読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【NHK番組】感想:NHK番組「先人たちの底力 知恵泉」『ゼロ戦開発の光と影~世界に通用する技術を生むには~』

タミヤ 1/72 ウォーバードコレクション No.79 日本海軍 三菱 零式艦上戦闘機 52型 プラモデル 60779

先人たちの底力 知恵泉 http://www4.nhk.or.jp/chieizu/
放送 NHK Eテレ。毎週火曜日 午後10:00~午後10:45(45分)

【※以下ネタバレ】
 

仕事で悩んだり、壁にぶつかったり。そんな皆さんに大きなヒントをくれるのが、歴史上の人物の様々な知恵です。苦手な上司への対処法から、部下を上手に指導するコツ、そして新規プロジェクト成功の秘訣まで。当店「知恵泉」では、明日からの人生に役立つ知恵をたっぷりとご用意して、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

ゼロ戦開発の光と影~世界に通用する技術を生むには~ (2016年12月6日(火)放送)

 

内容

太平洋戦争開戦直後、ゼロ戦は当時の欧米の戦闘機を圧倒する性能を持っていた。しかし戦争が進むにつれ、その優位性は失われていくことに…。技術開発のあり方を考える。


海軍が開発を命じた新型戦闘機の性能は、当時の常識ではありえない矛盾に満ちたものだった。不可能を可能にするために設計技師・堀越二郎が注目したこととは…? 緒戦で戦果を挙げたゼロ戦だったが、米軍が新型機を投入し始めると、その優位性は次第に失われていく。劣勢を挽回するために、海軍が力を入れたこととは…?当時の技術開発のあり方から、世界に通用する技術を生むために大切なことを考える。


【出演】PEZY Computing社長…齊藤元章,モデル…はな,作家…前間孝則,【司会】近田雄一

 太平洋戦争海戦当初、日本海軍のゼロ戦はアメリカの戦闘機と比較して圧倒時な強さを誇っていた。


 ゼロ戦の開発スタートは1937年。海軍は三菱と中島に対し、「速度は時速500キロ以上」「航続距離は2000キロ」「小回りは過去の戦闘機と同等」という条件を出し、中島は実現不可能と開発から降りてしまっていた。速度を早くするために強力なエンジンを積む必要があるか、そうすると機体は大型化する。また航続距離を延ばすため燃料タンクを大きくすれば、やはり機体は大きくなる。すると小回りはきかなくなる。つまり海軍の出した条件は相矛盾していて実現不可能としか考えられなかった。

 三菱のエース開発者だった堀越二郎は機体を徹底的に軽くした。骨組みに穴を開けて余分な重さをグラム単位で削った結果、アメリカの同等の戦闘機が2.5トンもあるのに、ゼロ戦は1.7トン程度と軽く仕上がった。軽いという事は小さなエンジンでも早く飛ぶことができ、また小回りもきくようになった。さらに堀越は、航続距離の問題を「機体の外に流線型の燃料タンクをぶら下げる」という方法で解決した。このタンクの中から燃料を使っていき、カラになれば切り離して捨てる。これで航続距離の問題もクリアした。すべては「こんな要求は実現不可能」という常識を疑ったからだった。

※教訓1 常識を疑え!



 しかし、1942年にゼロ戦がアメリカ軍に捕獲されその秘密が暴かれてしまった。ゼロ戦には弱点が二つあった。一つは時速550キロ以下で急降下できないこと。もう一つは機体を軽くするため、パイロットを守る装甲版や、燃料タンクを守る仕組みが全くないことだった。アメリカ軍は人命重視で装甲やタンクの防御を行い、日本軍は攻撃重視で防弾などを全て省いていた。

 アメリカ軍は急降下で相手を攻撃する「一撃離脱」戦法を使い始め、急降下で550キロ以上出せないゼロ戦は敵に追いつけなくなった。またゼロ戦に対抗するために開発されたF6Fヘルキャットは性能でゼロ戦を上回っていた。海軍は新型の敵に対抗するために、次々とゼロ戦の改良を要求し、技術者たちはそれに時間を取られて新型機の開発が出来なくなった。そして、時代遅れになり果てたゼロ戦は、最後は神風(しんぷう)特別攻撃隊=特攻に使われる事になったのである。

※教訓2 成功にしがみつくな


感想

 うーん? なんか話を単純化しすぎているし、教訓もなんかおかしくない?

 F6Fは対ゼロ戦用に開発したわけじゃないし、戦争後半、「海軍上層部は、ゼロ戦が一度成功したから、あの栄光よもう一度、とゼロ戦にしがみついて小手先の改良ばかりして、新型機の開発が出来なかった」とか説明してましたが、それも違うよね? 新型機は新型機で開発していたし。それにイギリスなんかスピットファイアの改良で最後まで突っ走ったわけだから、一つの機体にこだわるのがNGという訳でもないと思うし。

 なんか歴史を知らない人をうまくだまそうとしているような、今一つ信用のおけない番組、という印象を受けました。

感想:海外ドラマ「X-ファイル 2016」第3話「トカゲ男の憂鬱」

ドラマ

X-ファイル 2016 ブルーレイBOX [Blu-ray]

X-ファイル 2016|FOX|FOX ネットワークス http://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/20683
放送 FOXチャンネル。全6話。

【※以下ネタバレ】
 
X-ファイル 2016(ニーゼロイチロク)の他のエピソードのあらすじ・感想はこちら
perry-r.hatenablog.com
 

第3話 トカゲ男の憂鬱 MULDER & SCULLY MEET THE WERE-MONSTER

 

あらすじ

中年の危機を迎え、怪物を追いかける人生に迷いを感じ始めたモルダー。そんな時にちょうど、動物管理局職員が森で怪物に襲われる事件が発生する。現場には他にも複数の遺体があった。目撃者によると怪物はトカゲのような姿をしていたという。捜査を進めるモルダーは、ガイ・マンという男と出会う。

 お題は「怪物(トカゲ男)」。

 モルダーは、中年になったことを自覚し、正体不明のモンスターを追いかけ続けるようなそんな人生で良いのか? と自問し始めていた。そんな時、皮肉にも「トカゲ男」による殺人事件が発生し、モルダーとスカリーは捜査に出かける。事件は森の中で動物管理局の職員がトカゲ男に殺されそうになり、また周囲には喉を食いちぎられた複数の死体が転がっていた、という物だった。モルダーは、どうせ野生動物の仕業だと醒めた態度だったが、とりあえず捜査を始める。

 やがて近くの町中でトカゲ男が目撃され、さらにモルダーたちの泊まっていたモーテルの客が、人からトカゲ男に変身した事が分かる。モルダーは遺留品を手掛かりに、変身した男が「ガイ・マン」という名前だと突き止め、足取りを追った。そしてモルダーはガイを発見すると、ガイは自分を殺してくれと懇願してきたので、とりあえずモルダーは話を聞く。

 ガイによれば、彼は元々森の中で暮らすトカゲ男で、ある夜突然人間に首に噛みつかれ、慌てて逃げ出すものの、翌朝目覚めると人間の姿になってしまっていた。そして、トカゲ男は、突然人間らしく生きなければという衝動に突き動かされ、近くに転がっていた死体から服を奪って着込み、町に出かけると、ガイ・マンという名前を名乗って仕事を見つけ、モーテルで暮らし始めた、という。ガイは夜になると一時的にはトカゲ男に戻れるが、朝になればまた人間の姿に変化してしまい、全く先が見えないため、この異常な状態に絶望して死にたがっていた。ガイは連続猟奇殺人のことは何も知らない様だった。

 モルダーは、ガイのあまりに奇天烈な告白をとても信じられず、それを見てガイは怒って姿を消してしまう。一方、スカリーは事件の発見者である動物管理局の職員が犯人だと突き止め、さっさと逮捕していた。犯人は精神を病んだ猟奇殺人者で、人間を絞め殺しては喉を食い破っていたのだった。モルダーはガイの言っていた事が本当だと解り、慌てて森に向かう。出会ったガイはこれから冬眠すると言い、起きた時にはトカゲの姿に戻っていることを期待するという。モルダーがガイが次に目覚めるのが一万年後だと知り絶句する。そしてガイは、モルダーのような人間に会えてよかったと言って握手するが、次の瞬間トカゲ男の姿に戻り、そのまま走って森の中に消えた。


監督 ダリン・モーガン
脚本 ダリン・モーガン


感想

 評価は〇。

 普段のX-ファイルとは全くノリの違うコミカル系ストーリー、というより「バカ話」の回で、実に愉快なエピソードだった。「X-ファイル 2016」は、せっかくオリジナルキャスト&スタッフ勢ぞろいで復活したのに、1・2話とも切れ味の悪い話で正直失望甚だしかったのだが、今回は(変化球系の話ではあったが)なかなかの当たりで結構満足できた。

 監督/脚本を担当したダリン・モーガンは、シーズン2の第20話「サーカス」や、シーズン3の第12話「害虫」、同第20話「執筆」、といった『ヘンな話』専門のシナリオライターとして、初期作品をにぎわせてくれた人で、20数年ぶりのX-ファイル参加にもかかわらず、かつての愉快な持ち味をそのまま復活させてくれていて、実にうれしかった。

 今回の怪異はUMAで、ベタにも程がある「トカゲ男」。ツノトカゲと人間の中間的な姿だが、話がバカっぽいので、当然もったいぶって姿を隠したりせず、もう堂々と目の前に現れる(しかもブリーフをはいて)。間違いなく、X-ファイルの歴史の中で一番はっきり登場した未知生物である。内またでちょこちょこと走ったり、通りすがりの娼婦(元男)にハンドバックで殴り倒されり、と、徹底的にこの手のUMAの神秘性とか怪奇さとかと縁遠いのが笑えてしまった。

 トカゲ男の人間状態「ガイ・マン」を演じたリス・ダービーはコメディアンとして有名な人物だそうで、今回の演技を見ていると納得である。携帯電話店の店長をしていたガイが、突然仕事に嫌気がさして、「やってられるか!」と叫びながら机をひっくり返すシーンは爆笑物だった。


 さて、今回はガイだけでなくモルダーもバカ演技に参加しており、

・トカゲ男の写真を撮るためにスマホを取り出すものの、写真アプリの使い方がわからなくてまごついた挙句、結果的に自分の顔しか映してなかった

・街中でトカゲ男と鉢合わせしてひっくり返ってしまう

・モーテルでスカリーと話し合う際、スカリーが何か言おうとするたびにそれを遮って「解ってるさスカリー君はこう言いたいんだろ? (スカリーの口真似をして)『モルダー、まるで頭のいかれた人間の妄言そのものよ』」とか言って一人で延々と話し続ける。

・ガイの話が信じられず、おもむろに懐から酒瓶を取り出してラッパ飲みする

等々、いちいち笑いを誘ってくれた。


 今回びっくりしたのは、スカリーの濡れ場(?)があったこと。ガイがモルダーに身の上を説明する際に、スカリーが携帯電話店に入ってきていきなり誘ってきたので物陰で色々した、と告白し、モルダーが即座に「ちょっと待て、それは君の妄想だ」と突っ込むシーンがあるのだが、そこでガイと絡む演技をしているのがスカリー/ジリアン・アンダーソンなのである。スカリーのお色気演技なんて、パイロット版(シーズン1・第1話「序章」)以来だと思われ、意表を突かれて仰天してしまった。



 この回は「イースターエッグ」と称される、ちょっとしたお遊びが満載で

・冒頭にモルダーが「私は信じたい」ポスターに鉛筆を投げつけているのは、昔のシリーズでモルダーが暇つぶしにX-ファイル課の天井に鉛筆を突き刺していたシーンに対応している

・ガイの恰好(白い服と帽子)は、X-ファイルの元ネタ的番組「事件記者コルチャック」の主人公コルチャックの服装を真似している

・モルダーとガイが話をした墓場で、墓石に「キム・マナーズ」と書いてあるが、キム・マナーズは以前のシリーズのプロデューサー/シナリオライターで故人。

・墓場でモルダーのスマホの呼び出し音がX-ファイルのテーマ曲。

 等々。ディープなファンならニヤリとする隠し要素が満載だった。


 第1・2話は内容がいまいちすぎて、「こんな内容ならわざわざ復活するまでもなかった」という感じだったが、今回は文句なしに満足できる好エピソードだった。


X-ファイル 2016(ニーゼロイチロク)の他のエピソードのあらすじ・感想はこちら

perry-r.hatenablog.com

感想:漫画誌「月刊コミック電撃大王 2017年1月号」

コミック

月刊コミック 電撃大王 2017年1月号

月刊コミック電撃大王 http://daioh.dengeki.com/
発売日:2016年11月26日(毎月27日発売)

【※以下ネタバレ】
 
エロマンガ先生 原作:伏見つかさ 作画:rin キャラクターデザイン:かんざきひろ

 正宗は山田エルフの甥兄さんと一緒に温泉に入ったところ、「妹とくっつけ」と迫られるもののなんとかかわしました。

 こいつぁ、妹ともエルフとも等距離を保ちやがってぇ。



新米姉妹のふたりごはん 柊ゆたか

 クリスマスなので、鳥にご飯を詰めてローストチキンを作って食べました。


 美味そう。

感想:WEBコミック「キン肉マン」第190話「理想の体現者!!の巻」

コミック


キン肉マン 56 (ジャンプコミックス)

週刊プレイボーイ http://wpb.shueisha.co.jp/comic_novel/

【※以下ネタバレ】
 

第190話 理想の体現者!!の巻 (2016年12月5日(月)更新)

 

あらすじ

キン肉王族同士の因縁の対決も最終局面。“マッスル・スパーク”は正義超人の技である…そう悟(さと)ったネメシスは、土壇場でシルバーマンの“アロガント・スパーク”に切り替え、キン肉マンをマットに叩きつける! ところが、技の威力に自らの体が耐え切れずダウン--。一方、ネメシスの“アロガント・スパーク”を受けきったキン肉マンは、王族同士の戦いに終止符を打つべく、最大限の敬意と慈悲をもって、奥義“マッスル・スパーク”を炸裂(さくれつ)させた---!!!

 キン肉マン対ネメシス戦。

 マッスルスパークを食らったネメシスはなんとか立ち上がるものの、結局崩れ落ち、ついにキン肉マンがKOで勝利した。真弓は、シルバーマンが目指したマッスル・スパークは「究極のみねうち」であり、相手を殺さず、それでいて敗北を納得させ、相互理解をもたらす技であると解説する。つまりそれは正義超人の理想の終着点であり、スグルはその体現者なのだった。


感想

 ついに最終決着。はい、長かった戦いも完結。死んだロビンとかの扱いはどうするんだろう、とか、悪魔将軍と超人閻魔は戦わずに終わるんだろうなぁ、とか、気になることもてんこ盛りですが、来年3月くらいで完結かな。


攻防

無し


[参考]完璧超人始祖の一覧

00 “完璧・零式(パーフェクト・ゼロ)”   ザ・マン/超人閻魔
01 “完璧・壱式(パーフェクト・ファースト)”ゴールドマン/悪魔将軍[天のダンベル]
02 “完璧・弐式(パーフェクト・セカンド)” シルバーマン/銀のマスク[地のダンベル]
03 “完璧・参式(パーフェクト・サード)”  ミラージュマン(死亡)[氷のダンベル]
04 “完璧・肆式(パーフェクト・フォース)” アビスマン(死亡)[焔のダンベル]
05 “完璧・伍式(パーフェクト・フィフス)” ペインマン(死亡)[風のダンベル]
06 “完璧・陸式(パーフェクト・シックス)” ジャスティスマン[光のダンベル]
07 “完璧・漆式(パーフェクト・セブンス)” ガンマン(死亡)[土のダンベル]
08 “完璧・捌式(パーフェクト・エイス)”  シングマン(死亡)[星のダンベル]
09 “完璧・玖式(パーフェクト・ナインス)” カラスマン(死亡)[闇のダンベル]
10 “完璧・拾式(パーフェクト・テンス)”  サイコマン(消滅)[雷のダンベル]

感想:アニメ「ブレイブウィッチーズ」第8話「君の瞳にぶどうジュース」

アニメ

ブレイブウィッチーズ 2017年 カレンダー 壁掛け A2

アニメ「ブレイブウィッチーズ」公式サイト http://w-witch.jp/
放送 BS11

【※以下ネタバレ】
 

第8話 君の瞳にぶどうジュース

 

あらすじ

 ブリタニアからムルマンに補給船団が向かっており、その荷物にきわめて状ようなものが積まれているらしいことが分かる。そのため502からクルピンスキー、管野、ニパ、ひかりの四人が船団護衛に向かった。そして船団はネウロイの襲撃を受けるものの、四人の活躍でネウロイは撃破され、船団は無事ムルマンに到着した。ところが、海では死んだはずのネウロイが復活し、クルピンスキーが放棄したストライカーを回収していた。続く。


感想

 話数的に見て、そろそろクライマックスへ向けて走り出したのかな? 視聴者的には「まだ502のキャラ紹介をやっている最中」にしか思えず、「8話もかけて何しているのだろうこのアニメ」みたいな印象しかないわけですが。

 一番かわいくて有能なひかり姉を早々に退場させたのって、とんでもない間違いだったのじゃないのか……


TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」オープニング・テーマ「アシタノツバサ」【通常盤】
TVアニメ「ブレイブウィッチーズ」エンディング・テーマ コレクション【DVD付き限定盤】

感想:アニメ「タイガーマスクW」第7話「直人とナオト」

アニメ


300ピース ジグソーパズル タイガーマスクW 二頭の虎(26x38cm)

テレビアニメ「タイガーマスクW 」公式サイト http://www.toei-anim.co.jp/tv/tigermask_w/

【※以下ネタバレ】
 

第7話 直人とナオト

 

あらすじ

 タイガー・ザ・ダーク/タクマは、早くもシングルのベルトを手に入れ、ミスXの思惑通り順調にトップレスラーへと成長しつつあった。しかしミスXは上司のミスターXから、日本での不手際を叱責される。ミスターXにとって、虎の穴を壊滅させた「タイガーマスク」と同名のレスラーが存在するのは許しがたいことだった。

 一方、新日本のシリーズで沖縄で戦っているタイガーマスク/ナオトに、プロレス雑誌の記者・来間ヒカリ(橘田いずみ)が取材を申し込んできた。ヒカリは半世紀前にファイトしていた先代のタイガーマスク伊達直人の事を持ち出し、タイガーに先代の関係者なのかと問いただすが、タイガーは返事をせずにかわす。興行はメインイベントが「永田・タイガー組対オカダ・YOSHI-HASHI組」で、タイガーがYOSHI-HASHIをジャーマンで葬った。タイガーは先代タイガーの試合を見たという老人から、先代と同じ目をしていると褒められる。


脚本:あみやまさはる  演出(絵コンテ):角銅博之  作画監督:太田晃博  美術:杦浦正一郎/木賊美香


感想

 前回のアイドルが出てくる話は、内容があまりにク●すぎて、このアニメを見限ろうかと考え始めていましたが、今回は結構まともな話で持ち直したので安堵しました。

 そうか、このアニメに出ているミスターXは、タイガーマスク同様に「二代目」だったのか……、あんな顔色の悪い柴田秀勝声の人がこの世に二人もいるとは思っていなかったので、この真実は意表を突かれたぞ(笑)

 YOSHI-HASHIは、アニメの中でも負け役をやらされて、どう思っているのか知りたいなぁ。

感想:NHK番組「アニメソング史上最大の祭典~アニメロサマーライブ2016~」Vol.4「2nd day 後編」

アニメ

内田真礼 2ndシングル ギミー! レボリューション (通常盤)(CD ONLY)

アニメソング史上最大の祭典~アニメロサマーライブ2016~ http://www4.nhk.or.jp/P2795/
放送 NHK BSブレミアム。日曜。22:50~23:50。

【※以下ネタバレ】

アニメソング界のトップアーティスト達が一同に揃うアニメソングコンサートの最高峰「Animelo Summer Live 2016」(通称「アニサマ」)。日本の音楽シーンで、アニソンの売り上げは常に上位を占め、世代を超えて多くの支持を受けています。12年目を迎える今年の「アニサマ」は3日間で合計8万1千人を動員。総勢65組129名の出演アーティストによる熱いステージが、合計約16時間にわたり繰り広げられ、世界最大級のアニソンイベントとして盛り上がりを見せました。

BSプレミアムでは「刻(とき)」をテーマにした今年の「アニサマ」のステージの映像を、いち早く厳選して6週連続で放送。世界からも注目される「アニサマ」の魅力をたっぷりとお届けします。


コンサート実施日:2016年8月26、27、28日
会場:さいたまスーパーアリーナ

 

第4回 Vol.4 「2nd day 後編」 (2016年12月4日(日)放送)

 

リスト

(★印は気に入った曲)

時を刻む唄
Lia×fha'na
TVアニメ『CLANNAD~AFTER STORY~』OPテーマ


創傷イノセンス
内田真礼
TVアニメ『悪魔のリドル』OPテーマ


ギミー!レボリューション
内田真礼
TVアニメ『俺、ツインテールになります。』OPテーマ


虹を編めたら
fha'na
TVアニメ『ハルチカハルタとチカは青春する~』OP主題歌


裸足のままでもこわくない
大橋彩香
TVアニメ『コメット・ルシファー』ED主題歌


Komm, su"sser Tod~甘き死よ、来たれ
高垣彩陽×早見沙織 feat.佐藤純一(fha'na)
新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』挿入歌


ROUGH DIAMONDS
SCREEN mode
TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』OPテーマ


Divine Spell★
TRUE
TVアニメ『レガリア The Three Sacred Stars』OPテーマ


STRIDER'S HIGH
OxT
TVアニメ『プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ』OPテーマ


Beat your Heart
鈴木このみ
TVアニメ『ブブキ・ブランキ』OPテーマ


Crow Song
Girls Dead Monster
TVアニメ『Angel Beats!』挿入歌


Brave Freak Out
LiSA
TVアニメ『クオリディア・コード』OPテーマ


シルシ
LiSA
TVアニメ『ソードアート・オンラインII』EDテーマ


PASSION RIDERS
アニサマ2016出演アーティスト
Animelo Summer Live 2016 刻 -TOKI-」テーマソング


感想

 最新の曲ではないけど「ギミー!レボリューション」はめちゃくちゃ好きなんだよなぁ、アニメは全然好きになれなかったけど。同じパターンでDivine Spellもアニメ自体(レガリア)はアレなのに曲は好きだったり。何故こうなるのか。


TVアニメ『ハルチカ~ハルタとチカは青春する~』OP主題歌「虹を編めたら」


VOL.1
perry-r.hatenablog.com

VOL.2
perry-r.hatenablog.com

VOL.3
perry-r.hatenablog.com

感想:ウォーゲーム雑誌「Game Journal(ゲームジャーナル) No.61」『幕末京都騒乱』(2016年12月1日発売)

ウォーゲーム

ゲームジャーナル61号 幕末京都騒乱

ゲームジャーナル公式サイト http://www.gamejournal.net/
発売日:2016年12月1日(3,6,9,12月の1日発売)

【※以下ネタバレ】
 

付録ゲーム

幕末京都騒乱(ゲームデザイン:近藤友樹)

http://www.gamejournal.net/item_list/gj_061/index.html
文久の政変前後の京都市街における佐幕派と勤皇派の争いを、ゲリラ戦などの非対称戦を再現するシステムとして、数々の名作を送り出している「COIN」システムで描く。

 アメリカGMT社が開発したゲリラ戦テーマ向けゲームシステム」の「COINシステム」を使って、幕末京都を舞台に志士やら新選組やらのバトルを描くゲーム。ちなみにCOINとは「COunterINsurgencies」(反乱鎮圧)の略です。→ https://www.gmtgames.com/c-36-coin-series.aspx

 デザイナー氏は冷戦テーマのトワイライトストラグルを幕末に置き換えたゲームを作ったり、今回の様にゲリラ戦テーマを新選組etcが入り乱れて戦うゲームにしてみたり、と、「海外では人気かもしれないけど、テーマがちょっと……」というゲームをとっつきやすい題材に落とし込むのが上手いですね。まあプレイしたいかと言われるといろいろ微妙ですけど。


特集「幕末京都騒乱」

 プレイヤーズノート、デザイナーズノート、松田大秀氏のリプレイ漫画、ヒストリカルノート、リプレイ、プレイの指針、COINシリーズ解説、など。

 リプレイはページ数が豊富だし図も多用しているのですが……、読んでみて何を書いているのか全く理解できない……(笑) 「新しいゲームを知らない人間に紹介するための物」ではなく、プレイヤーがやりこむ際の指針的な物を目指している様で、ルールブックを熟読してからかかってこいや! という雰囲気(笑) この空気は、ネットでヘビー級のユーロゲームのリプレイを読んだ時と同じものを感じました。まあこのCOINシリーズというのはユーロゲーム的なテイストを持つシリーズらしいので、似ているのも当然か。


その他

◆[連載]Mrことくの過激にレポートするぜ!

 今回はユーロゲーム「翠色の習作」(アークライト)がお題。多分「すいしょくのしゅうさく」と読むのだと思います。まさか「聖闘士と書いてセイントと読む」みたいに「翠色と書いてエメラルドと読ませる」なんてことはないはずですが、自信はありません……


翠色の習作 完全日本語版

翠色の習作 完全日本語版

翠色の習作 完全日本語版

 なんでも「舞台は19世紀末。人類が700年前からクトゥルフ系の邪神に支配されている世界であれこれする」的なゲームだそうで。この連載の元ネタの、タクテクスの「●●を過激にやるぜ!」シリーズみたいに、こちらもシミュレーションゲーム雑誌で、それとは毛色の違うユーロゲームを扱っていく感じになるのでしょうか。



◆[連載]絶版ゲーム再生Project RENEWAL(錦大帝)

 今回のお題は「戦争と平和」(アバロンヒル)。1980年発売のゲームだからあんまり古くない、みたいに説明されてしまい、一瞬「そうだったのか」と納得しそうになりましたが、36年前のゲームなら十分古いよね。このゲームは私も持っていますが、あのヨーロッパの大半を収めたマップを見ているだけでうっとりしてしまい、あまりの魅力にどうしても手放せません。


次号予告

 No.62(2017年3月1日発売予定)の特集/付録ゲームは「秀吉軍記より ~賤ケ岳の決戦~」。戦国群雄伝の一作からシナリオを一つだけ取り出す、という事のようです。付録ゲームゆえの限界というやつですかね。