読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「無彩限のファントム・ワールド」第9話:演劇部の部長の名前だけはウケた


無彩限のファントム・ワールド 1 [Blu-ray]

TVアニメ「無彩限のファントム・ワールド」公式サイト http://phantom-world.com/
放送 BS11

【※以下ネタバレ】

第9話 幕末ファントム異聞

あらすじ

 晴彦たちは、演劇部部長「北島亜弓」(小清水亜美)から、役者として劇に参加するように頼まれる。演劇部は過去10年間コンクールに出場経験が無く、今年も亜弓一人しか部員がいないので、助けてくれという。舞たちは先日の猿ファントム騒ぎの際、演劇部から衣装を借りたこともあり断れず、頼みを聞くことに。ついでに参加した小糸は演劇部にファントムの気配を感じる。一同は、亜弓の書いた「幕末を舞台に新撰組とファントムが戦う」という芝居の練習に没頭する。

 そして地区大会の日。芝居の途中で晴彦たちはファントム役を演じる亜弓が本当にファントムだと知ってしまう。亜弓は、過去コンクールに出られなかった生徒たちの念から生まれたファントムだった。晴彦たちは亜弓の願いをかなえようと、色々なトラブルを乗り越え劇を演じきる。そして劇は大成功で幕を閉じ、見事金賞をもらう。欲が出た亜弓は全国大会も付き合ってもらうと言い出し、晴彦たちがトホホ〜、とか言っている場面で締め。

脚本:志茂文彦

感想

 ドタバタ回。正直ストーリーには全く面白さを感じず。

 どうせならもっとはっちゃけて、「劇中劇」ではなく、「パタリロ」でよくやるみたいに、主要キャラがそのまま時代物を演じる番外編という作りにしたほうが、まだマシだったのではと思います。

 今回唯一ウケたのが演劇部部長の「北島亜弓」という名前ですな。なぜですか、ですって? それは、この名前が、演劇漫画の超有名作「ガラスの仮面」の登場キャラ、主人公「北島マヤ」とそのライバル「姫川亜弓」を混ぜ合わせたものと丸分かりだからです。


おまけ

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)

 作者存命中に完結できるのか……