【コミック】仮面ライダーWの漫画版「風都探偵」ビッグコミックスピリッツで連載開始!

仮面ライダーダブル オリジナルサウンドト

風都探偵 【作品TOP】 | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館 https://bigcomicbros.net/comic/fuutotantei/

【※以下ネタバレ】


 なんとびっくり! あの仮面ライダーWの続編が、2017年8月7日から、天下のビッグコミックスピリッツで連載開始となりました。タイトルは「風都探偵」。

記事によると……

仮面ライダーW」続編がスピリッツで開幕、“二人で一人の探偵”がマンガに - コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/243813
本日8月7日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ36・37合併号(小学館)より、石ノ森章太郎原作の特撮ドラマ「仮面ライダーW」の正式な続編にあたる新連載「風都探偵」がスタートした。


仮面ライダーW」は、2009年9月から2010年8月まで放送され、2人が同時に変身ベルトを装着して1人の仮面ライダーに変身することが特徴。変身前の私立探偵・左翔太郎を桐山漣、その相棒・フィリップを菅田将暉がそれぞれ演じた。


続編となる「風都探偵」は、「仮面ライダーW」ドラマ版でメインライターを務めた三条陸が脚本、プロデューサーを務めた東映の塚田英明が監修を担当し、クリーチャーデザインとしてドラマ版と同じく寺田克也が参加。作画は「超無気力戦隊ジャパファイブ」などで知られる佐藤まさきが担当し、平和が訪れたはずの風都で暗躍する謎の勢力と、翔太郎とフィリップによる新たな戦いが描かれる。第1話「tに気をつけろ1/魔女に恋した男」は、鳴海探偵事務所に「T字路の魔女」と呼ばれる女性に関する依頼が持ち込まれたことから物語が動き出す。

 だそうです。オリジナルスタッフ大集合ってのが凄い。どういうわけでこういう企画がスタートしたのかな?

仮面ライダーW」続編がマンガで始動!TVシリーズのスタッフ集結、スピで連載 - コミックナタリー
http://natalie.mu/comic/news/239335

 こちらの記事では編集部と作画の佐藤まさき氏のコメントもあり。


仮面ライダーW(ダブル)とは

 2009~2010年に放送された仮面ライダーシリーズの一作。

 常に風が吹いている架空の都市「風都(ふうと)」。この街では、人間を異形の存在に変え、同時に超人的な力を与えるアイテム「ガイアメモリ」が出回っています。ガイアメモリを使用した者は、人間を超えた存在「ドーパント」となりますが、メモリを使用するたびに精神が汚染され、最後には身も心も人ではなくなってしまいます。まさに麻薬と同じイメージです。

 物語の主人公は、この風都で私立探偵を営む二人組、左翔太郎(ひだり・しょうたろう)とフィリップ。翔太郎は肉体労働担当で、フィクションの中にしかいないようなハードボイルド探偵を理想としており、そんな風にふるまおうとするものの、周囲からは「ハー【フ】ボイルド」と揶揄されるようなキャラクター。二枚目半的な役どころですが、やる時はやる男です。もう一人のフィリップは頭脳労働担当で、「地球(ほし)の本棚」という仮想空間に入り込み、地球上のあらゆる情報を取り出すことが出来るという特殊能力者。ちなみに、演じたのは今や超売れっ子の菅田将暉でした。

 この探偵コンビが、風都で起きる怪事件(大抵ガイアメモリやドーパントが絡んでいる)を解決していく、というのが基本の展開。二人はある理由でガイアメモリを持っており、二人で一本ずつ使用することで二人一組の仮面ライダー・ダブルに変身することが出来るのでした。(変身するのは翔太郎の体で、フィリップの精神だけが翔太郎と合体し、体の方はその間は抜け殻状態)。

 メインの脚本家は漫画原作でも有名な三条陸氏で、仮面ライダーと探偵物の融合という結構突飛なアイデアにもかかわらず、見事にまとめ上げた氏の快心の作品となりました。


「風都探偵」はこんな感じ

風都探偵 https://bigcomicbros.net/comic/fuutotantei/
小さな幸せも、大きな不幸も、常に風が運んでくる風の街・風都。翔太郎とフィリップはその風都で鳴海探偵事務所に所属する私立探偵である。「街を泣かせる悪党は許さない」というふたりの元に、今日も数々の超常的な事件が持ち込まれる…!!

 舞台はおなじみ風都。冒頭、翔太郎は謎めいた美女に出会うものの、彼女はかき消すように姿を消してしまいます。後日、探偵事務所に依頼人が現れ、ある女性を探してほしいとの仕事が持ち込まれます。翔太郎はその女性こそ先日出会った謎の美女だと考え、行方を追いますが、やがて彼女は殺人事件の容疑者だと解ります。さらに彼女を追った翔太郎は風都とは思えない謎の場所に迷い込み……


 探偵事務所の所長の亜樹子が結婚しているという描写があり「へ?」となったのですが、調べてみたところ、テレビ本編放送後に色々量産された系列作品の中でアクセル/竜と結婚したらしいです。つまり、漫画はそれらの作品よりさらに後の話、という事になりますね。

 この事に気が付き、テレビシリーズしか把握していなくて、その他の映画とかは全く見ていないので、ちょっと不安になりましたが、まあいくらなんでも作品全部を見たガチファンだけに向けて漫画を描くわけも無いので大丈夫でしょう、多分。

 脚本は三条陸氏でこれ以上ない人選だし、絵も別に問題なかったし、これはわりと期待できそうな漫画だと思いますよ。


ちょっと一言

 ビッグコミックスピリッツ仮面ライダーの漫画が載る時代が来たか……、「めぞん一刻」とかを連載してた頃(30年前ですけどね)は、「大人の漫画雑誌」というムードで満ち溢れていたのに、今じゃライダー漫画を載せる。もう少年サンデーと大差ないなぁ……、文句はありませんが、時代の流れは感じます。
 
 
釣りチチ・渚(1) (サンデーGXコミックス)
LOVE理論 : 4 (アクションコミックス)