【SF小説】感想「スマイラーとスフィンクス」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 621巻)(2020年7月16日発売)

スマイラーとスフィンクス (宇宙英雄ローダン・シリーズ621)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150122881
マイラースフィンクス (宇宙英雄ローダン・シリーズ621) (日本語) 文庫 2020/7/16
エルンスト・ヴルチェク (著), ペーター・グリーゼ (著), 井口 富美子 (翻訳)
文庫: 280ページ
出版社: 早川書房 (2020/7/16)
発売日: 2020/7/16

【※以下ネタバレ】
 

地球では、テケナーとスリマヴォが海賊放送局アケローンの調査を始めた。ルナのハンザ・スポークスマン三人の異常に気づいたが!?


無限アルマダの到来を待つテラでは、警告者を自称する謎の存在が電波をジャックし、海賊放送局アケローンとして、恐怖の未来予知劇を放映していた。この正体を解明するため、ツナミ艦隊司令のロナルド・テケナーがハンザ司令部に招聘される。その協力者として名乗りをあげたのは、ヴィシュナから独立した具象スリマヴォだ。美しく成長した"スフィンクス"に翻弄されながらも、スマイラーは狩人の本領を発揮しはじめる!

 

あらすじ

◇1241話 スマイラースフィンクス(エルンスト・ヴルチェク)(訳者:井口 富美子)

 銀河系。ロナルド・テケナーは「海賊放送局アケローン」と「警告者」の正体を突き止めるため、スリマヴォたちと共に捜査を開始した。そしてハンザ・スポークスマン三人がネーサンを悪用して放送していたことが判明し、三人は解任され、事件は解決したように見えた。しかし、その直後、またしてもアケローンからの放送が送信された。(時期:不明。NGZ428年12月頃)

※初出キーワード=スウィンガー



◇1242話 警告者を追え!(ペーター・グリーゼ)(訳者:井口 富美子)

 無限アルマダは、ヴィールスインペリウムからの指示で、無数の部隊に分離し、様々な星系を経由しつつ個々に太陽系へと向かうことになった。アンティ種族の惑星トラカラトには「サスクルージャー人」の艦隊が出現したが、艦隊は何故かトラカラト地表に対して攻撃を開始した。

 同じ頃、テケナーは改めて警告者について調査し、ホーマー・G・アダムスによって秘密任務に投入されていたツナミ艦の一隻が、何者かによって拿捕されて乗員は皆殺しにされ、さらに警告者によって利用されていたことを知る。テケナーは「警告者」を追い詰めるが、その正体はアダムスだった。テケナーはアダムスの正体不明の仲間によって記憶を改ざんされ、警告者はネーサンのイタズラだったと思い込まされる。直後、十戒の《マシン》船12隻が太陽系に出現した。(時期:NGZ428年12月16日~)

※初出キーワード=なし


あとがきにかえて

 新型コロナで緊急事態宣言が出されている間にこんな生活を送っていました、という話、


感想

 前半エピソード … 原タイトル:DER SMILER UND DIE SPHINX(意訳:スマイラースフィンクス)。テケナーが成長したスリマヴォ(通称スフィンクス)たちと共に、謎の警告者の正体を追いかける話。

 劇中に「スウィンガー」という一種の中毒患者的な連中が登場するのですが、特製の帽子を被って電波でハイになる連中の事、と思いきや、なんか精神と肉体を切り離して移動できるような描写もあり、なんだかよく解りませんでした。とりあえず本筋には何の関係も無かったので軽く読み流し……

 P91にさらっと説明も無く「ヘルツシュプルング=ラッセル図」と書いてあるのですが、これは架空の何かでは無く、「恒星のスペクトル型と光度(絶対等級)の分布図。縦軸を絶対等級(上が明るい)、横軸をスペクトル型(右が低温)にとる。」だそうです。HR図とも言うのだとか。
 
astro-dic.jp
 
 
 後半エピソード … 原タイトル:TSUNAMIS IM EINSATZ(意訳:《ツナミ》艦隊出動)。

 警告者の放送が《ツナミ》艦から発信されていると解ったり、乗員が皆殺しにされていたり、事件の黒幕はアダムスでしかも謎の仲間がいたり、テケナーは記憶を改ざんされてしまったり、と不穏さ満載のエピソード。そもそも十戒を相手にしているだけで手いっぱいだというのに。

 さらに懐かしの惑星トラカラトでも謎めいた事件までついでに発生したりして、続きに気を持たせまくりのエピソードでした。
 
 

600巻~650巻(「クロノフォシル」サイクル)の他の巻の内容・感想は以下へどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 

2020年の読書の感想の一覧は以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
 

 
 
 
 
 
 

【映画】感想:映画「日本沈没」(1973年:日本)

【東宝特撮Blu-rayセレクション】 日本沈没

NHK BSシネマ http://www.nhk.or.jp/bscinema/
放送 NHK BSプレミアム。2020年8月10日(月)

【※以下ネタバレ】
 

日本海溝の異変で日本列島が沈没するという小松左京のベストセラーSF小説を映画化。森谷司郎監督の骨太の演出と特殊撮影を駆使した映像で、大ヒットしたパニック超大作。


70年代に発表されベストセラーとなった小松左京のSF小説を映画化。深海潜水艇わだつみ号の操艇者・小野寺は、海底火山の権威、田所博士らを乗せた無人島の調査で、異変を検知する。そして、近いうちに日本列島が沈没するという田所の主張を裏付けるように、火山噴火や大地震が発生。日本中がパニック状態に陥っていく…。豪華キャスト、森谷司郎監督の骨太の演出、特殊撮影を駆使した映像で大ヒットとなったパニック超大作。

 

あらすじ

 地球物理学者の田所は、小笠原諸島の北にある無人島が一夜で消滅したという異常事態の調査のため、深海調査船の操縦者・小野寺と共に日本海溝へと調査に向かった。そして田所たちは海底に走る亀裂や乱泥流を発見するが、それが何を意味するのかは全く不明だった。

 やがて伊豆半島で大地震と火山の噴火が発生した。山本総理は有識者を集めて話を聞くが、田所は総理に対して今後重大な事態が発生する事を予告し、他の学者からは嘲笑される。しかし総理の後ろ盾であり政財界の超大物である渡老人は田所に注目し、首相に命じて田所を中心とする「D計画」を開始させる。田所は潜水艇の操縦者として小野寺を計画に招く。

 やがて田所たちの必死の調査により、地球の内部でマントルの異常な流れが発生しており、その結果として、最悪の場合、日本列島の大半は海に沈むという予想が導き出される。直後、関東地方に大地震が発生し、この「東京地震」によって関東は壊滅的な打撃を受け360万人が死亡・行方不明となった。

 三か月後。D計画チームは渡老人の元に向かい、日本人の海外への避難のための「D2計画」を開始するように提案する。そして山本総理の決断によりD2計画は承認され、秘密裏に外国の元首たちへの避難民受け入れの交渉が開始された。

 そんな中、田所は突然雑誌に「日本が沈没する」との情報をリークし、さらにテレビに生出演すると自分を批判した科学者とつかみ合いの喧嘩を演じるが、もちろん国民は真剣に取り合う事は無かった。全ては田所が国民にそれとなく最悪の事態を予告するために取った手段で、田所は辞表を提出しD計画を去った。

 やがてD計画チームは詳細な観測データを元に、山本総理に対し、日本は10か月後には消滅するという事実を伝える。総理はマスコミ各社の代表を集め、二週間後に重大発表をする旨を通達した。一方小野寺は阿部玲子という女性と結婚することを決意し、D計画を抜けスイスに移住することを決める。

 ところがアメリカの科学者たちも日本列島の異常を掴んでおり、海外からの情報で日本が沈没するとのニュースが伝わってしまったため、山本首相は予定を二日早めて記者会見を開き、日本の国土に危機が迫っていることを発表した。

 小野寺はこの日の飛行機で玲子と共に海外に旅立つ予定だったが、突然富士山が噴火し、伊豆にいた玲子は混乱に巻き込まれて行方不明となってしまう。この日を境に、世界各国は日本人救出のために船や飛行機を次々と投入し、国民は日本から脱出していった。しかし小野寺は玲子を探し出すため、最後の最後まで日本に残ると決意していた。日本各地では火山の噴火と地震が頻発し、国土は次々と海の下に沈んでいった。


 数か月後、山本総理は、D計画の終了を宣言し、日本に残ると決めた渡老人の元を訪れ最後の挨拶をするが、そこに行方不明だった田所が現れた。山本は田所に共に脱出するように勧めるが、田所は日本と共に死ぬと言ってその誘いを断った。

 最後。小野寺と玲子がそれぞれどこかの国で避難民たちと共に列車に乗っているシーンで〆。


感想

 評価は◎。

 50年以上前の映画なのに、今見てもとにかく面白い。パニック映画の大傑作。


 日本全土が海に沈んでしまうというパニックのスケールの大きさからしてゾクゾクしますが、劇中で一般人視点での愛とか悲劇とかのそういう甘いドラマは全く入れず、ストーリーを「科学者・為政者といった人々が国家の大危機にどう挑むか」に絞っているドライさが実に好みで、とにかく無性に面白かった。


 この映画の主役は、当然藤岡弘、の演じる小野寺だと思っていたのですが、実際に見てみると思いっきり勘違いで、前半は小林桂樹の田所博士が引っ張り、後半は丹波哲郎の山本総理が活躍する、というおっさん映画でした。(藤岡弘、いしだあゆみは、いてもいなくても良いレベルの出番)。

 小林桂樹というと温厚キャラのイメージが強いので、エキセントリックというかの田所教授の演技は驚かされましたし、また丹波哲郎は心霊研究家の変なイメージが強すぎたので、真面目に?総理大臣役を演じているのが不思議な感覚でした。あとメイン級で「特捜最前線二谷英明や「大鉄人17中丸忠雄といった面々がいたのもなんともゴージャス感がありましたね。

 また、原作者の小松左京自身が小野寺の会社の人間役でちらっと映っていたのにウケましたが(あの特徴のある姿なので一目でわかった)、さらに「ニュートン竹内均先生が、総理に講釈する役柄でマントル対流について説明しているシーンも面白かったなぁと。


 さて、さすが50年前の映画というべきか、大地震シーンでの被害の描写はとにかくエグイ。頭上から建物のガラスの破片が降り注いできて、それが女性の顔に突き刺さって血しぶきが吹き出すシーンなんか、21世紀では絶対あり得ない描写でしょう。また避難する人々が、周囲を火災に取り囲まれ、体に火が付いた人が右往左往し、最後には炭になった死体が地面に転がっている描写も、生々しすぎて今の映画ではちょっと見られないシーンです。

 また人死にの描写以外にも、都内の建物が大崩壊したり炎上したり津波が押し寄せたり、自衛隊が駆け付けても殆ど焼け石に水状態なのには見ていてもうすんごい憂鬱になる場面でした。この辺りは東宝特撮の技術が大活躍といったところでしたね。

 日本の各地が火山と地震で崩壊していく描写は、真上から俯瞰した日本列島の模型で焦点となる地区をフラッシュの様な青白い光が瞬くことで表現していたのが上手いと思いました。まあ地震で地面が光るのは理屈上あり得ないのですが「異変が起きている」という事が理屈抜きに解りましたしね。また、実際の火山の噴火や溶岩の流れる映像を随所に挟み込むことで、天変地異の描写にリアリティを出していたのも良しです。


 最後は、小野寺と玲子がそれぞれ別々に、どこに向かうともわからない列車に揺られていく場面が、「日本は無くなってしまった」という事を強烈に印象ずける名演出でした。


 古い映画なので今見て面白いかどうかちょっと不安でしたが、見てみたらそんな心配は一切不要でした。とにかく面白い映画でした。
 
 

日本沈没
[BSプレミアム]2020年8月10日(月) 午後1:00~午後3:25(145分)


【製作】
田中友幸、田中収
【監督】
森谷司郎
特技監督
中野昭慶
【原作】
小松左京
【脚本】
橋本忍
【撮影】
村井博、木村大作
【音楽】
佐藤勝
【出演】
藤岡弘、いしだあゆみ小林桂樹丹波哲郎島田正吾 ほか


製作国:
日本
製作年:
1973
備考:
日本語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ

田所雄介博士:小林桂樹
山本総理:丹波哲郎
小野寺俊夫:藤岡弘
阿部玲子いしだあゆみ

 
 

2020年視聴映画のあらすじ・感想の一覧は以下のページでどうぞ

2020年視聴映画あらすじ・感想一覧

perry-r.hatenablog.com
 
 
日本沈没 上 (カッパ・ノベルス)
日本沈没 下 (カッパ・ノベルス)
 
 

 

【SF小説】感想「深淵の独居者」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 620巻)(2020年7月2日発売)

深淵の独居者 (宇宙英雄ローダン・シリーズ620)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150122873
深淵の独居者 (宇宙英雄ローダン・シリーズ620) (日本語) 文庫 2020/7/2
アルント・エルマー (著), ペーター・グリーゼ (著), 嶋田 洋一 (翻訳)
文庫: 262ページ
出版社: 早川書房 (2020/7/2)
発売日: 2020/7/2

【※以下ネタバレ】
 

ジャシェムの長老"深淵の独居者"は、グレイの領主の意識体の手先となっていた。アトランたちを罠にかけようとするのだが……!?


かつてコスモクラートの命でトリイクル9の再建に当たっていた時空エンジニアは、功名心から独力でトリイクル9の代用品をつくろうとしだした。これをジャシェム種族が冒涜とみなしたことから、両者の根深い対立ははじまったのだった。深淵の騎士が時空エンジニアの協力者だと知って、アトランたちに反発するジャシェムは、種族の長老"深淵の独居者"に助言をもらいにいく。だが、その独居者にはある異変が起きていた!

 

あらすじ

◇1239話 深淵の独居者(アルント・エルマー)(訳者:嶋田 洋一)

 サリクとボンシンは、ホルトの聖櫃から、グレイの領主の意識がジャシェム帝国の要地「ニュートルム」に侵入し、深淵の独居者を支配していることを知らされる。任務に失敗したグレイの領主は、罰として深淵に吸収されるが、その意識は消滅しないままニュートルムに入り込んでいた。しかしボンシンの活躍で、深淵の独居者たち中心的なジャシェムを支配していたグレイ領主の意識は深淵に送り返され、アトランたちはジャシェムと和解した。(時期:不明。NGZ428年7月頃)

※初出キーワード=なし



◇1240話 テクノトリウム攻防戦(ペーター・グリーゼ)(訳者:嶋田 洋一)

 グレイの領主「領主ムータン」は、「上級領主」たちからジャシェム帝国への侵攻を命じられていたが、帝国の周囲の「壁」を突破できずにいた。しかしある日突然壁に亀裂が生じたため、部下たちの軍勢を帝国内に突入させた。ところが、正気に戻った深淵の独居者が壁を修復したため、グレイの軍勢は壊滅し、領主ムータンもアトランたちに捕えられた。領主ムータンはヴァイタル・エネルギーによって時空エンジニアの姿に戻り、アトランたちに、現在時空エンジニアが進めている計画は破滅をもたらすので阻止するように依頼して死んだ。(時期:不明。NGZ428年7月頃)

※初出キーワード=上級領主


あとがきにかえて

・COVID-19による緊急事態宣言が解除されたので、吹き矢の活動を再開した話。
・大学の翻訳の授業もオンラインになったという話。


感想

 前半エピソード … 色々有った末にようやく深淵の騎士たちとジャシェムが和解する話。領主ムータンに処刑された「ゲリオクラートの最長老」と「助修士長」が再登場してきたのにはびっくり。それと、深淵の独居者の独白パートが何を言っているのかさっぱり理解できませんでした。多分、徐々にグレイ領主の意識に浸透されてきた、という描写だと思うのですが、読み返しても訳が分からん……


 後半エピソード … 久々登場の「領主ムータン」の苦労話。「ゲリオクラートの最長老」と「助修士長」をあっさり処刑して深淵送りにした彼も、さらに上位の「上級領主たち」には逆らえない、という世知辛い現実が描写されます。最後はヴァイタル・エネルギーで浄化(?)されて元の時空エンジニアに戻り「時空エンジニアのしていることを止めてくれ(詳細不明)」と言い残して死んでしまうとか、いかにもの展開ではありました。

 
 

600巻~650巻(「クロノフォシル」サイクル)の他の巻の内容・感想は以下へどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 

2020年の読書の感想の一覧は以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
 

 
 
 
 
 
 
 

【映画】感想:映画「MEG ザ・モンスター」(2018年:アメリカ・中国)

MEG ザ・モンスター [Blu-ray]

土曜プレミアム - フジテレビ http://www.fujitv.co.jp/b_hp/premium/
放送 フジテレビ系。2020年8月8日(土)

【※以下ネタバレ】
 

太古の昔に実在した超巨大ザメ・メガロドンが深海からよみがえり人間たちに襲いかかる!立ち向かうのはワイルド・スピードシリーズのジェイソン・ステイサム!地上波初登場

 

あらすじ

 水中救助活動のプロ・ジョナス・テイラー率いる救助チームは、フィリピン海溝に沈没した原子力潜水艦の救助作業に向かっていた。作業中テイラーは巨大な生物が潜水艦に体当たりしていることを知り緊急脱出するが、その際同僚の一人を失ってしまう。

 五年後。中国・上海沖に設置された海洋研究所「マナ・ワン」では、アメリカ人富豪モリスの出資の下、マリアナ海溝の調査を進めていた。研究チームのリーダー・ジャン博士の考えでは、今まで海溝の底と思われていた部分は硫化水素の膜で、その下には人類未踏の世界が広がっているはずだった。

 調査用潜水艇は、硫化水素の幕を突破し、その下に隠されてた世界に突入するものの、そこで巨大な生物に襲撃され行動不能に陥ってしまう。ジャン博士は今はタイで引きこもっていたジョナスに救助活動を依頼し、ジョナスは潜水艇の乗組員の救出に成功するものの、その際に全長20メートルの巨大サメに遭遇する。

 巨大サメは数百万年前に絶滅したはずのサメ「メガロドン」だった。しかもメガロドンは海底から噴き出した温水の塊にのって海面近くまで浮上してきたことが判明する。ジャン博士たちはメガロドン捕獲に向かい、苦労の末仕留めることに成功するが、直後さらに巨大な二匹目のメガロドンが出現し、ジャン博士は死んでしまう。

 ジョナスたちはメガロドンが海水浴場に向かっていることを知り、すぐさま退治に向かう。ジョナスは小型潜水艇メガロドンの胴体を切り裂き、その血に集まって来たサメの大群がメガロドンを食い殺した。おしまい。

感想

 評価は△(内容が無いよう)

 SFモンスター映画とも純粋サメパニック映画ともどっちつかずのB級ダメ映画。

 二十数年前にこの映画の原作となる小説「メグ」を読んだことがあって、その本のどこかに「ハリウッド映画化決定」とか書いてあったことを覚えていますが、そのあと全く音沙汰がなく、忘れかけていたころにようやくの映画化。旬を過ぎすぎにも程がある(笑)

 ちなみに原作小説は「海の中には寒暖が逆転して、上が冷たく下が温かいという層があり、その温かい水の中で数百万年前に説滅したはずの太古の巨大鮫が生き残っていた」というまともなものだったのですが、映画の方はそういう説明一切抜きの原作と程遠い内容になっています。そもそも中国人は一人も出ていた記憶がないぞ。

 前半のマリアナ海溝での救助パートは、水中にビューンと潜っていける大きな窓のついた小型潜水艇が登場したりして、もうリアリティ放棄の軽いSF。そこまでは良いとしても、水中で救助を待つ際の襲い来る恐怖とか、巨大サメが出てくるときの期待感とか、そういうものが一切感じられない、なんというか見ているかいの一切無い内容で、がっかりにも程がありました。

 また、そのあと、中盤パートは前半の展開から一転し、「ジョーズ」で見たような船による現実に寄せたサメ狩り話になってしまい「SFなのか普通の鮫映画なのかはっきりしろ!」と苛つかされました。そして起きるアクシデントも大体「ジョーズ」で見たようなアレばかりだったし。

 さらに、終盤は、せっかく(?)サメが客がいっぱいの海水浴場までやって来たのに、人間を一人も食い殺さないというぬるい展開に怒りが爆発でした。サメ映画といえば、人間が無惨に食い殺されて、肉片が飛び散って海が真っ赤に染まる、というシーンを見せるのが製作者の矜持でしょう。血を一切見せないとか、観客を舐めるにも程がある。

 それでも、最後は巨大サメをミサイルで吹き飛ばして爽快決着にしてくれれば赦せたのですが、それすらもせず、「巨大サメは他の鮫にくわれて死んでしまいました」という拍子抜けオチ。もうこれはあり得ない。

 ということで、B級SF映画なのか普通の鮫映画なのかとジャンルがぶれている上に、殺戮シーンも無ければ、爽快な結末も無い、と、全く褒めるところのない映画でした。まったくもう。


 しかし、ヒロイン(?)のリー・ビンビン、とても45歳には見えなかった。ああいうのが美魔女ってやつですかね。
 
 

https://www.fujitv.co.jp/b_hp/megthemonster/
土曜プレミアム・映画「MEG ザ・モンスター
巨大ザメの襲来!地上波初
前回の放送日時 2020年8月8日(土) 21:00~23:10


放送内容詳細
潜水艇のSOSを受けて東シナ海の海溝に潜ったレスキュー・ダイバー、ジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は、そこで信じられないほど巨大なサメ、メガロドン通称〈MEG〉を目撃。しかし信じる者はひとりもおらず、彼は同僚を死なせた責任を取り、海難救助の一線から退く。


5年後、大陸から200キロ離れた海洋研究施設から潜水した探査船が未知の海溝を発見。ところがその直後、探査船は消息を絶つ。未知の海溝だけに捜索は簡単ではなく、ジョナスに白羽の矢が立てられ、復帰を決意して現地へ飛ぶ。そんな彼の前に、全長23mのあの巨大なサメMEGが再び姿を現わした!巨大モンスターの猛襲をかわし、ジョナスは元妻や先に救助に向かっていたスーイン(リー・ビンビン)をなんとか救い出す。


MEGと呼ばれる、このサメは200万年前に絶滅したはずの史上最恐、最大の古代生物。研究所のスポンサーは、この世紀の大発見を儲け話に換えようとスーインらに捕獲を命じた。仕方なくジョナスも加わり、MEG捕獲作戦は実行に移された。


やがて彼らは知ることになる、それが大きな過ちであったことを。研究施設はMEGの暴走によって無残に破壊され、海洋に投げ出された彼らの身に危険が迫る。さらに悪いことに、MEGは暖流に乗り、海水浴客でにぎわうビーチに接近していた。ジョナスらは、この危機を乗り切れるのか?人類は、果たしてこの脅威から逃げ切れるのか!?



出演者
ジョナス・テイラー: ジェイソン・ステイサム山路和弘
スーイン: リー・ビンビン(魏涼子)
モリス: レイン・ウィルソン伊藤健太郎
ジャックス: ルビー・ローズ(清水はる香)
ジャン博士: ウィンストン・チャオ(加藤亮夫
マック: クリフ・カーティス川島得愛



スタッフ
【監督】
ジョン・タートルトーブ

【原作】
ティーヴ・オルテン

【製作】
ロレンツォ・ディ・ボナベンチュラ/ベル・エイブリー/コリン・ウィルソン

【脚本】
ディーン・ジョーガリス/ジョン・ホーバー&エリック・ホーバー

 
 

2020年視聴映画のあらすじ・感想の一覧は以下のページでどうぞ

2020年視聴映画あらすじ・感想一覧

perry-r.hatenablog.com
 
 
MEG(メグ)
メガロドン (角川文庫)
 
 
 

【懐ゲー】「キン肉マンII世」原作より前に、過去に行って親世代と戦うというゲームが存在していたとは「キン肉マン2世 超人聖戦史」(2003年)

キン肉マン2世 超人聖戦史 WSC 【ワンダースワン】

キン肉マンII世 超人聖戦史
http://www.swan.channel.or.jp/swan/software/line_up/index_KNM02.html

【以下ネタバレ】
 
 キン肉マンオタクの性で(?)、定期的にネットで色々キン肉マン用語を検索してしまうのですが、その結果、面白いゲームを見つけてしまいました。「キン肉マンII世」のキャラクターたちが過去に行って、親世代と戦うというゲームが2003年に発売されていたのです。

 え? そんなん原作漫画でやっているって? まあまあ落ち着いて。そこが面白い所なんですから。


●「キン肉マンII世

 「キン肉マンII世」という漫画は、お馴染み「キン肉マン」の続編で、キン肉マンテリーマンロビンマスクたちの息子世代が活躍する、という作品でした。まあ掲載誌が週刊少年ジャンプではなく、「プレイボーイ」だったせいか、ノリがなんか先代と違い、最後まで「なんか違うんだよなぁ」感が付きまといましたが……、大体にして、誰が老いぼれたキン肉マンバッファローマンたちの姿を見たいものかと……

 まあ、それはともかく、この漫画の第二部「究極の超人タッグ編」(2004年~2011年)では、人気テコ入れのためか、新世代超人たちが過去1983年にタイムトラベルし、先代の「夢の超人タッグ編」終了直後に現れ、親世代の超人たちと戦う、という話が展開されました。こっちは私的にはわりと好評価ですが、世間的にはこれも黒歴史呼ばわりらしい……


●ゲーム「キン肉マンII世 超人聖戦史」

 そして面白いことなんですが、原作で「究極の超人タッグ編」が始まる前年の2003年に、バンダイワンダースワン対応のゲームで、既に二世世代が過去の親世代の時代に時間移動して当時の超人たちと戦う、という話が発売されていたのです。それがこちら。

http://www.amazon.co.jp/dp/B00014AT1U
キン肉マン2世 超人聖戦史 WSC 【ワンダースワン
BANDAI
プラットフォーム : WonderSwan
発売日: 2003/1/30

《ストーリー》
ヘラクレス・ファクトリー、第三期生ザ・マスクはファクトリーを卒業し、日本駐屯の任務をサボるキン肉万太郎入れ替え戦を行うことになっていた。
しかし万太郎は悪行超人スカーフェイスにさらわれていた。ミートから事情を聞いた新世代超人と協力しスカーフェイスを倒すザ・マスク達。
と、その時急に空間が歪みだし何者かの手によってタイムワープしてしまう。
その場に居合わせた新世代超人たちは忽然と姿を消してしまった。ちいさなミートを残して・・・。


《戦闘》
4種類の「打撃」「投げ」「関節」「防御」から選で闘う方式。
相手に有利な攻撃を決めると必殺技ゲージが一つ溜まり「必殺」のコマンドが選べるようになる。
決められたコマンドを入力すると必殺技を出す事ができる。
「火事場のクソ力」などの普段は見せない秘められたパワーを発動することが出来る超人が一部いる。
その条件は気力ゲージが溜まり体力が一定値を切ることだ。「火事場のクソ力」が発動すると、能力が上がる。
勝利すると経験値を獲得し、100になるとレベルが上がる。

 
 まあ、なんとなく企画した人の気持ちはわかる。二世世代はイマイチ人気が無いので、人気爆発だった先代キン肉マン世代と絡めれば売れるんじゃね?と考えたのだろうと……


●ゲーム展開

 ゲームの感想プログを見つけました。
 ↓

キン肉マン二世超人聖戦士感想 | VUELO
https://ameblo.jp/el-equipo-del-vuelo/entry-11530895986.html

ameblo.jp

ラスボスは新世代超人(セイウチンガゼルマン、ジェイド、ケビン、スカー、
万太郎、チェック、キッド)を過去に飛ばします。(嫌がらせ目的で)


超人オリンピック→悪魔超人襲来→騎士退治→タッグ編→王位争奪戦
を終えたら間もなく終了、という流れです。
7種類のエンディング!
・悪魔超人と一緒に頑張る
・正義超人と一緒に頑張る
・歴史に干渉しないように過ごす
・マリポーサさまの王位継承のお手伝い
・ゼブラさまの王位継承のお手伝い(50億超人ドル付きドキドキ)
・フェニックスさまの王位継承のお手伝い
・ソルジャー(もちろんアタルです)についていく
だったと思います。

ビッグボディは??
サブキャラとしての出演です。くっ!王位継がせてやりたかった!(笑)

エンディングをむかえてリセットすると、また弱い頃から始まるので、
全てのエンディングを見るために、何度も戦わないといけない

 
 もひとつ、

キン肉マン二世超人聖戦史感想‐マリポーサルート‐ | VUELO
https://ameblo.jp/el-equipo-del-vuelo/entry-11530942408.html

ameblo.jp

主人公含む5人行動なので、飛翔チームに入るには
誰か一人抜けなければなりません!
そのため主人公はチームの一人と戦って実力を試されます。
普通、先鋒が抜けるところですが、
ネタ要員であるミキサー大帝がその役回りを買ったのでした。

主人公、ホークマン、VTR、100トン、マリポーサの5人で
王位継承サバイバルマッチへ。

キン肉マン、ゼブラ、フェニックスチームを破って、
見事王位を継いだマリポーサ。(省略!)

エンディング画像はこんな感じでした。
未来には帰れなくなってしまいましたが、過去の世界で、
ずっとマリポーサの傍にいられるエンディングですよ。
最高のハッピーエンドだと思いますよ。

 
 ははぁ、なるほど。こんな感じと。

 レスラーが主人公で、節目節目の選択でストーリーが分岐するというのは、「レッスルエンジェルス2」を思い出しますね。まあファイプロにもそんなんがあったらしいですけど(良く知らない)


 とまあ一見面白そうなんですが、ゲーム的にはセーブが一ヵ所しか無くて、弱い状態で強敵に当たると積みになってしまうとか有ったそうで、やはり携帯ゲーム機ゆえの限界があったのかとも。

 しかしまあ、コンセプトというか企画というか、そういうのはすんごい面白そう。最新の技術でこれみたいなの作ってくれんかなぁ。
 
 

参考

キン肉マンII世 超人聖戦史
http://www.swan.channel.or.jp/swan/software/line_up/index_KNM02.html

初代キン肉マンの世界で、II世超人たちが大暴れ!


何者かによってタイムスリップさせられてしまった主人公(オリジナル超人)と新世代超人たち。タイムスリップさせられた場所は初代キン肉マンの時代で、第2回超人オリンピックの開幕直前だった!


プレイヤーはオリジナル超人となり、第2回超人オリンピックに参加したり、7人の悪魔超人編、黄金マスク編、超人タッグトーナメント編、キン肉星王位争奪編などに関わっていくことになるのだが、主人公の行動はすべての行動結果が属性ゲージに反映されるようになっている。


そのため、プレイヤーの途中の選択によって、主人公は正義超人になる場合もあれば悪行超人になる場合もあるのだ! 正義超人になった場合はキン肉マンたちとともに悪の超人たちと戦うのだが、悪行超人になった場合は逆に悪魔将軍などの手先となることもできたりと、様々なオリジナルストーリーを楽しむことができるぞ!


また、最大5人までのパーティーを編成できるので、好きな超人を集めて自分だけのオリジナルチームを結成しよう!


対戦場面の格闘は、コマンド入力方式で行い、「投げ」「関節」「打撃」などの通常攻撃と、必殺技ゲージをためると使うことが出来る「必殺技」を駆使して戦っていく。60人以上の超人たちが使う必殺技は合計150種類以上で、そのすべてに迫力のカットインとエフェクトが用意されているぞ。お気に入りの超人と師弟関係を結んで必殺技を伝授してもらうのだ!

 
 
キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 1
キン肉マン2世 究極の超人タッグ編 1 (プレイボーイコミックス)
 
 
 

【ゲームブック】ゲームブック「ガルシアの髑髏(ドクロ)」(林友彦/1986年)のパソコン版を発見!!

ガルシアの髑髏―ダウンタウン・オプの事件簿 (ハードボイルドミステリゲームブック)

http://www.amazon.co.jp/dp/4871700631
ガルシアの髑髏―ダウンタウン・オプの事件簿 (ハードボイルドミステリゲームブック) (日本語) 新書 1986/10/1
林 友彦 (著)
新書: 262ページ
出版社: エムアイエー (1986/10)
発売日: 1986/10

本書は日本で初めての日本人作家によるミステリ・ロールプレイングゲームです。これまでロールプレイングゲームの題材としては、中世を舞台としたヒロイック・ファンタジーが多くを占めていましたが、本書では現代を舞台にしたタフな私立探偵の活躍が楽しめます。魔法や呪文、剣の戦いに食傷ぎみのあなたに、ちょっと変わった味のゲームを楽しんでもらおうと、いうわけです。もちろん、中味は充分に濃いものですから、安心してお楽しみいただけます。

 
 昨日、「ガルシアの髑髏」というゲームブックが89万円で売っていたという話をネタにしたのですが、

ゲームブック】お値段89万円のゲームブックを発見!「ガルシアの髑髏(ドクロ)」(林友彦/1986年)
https://perry-r.hatenablog.com/entry/2020/08/08/154343

perry-r.hatenablog.com

 
 それ絡みでもう一つ面白い話題を見つけました。


●パソコン版「ガルシアの髑髏」

 フリーソフトでお馴染み(かな?)のベクターに、なんとパソコンでプレイできる「ガルシアの髑髏」が存在していました!! 作者はゲームブックを書かれた林友彦氏ご本人。
 

ガルシアの髑髏の詳細情報 : Vector ソフトを探す!
https://www.vector.co.jp/soft/win31/game/se027391.html

www.vector.co.jp

パソコンでゲームブックを楽しむ


ソフト詳細説明
 これはパソコン上で楽しむソロRPG(ゲームブック)です。
 ウインドウスヘルプ類似のハイパーリンク環境で、マウスによるピックのみで簡単にプレイできます。
 トピック数は600で、文庫のゲームブックと、ほぼ同等のボリウムがあります。
 文庫との違いは、ハイパーテキスト環境のため、頁を繰る必要がなく、マウスピックのみでプレイができる点のみです。


動作環境
ソフト名: ガルシアの髑髏
動作OS: Windows 3.1
機種: 汎用
種類: フリーソフト
作者: 林 友彦

 
 対応OSがWin3.1ですから、アップされたのは1993~95年頃、と推測されます。本の発売が1986年でとっくに絶版でしたでしょうから、タダで配布してもかまわない、ということだったのかも。これは面白い事例ですね。まあプレイはもう不可能だと思いますけど……
 
 
 
ネバーランドのリンゴ (創元推理文庫―スーパーアドベンチャーゲーム)
ネバーランドのリンゴ (創元推理文庫―スーパーアドベンチャーゲーム)
ニフルハイムのユリ (創元推理文庫)
ニフルハイムのユリ (創元推理文庫)
 
 
 

【ゲームブック】お値段89万円のゲームブックを発見!「ガルシアの髑髏(ドクロ)」(林友彦/1986年)

ガルシアの髑髏―ダウンタウン・オプの事件簿 (ハードボイルドミステリゲームブック)

http://www.amazon.co.jp/dp/4871700631
ガルシアの髑髏―ダウンタウン・オプの事件簿 (ハードボイルドミステリゲームブック) (日本語) 新書 1986/10/1
林 友彦 (著)
新書: 262ページ
出版社: エムアイエー (1986/10)
発売日: 1986/10

本書は日本で初めての日本人作家によるミステリ・ロールプレイングゲームです。これまでロールプレイングゲームの題材としては、中世を舞台としたヒロイック・ファンタジーが多くを占めていましたが、本書では現代を舞台にしたタフな私立探偵の活躍が楽しめます。魔法や呪文、剣の戦いに食傷ぎみのあなたに、ちょっと変わった味のゲームを楽しんでもらおうと、いうわけです。もちろん、中味は充分に濃いものですから、安心してお楽しみいただけます。

 
 

●トレーダーズ・ギルドにて

 ちょいとゲームショップのトレーダーズ・ギルドで商品をチェックしていたら、全然知らないタイトルを発見。こいつです。

ガルシアの髑髏 ダウンタウン・オプの事件簿 - ゲームブックのオンラインショップ トレーダーズ・ギルド
https://tradersguild.cart.fc2.com/ca1/1910/p-r1-s/

MIA(エム・アイ・エー)
林友彦 著
ハードボイルド 推理ゲームブック


■ 内容
遂に登場した本邦初のハードボイルド・ミステリ・ゲームブック
タフでジェントルな私立探偵となってキミは2つの事件を解決しなければならない。


第1話 ガルシアの髑髏
メキシコ革命史に残る英雄パンチョ・ビラの山賊時代の右腕ルネ・ガルシア。
彼のドクロにまつわる財宝の埋蔵場所を探るため、キミはメキシコ中央高原の田舎町へと旅立つ。
連れは恋人のコピーライター、ミシェルと、依頼人のケーブルTVプロデューサー、ボードマンの2人だ。
だが、財宝のゆくえを秘めたガルシアのドクロをめぐって、次々と血なまぐさい事件が巻き起こる。
キミは現地の案内人ミゲルの協力を得て事件の解明に乗り出すのだが……


第2話 蘭が好きだった男
商用で訪ねた山間の町ホールズで、突然消息を絶った平凡なサラリーマン、フーバー。
彼の勤務先であるコンチネンタル社の依頼で、オールズに向かったキミは、過去の惨劇に尾を引く意外な事実を知る……。


謎が謎を呼び、事件がまた新たな事件を呼ぶ。
ネバーランドのリンゴ」の林友彦が挑む本格ハードボイルド・ミステリの世界はキミをとらえて決して離さないだろう!


■ 備考
内容に記載されている通り、ネバーランドシリーズで有名な林氏による異色なハードボイルド探偵作品。
良質な探偵物ゲームブックだが、相変わらず迷宮じみた洞窟探検のシーンがあるのはご愛敬。


価格:21,500円

 
 MIAというとアスキー系の出版社だったみたいで、ぼちぼちとゲームブックも発売していたようなのですが、何分マイナー過ぎて知名度はほぼゼロ。ちょっとはゲームブック界隈の事を知っているつもりでしたが、これは全く知りませんでした。それにしてもこの価格……


●アマゾンにて

 で、他のところの売値はどうだろうとアマゾンで調べてみたら、これが凄いことに……

www.amazon.co.jp

¥ 24,712
¥ 350 (配送料)
もったいない本舗

¥ 24,800
¥ 262 (配送料)
game_booker

¥ 898,789
¥ 100 (配送料)
@ガーデン

 
 はちじゅうきゅうまんえん……? いや、確かに希少な本かもしれませんけど、ゲームブックに89万円払う人いるの? 私が見たゲームブックの文句なしの最高額ですよコレ。
 

追加記事(2020/08/09)

ゲームブックゲームブック「ガルシアの髑髏(ドクロ)」(林友彦/1986年)のパソコン版を発見!!


perry-r.hatenablog.com
 
ネバーランドのリンゴ (創元推理文庫―スーパーアドベンチャーゲーム)
ネバーランドのリンゴ (創元推理文庫―スーパーアドベンチャーゲーム)
ニフルハイムのユリ (創元推理文庫)
ニフルハイムのユリ (創元推理文庫)
 
 
 

【ミステリー】感想:歴史ミステリー番組「ダークサイドミステリー」(2020年版)『感染症パニック! “見えない恐怖” なぜ人類は間違えるのか?』(2020年7月23日(木)放送)

感染症の世界史 (角川ソフィア文庫)

ダークサイドミステリー NHK https://www.nhk.jp/p/darkside/ts/4847XJM6K8/
放送 NHK BSプレミアム。毎週木曜夜9時放送。

www.nhk.jp
【※以下ネタバレ】
 

他の回の内容・感想

perry-r.hatenablog.com
 

本当の謎は、人間の闇
背筋がザワザワ、心がドキドキ、怖いからこそ…見たくなる!
世界はそんなミステリーに満ちている。
未解決の事件、自然の脅威、不思議な伝説、怪しい歴史など、謎と恐怖の正体に迫ります!

 

感染症パニック! “見えない恐怖” なぜ人類は間違えるのか? (2020年7月23日(木)放送)

 

内容

感染症パニック!“見えない恐怖”なぜ人類は間違えるのか?
[BSプレミアム]2020年7月23日(木) 午後9:00~午後10:00(60分)


人類やらかし病気秘話が数々。感染予防の手洗いに医学界が猛反対?病の原因は井戸への毒?感染封じに大虐殺?疫病退散の神頼みで動物絶滅?病気の闇に潜む知られざる悪夢。


マスク着用か?経済優先か?100年前、ある都市が“見えない恐怖”で大混乱に!あなたを襲う感染症。不安を悪化させるのが、原因がわからないことによる社会のパニックだ。「あいつらが毒を井戸に投げ込んだ!」間違った思い込みが、デマや差別を生み、民族虐殺の悲劇を招いた。権威ある医者たちの誤りによる、女性患者の大量病死。疫病退散の神頼みが招いた、ある動物の滅亡。科学が進歩した現代でも続く人間と社会の弱点とは?


【ナビゲーター】栗山千明,【ゲスト】山本太郎,岡本亮輔,【司会】青井実,【語り】中田譲治

 
 今回のテーマは「感染症


●幕末のコレラ流行

 昔の日本では「虎狼狸」(コロリ)と呼ばれる疫病に何度も襲われ、特に安政五年(1858年)には江戸でコロリが大流行した。コロリの症状は、極度の嘔吐と下痢、脱水症状、そして突然死。民衆はパニックに陥り、迷信の薬「煎じた黒豆」「桑の葉」「ミョウガの根」などに飛びつき、また疫病退散を願う「コロリ祭り」も行われた。

 コロリとは現代でいうコレラのこと。水の中に住むコレラ菌が飲食物から体内に入ると、腸の中で増殖し、排せつ物と共に再度水の中に広がる。

 意外にも当時の日本人は、コロリの原因は目に見えない小さな生き物のせいだと考えていた。その一つが「管狐(くだぎつね)」という日本古来の妖怪。

 その他にも「千年モグラ/雷獣」(顔は馬、足は赤子、サイズは猫、の妖怪)という日本古来の妖怪も原因と考えられたが、別の資料では千年モグラは「アメリカ狐」というアメリカ産の妖怪とも記されていた。当時はペリーが鎖国を解かせてから四年ほどで、日本人は外国人を警戒していた。

 また安政五年(1858年)5月に長崎に入港したアメリカ船の船員にコレラ患者が発生してこれが日本全国に流行していた。そのためアメリカからきた狐が病気を運んだと考えたのである。さらにイギリス船が「イギリス疫兎(-えきと)」を放ったという噂も流れていた。

 疫病の原因がキツネやウサギなら、ニホンオオカミがそれを退治してくれる、という発想で、ニホンオオカミの頭蓋骨を削って飲むという治療法が考えられた。秩父地方の三峰神社には神の眷属のオオカミのお札を求めて人々が殺到したという。もっとも頭蓋骨を求めてニホンオオカミが乱獲され、絶滅の原因になったという。



●細菌とウイルスの違いとは?

・細菌は単細胞生物。サイズは1/1000ミリ~1/100ミリ。光学顕微鏡で来ることができる大きさ。水と栄養と適切な環境が有れば分裂して増殖する。

・ウイルスはサイズは細菌のさらに1/10~1/100のため、電子顕微鏡でないと見えない。たんぱく質の殻の中に遺伝情報を伝える物質が入っているだけなので、分裂・増殖は不可能。他の生物の細胞に寄生し、自分のコピーを増やす。



●中世のペストの大流行と虐殺

 17世紀のヨーロッパの医者は鳥のくちばしのようなマスクをつけていた。くちばしの部分には薬草が入っており、目の部分はガラス。当時は疫病の原因は悪い空気だと考えられており、その空気に触れないようにするための物だった。

 14世紀から18世紀にかけてヨーロッパを襲った感染症がペスト。突然の発熱から嘔吐・下痢・リンパ節の腫れをおこし、体が黒く変色して発病から五日ほどで死ぬ。そのためペストは「黒死病」とも呼ばれた。

 1346年~52年の大流行は、中央アジアからイタリアを経由して広がり、当時のヨーロッパ人口の60%、5000万人が死んだともいわれる。裕福な人々は感染を逃れるため郊外の屋敷に閉じこもった。当時のステイホームである。

 当時の人も病気が人から人への接触で移ることは知っていたが、原因が目に見えないペスト菌だとは知る由も無かった。そのため病気の原因は神の罰だと考えていた。しかし学者たちは、もっと科学的に原因を追究し、1348年、当時ヨーロッパ最高峰の医学機関フランス・パリ大学医学部は、「火星や木星などの惑星の不吉な配置、地震などの異常気象、動物たち大量の死骸、によって発生する腐敗した空気「瘴気」のせいである」とした。

 この考えは、紀元前5世紀の古代ギリシャの世界観から来ていた。世界を構成する天体・空気・大地・水が正確に動いている時には問題はないが、バランスが崩れると汚染物質が発生し、病気の元になる、と考えられていた。

 しかし当時の庶民にしてみれば「宇宙のバランス」が原因と言われてもピンとないし、「神の罰」説では自分たちが悪いことになってしまう。そこで「ユダヤ人が井戸や泉に瘴気を発生させる毒を入れた」と考え、当時迫害されていたユダヤ人を犯人にして、ユダヤ人を虐殺してまわった。

 例えば、1349年2月にはフランス・ストラスブールで感染が始まってもいないのに、ユダヤ人の虐殺が行われた。最終的にはユダヤ人10000人が虐殺されたとされる。



●手洗い誕生秘話

 17世紀、ようやく人類は発明されたばかりの顕微鏡でしか見えない小さな生き物が体に付着していることを認識した。そしてこれらの微生物が病気の原因ではないか、とする説も生まれ始めていたが、医学関係者は19世紀半ばまで「病気の原因は瘴気」だと信じ続けていた。

 19世紀、オーストリア・ウィーンの産科で働く医師「イグナック・ゼンメルワイス」は、出産直後の母親が高熱で死ぬ謎の病「産褥熱(さんじょくねつ)」について奇妙な事実を知る。ウィーン大学の産科は二つあり、医師・医学生が担当する第一産科と、助産婦が働く第二産科が有ったが、産褥熱の死亡率は第一産科が18.2%なのに、第二産科は2.8%と遥かに低かった。

 ゼンメルワイスは二つの産科を徹底比較したが、ほとんど差は見られず、瘴気説ではこの違いを説明できなかった。そして、異なっているのは第一産科の医師だけが死亡した患者を解剖していることだと突き止め、ゼンメルワイスは死んだ母親から「死体粒子」とでもいうべきものが医師の手に付着し、その粒子が他の母親に付着して産褥熱を引き起こしている、と推測した。

 その対策として、ゼンメルワイスは医師たちに手洗いを指示し、水で洗うだけではなく塩素系の薬品も使用し、さらに爪もブラシで洗うようにさせた。その結果、第一産科の産褥熱の死亡率は3.0%まで低下したのである。

 ゼンメルワイス1861年に論文で産褥熱の原因は瘴気ではなく感染であり、それは予防可能と訴えた。ところが他の医者たちは「医者が病気を蔓延させていた」という説を一切認めずゼンメルワイスを猛攻撃したため、ゼンメルワイスは精神を病み、1865年に46歳で亡くなった。


 しかし1876年に、ロベルト・コッホは「コッホの三原則」を打ち立て、「病気の原因とおぼしき細菌を採取し、それを培養し、そして別の動物に接種して同じ病気になれば原因はその細菌」という考えで、次々と病気の原因は細菌だと判明していったのである。そして手洗いの重要性も科学的に認められるようになっていった。



●インフルエンザの流行

 1918年、第一次世界大戦中に「スペイン風邪」と呼ばれたインフルエンザが世界的に大流行した。医学者たちは患者たちから原因と思われる細菌を見つけ、それを元にワクチンを作ったものの、全く効果が無く感染は拡大し続けた。何故ならインフルエンザの原因は細菌ではなく、より小さなウイルスだったからである。

 1918年9月、アメリカ・サンフランシスコにもインフルエンザが上陸した。市の保健委員会委員長ウイリアムハスラーは流行を防ぐため、ワクチン接種を進める一方、人が集まる施設を閉鎖し、市民のマスク義務化を実施した。さらに新聞広告で「マスク着用は自分だけではなく子供や隣人の命を守ることになる」と訴えた。

 市民は、マスクをつけることは社会を守ることになり、ひいてはヨーロッパで戦っている兵士たちの命を守ることになる、と考え、使命感と愛国心から自主的にマスクを着用し、義務化される前に市民の99%はマスクをつけていたという。

 そのおかげで11月には流行は収まり、マスク義務化は解除された。ところが11月11日に第一次世界大戦が終わったことで人々の気が緩み、マスク義務化が解除された21日の前から人々はマスクを付けないようになっていた。そして12月に入ると再度インフルエンザの流行が始まり、ハスラーは再度のマスク義務化を訴えたものの、既にクリスマスシーズンに突入していたため、人々はインエルエンザに感染する危険よりクリスマスを楽しむことを優先し、この案は市議会に却下されてしまった。

 その結果、サンフランシスコでのインフルエンザでの死者は3500人に登り、そのうち1400人はマスク義務化解除後の死者だったという。



●現在の状況

 それから100年経っても人類は未だ感染症と戦い続けている。そしてエイズハンセン病患者に対する偏見や誤解が患者やその家族に対する不当な差別となり、人権侵害を引き起こしている。


感想

 新型コロナウイルスが蔓延する中でのまさに旬のテーマ。

 中世のペスト、幕末のコロリ、100年前のインフルエンザ、という有名な流行の事例をとり上げていましたが、人類は昔から何一つ変わっていないんだな、と痛感させられる内容でした。中世のユダヤ人への迫害と、今のコロナ発症者への陰湿な嫌がらせ・差別は何も変わってない。

 また100年前にもマスク着用義務化とかステイホームとか実施していた、という事実には目を見張らされました。もっとも結局うまくいかなかったという史実は、将来の展望に絶望しか感じられませんでしたが……

 これ、地上波でも放送して愚かな国民を教育すべきなんじゃないでしょうか……
 
 

光と闇のナビゲーター 栗山千明
MC 青井実 (アナウンサー)
語り 中田譲治
テーマ音楽 志方あきこ

 
 

他の回の内容・感想は以下のリンクからどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
 
ペスト (新潮文庫)
ペスト (新潮文庫)