読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「ナイトライダー シーズン1」第20話「コンピューター泥棒を追え!ナイト2000大追跡ジャンプ!!」


ナイトライダー シーズン 1 バリューパック [DVD]

NHK ナイトライダー http://www4.nhk.or.jp/P3795/
放送 BSプレミアム。全21話。

【※以下ネタバレ】


※他のエピソードはこちら→「ナイトライダー シーズン1」あらすじ・感想まとめ

第20話 コンピューター泥棒を追え!ナイト2000大追跡ジャンプ!! NOBODY DOES IT BETTER (2016年3月30日(水)放送)

あらすじ

ある会社からソフトウェアが盗まれた。内部の犯行と見られ、マイケルは容疑者の1人の調査を開始。だがマイケルの他にも彼の身辺を探る人物がいた!


ある会社からソフトウェアが盗まれた。内部の犯行と見られ、マイケルはある人物を疑い、尾行を開始する。だがマイケルの他にも、探偵の女性が同じ人物の身辺を探っていた。

 マイケルたちは、コンピューターゲームの会社デルトン・マイクロニクス社の社長スティーブンスから、重役の誰かが開発したゲームソフトを盗んだので犯人を見つけて欲しいと依頼される。マイケルはすぐに重役のジュリアンがコニーという女性に盗んだものを渡していると突き止める。同時にマイケルはフラナリー・ローという女性もジュリアンを付け回している事に気が付くが、彼女はジュリアンの妻が浮気を疑って雇った探偵だった。やがてコニーが殺され、ジュリアンが失踪したことから、ジュリアンが犯人として疑われるが、マイケルはジュリアンの身柄を確保しつつも、犯人ではないと確信する。マイケルがスティーブンスにカマをかけると、すぐにスティーブンスが黒幕だったことが分かり、マイケルはスティーブンスを捕まえてジュリアンの無実を証明する。

 実はスティーブンスは社長を解任されかけており、自社で開発したゲームソフトを盗んで他社に持って行こうとしての犯行だった。

感想

 ナイトライダーなのに結構凝った筋書きのエピソード。黒幕がスティーブンスというのは消去法で分かりましたが、犯行の動機がほうっと思わせるもので、ちょっとしたミステリー要素も有る、(ナイトライダー基準としては)結構質の高い話でした。


 ところで今までナイトライダーの舞台がアメリカのどこかなんて考えた事も無かったのですが、劇中の台詞からロスアンゼルスが舞台のドラマなのだと分かりました。へー。

※他のエピソードはこちら→「ナイトライダー シーズン1」あらすじ・感想まとめ

ナイトライダーシリーズの紹介はこちら→「ナイトライダー」シリーズ作品まとめ