感想:アニメ「大図書館の羊飼い」第3話「ひとりぼっちの歌姫」


 アニメ「大図書館の羊飼い」(全12話)の感想です。
(※以下、今回の話の結末まで書いてありますのでご注意ください)

■TV Animation - 大図書館の羊飼い - WebSite
http://www.daito-anime.com/

■原作ゲームサイト(18禁)
http://august-soft.com/daito/

 CS放送・AT-Xでの視聴です。


●新キャラ
嬉野紗弓実:柏木美優
小太刀凪:種粼敦美

第3話 ひとりぼっちの歌姫


■あらすじ

 図書部員は「羊飼い」の正体を探るため、レストランのウェイトレスで、ハッキングとかその手の事に詳しい「嬉野紗弓実」に調査を依頼した。紗弓実は図書部員がコスプレでレストランの宣伝をするという条件で引き受ける。京太郎は図書部の部室に度々怒鳴り込んでくる女子生徒が、自宅の隣に住んでいて、「小太刀凪」という名前だと知る。京太郎たちは羊飼いのメールに名前の出ていた御園千莉にも、羊飼いからメールが届いていた事を聞き出す。やがて紗弓実が羊飼いメールの発信場所を突き止めるが、そこは荒れ果てた空き部屋だった。


■感想

 ほら、やはり「この世界は仮想空間で」とかいう話になるんだよきっと。