読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」第4話「再びのミュトス」

アニメ


「アクティヴレイド-機動強襲室第八係」オリジナルサウンドトラック

TVアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」公式サイト http://activeraid.net/
放送 BS日テレ。全12話。

【※以下ネタバレ】

第4話 『File4 再びのミュトス』 (2016年7月31日(日)深夜放送)

あらすじ

 ミュトスは現在は警察にネット環境から切り離された場所に収監されていた。黒騎はミュトスの再犯を防ぐためには社会に復帰させるほうが良く、そのためには親しい人間が必要だと、足しげくミュトスの元を訪れていた。

 凜と舩坂がテロ対策会議で国外出張となり、その間は黒騎が室長代理として第八を仕切ることになった。同じ頃、深夜にバイク型ウィルウェアが暴走を繰り返す、という事件が発生する。ウィルウェアがらみという事で黒騎は調査を行なうと同時に、ミュトスに事件の情報を与えて捜査のヒントをもらう。やがてバイクの暴走ルートを調べてみると「RIDER」という文字が浮かび上がる。ミュトスはバイクは一方通行を逆走していることから、文字は反対から読むと推理、次は一番左のRのさらに左(西)に「E」という文字を描くと推測する。それはつまり、ラテン語の「REDIRE」(戻る)という単語を意味しており、ミュトスはバードの再来の予告と断定する。

 黒騎たちはミュトスの予想通りの場所に現われた暴走バイクを取り押さえるが、バードはその騒ぎの間に何かを日本に運び込んでいた。ミュトスは保護観察扱いで釈放されることになり、黒騎の弟という身分を与えられることになった。


感想

 評価は◎。


 前シリーズの敵キャラだったミュトスとバードが再登場し、ようやく第二期のストーリーにエンジンがかかった回。ミュトスの現状説明と味方(?)になる過程、バードの再上陸、といったメインストーリーに加え、黒騎と瀬名とケンカや、まりもの聞き込み場面など、キャラを立てる細かい描写も盛り込み、そしてそれらをキビキビと展開させた完成度の高い回で、第1〜3話のクオリティの低さはなんだったのかと思えるほどの、見違えるような面白さにもう大満足でした。

 いっつもこれくらいのクオリティなら、ブツブツ文句を言ったりしないんですけどねぇ。ところでシナリオの千葉克彦氏って第一期参加してましたっけ? 初参加の人だから今までとはレベルが違う面白さを出してくれたということなのかな。


Field Trip !!