍の秘密基地の中にカメラが進み、格納庫の中に置いているウルトラホーク1,2,3号機を映していくまではカッコいいのですが……


 その後がまだるっこしい&展開がおかしい。ソガとフルハシが行く手を遮るダンをヒッチハイカーと決めつけて、煙幕を噴射して笑いながら追い払おうとするシーンはモラル的にどうなのかという感じですし、またその後の見えない敵からの攻撃はイマイチ緊迫感に欠ける。

 そのあと「何故ダンが宇宙人の事を知っていたのか」を突っ込まないまま臨時隊員扱いするとか、参謀たちが「宇宙船に誘拐された人たちがいるから攻撃できない」とミサイル攻撃を断念したのに、そのあとウルトラホークで思いっきり円盤を攻撃にかかっているのは矛盾も甚だしい…… さらにウルトラホークとの円盤とのバトルも盛り上がらず、そのあとダンがいきなりウィンダムを出す必然性も無く……

 そして円盤に乗り込んだセブンは何の抵抗もできずにフラフラしているだけのクール星人を、アイスラッガーで速攻始末してしまうため、この虫のような宇宙人は何のために登場したのかと言われても仕方ない状態。そして最後、宇宙人の事に妙に詳しい怪しい男モロボシ・ダンをあっさりエリート組織のウルトラ警備隊に採用してしまうセキュリティの弱さ……

 と、初回は散々な出来栄えでした。初回からグッとハートをわしづかみにしてほしかったなぁ。

 ところで、キリヤマ隊長が38歳というのは驚いた。凄い貫禄です。
 
 

他の回の内容・感想は以下のリンクからどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
 
Vol.2
ウルトラセブン Vol.2 [DVD]
Vol.3
ウルトラセブン Vol.3 [DVD]
Vol.4
ウルトラセブン Vol.4 [DVD]
Vol.5
ウルトラセブン Vol.5 [DVD]
Vol.6
ウルトラセブン Vol.6 [DVD]
Vol.7
ウルトラセブン Vol.7 [DVD]
Vol.8
ウルトラセブン Vol.8 [DVD]
Vol.9
ウルトラセブン Vol.9 [DVD]
Vol.10
ウルトラセブン Vol.10 [DVD]
Vol.11
ウルトラセブン Vol.11 [DVD]
Vol.12
ウルトラセブン Vol.12 [DVD]