読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd」第12話(最終回)「この素晴らしき日常」

アニメ

「アクティヴレイド-機動強襲室第八係-2nd」オリジナルサウンドトラック

activeraid.net

TVアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」公式サイト http://activeraid.net/
放送 BS日テレ。全12話。

【※以下ネタバレ】

第12話 『File12 この素晴らしき日常』 (2016年9月25日(日)深夜放送)

 

あらすじ

 稲城は逮捕されたが、バードが人工衛星をコントロールし関東に落下させようとしていることが判明した。衛星には爆薬が満載されており、地表に激突すれば関東一円は壊滅する。ここに警察と統合自衛隊による衛星破壊作戦が開始され、ウィルウェアによる迎撃を行なうことになり、警察から黒騎、統自からは凡河内みほ、がそれぞれ出撃することになった。しかし打ち上げ途中でバードの送り込んだウィルウェアに妨害され、みほは脱落し、単身黒騎だけが衛星にたどり着く。しかも衛星にはバードが用意した無人のウェルウェアが待ち構えており、大ピンチに陥る。しかし黒騎のオスカー2には協会様たちが用意した秘密兵器が用意されており、黒騎はそれでウィルウェアと渡り合う。最後衛星が大爆発し、関東は救われた。

 後日、瀬名は黒騎の葬式に出かけるが、実は黒騎は(ミュトスたちの配慮で)ちゃっかり生きており、瀬名が葬式だと思っていたイベントは黒騎の帰還を祝う会だった、またバードは悠々国外に逃亡したはずが公安に逮捕された。おしまい。


感想

 評価は×。

 バードがここに来て「関東を爆弾で破壊してやるぜ、ウハハハハ」と知的さの欠片もない、ただの悪の組織の幹部みたいな存在に堕落した上に、衛星にウィルウェアを用意しておいて、「やーい引っかかったwww」とか浮かれていたら、自分こそ罠に引っかかって逮捕されてしまいました、とか、なんじゃこりゃ展開すぎた。

 あまつさえ、最終回の締めの台詞が、瀬名のあのとぼけた台詞(※香典を握り締めて「お疲れ様でしたぁ」)だとは……、終わった気がしないよ。


総括

 評価は×(ダメでした)。

 近未来警察アニメの第二期。前期(今年1~3月放送)は終盤そこそこ盛り上がったので、今期は「バードの逆襲編」といった感じで行くのかと思ったら、それどころの話では無く、前期を遥かに下回るクオリティで、もう嫌になりました。


 第八は、ロゴスによる国家インフラ乗っ取り事件(ロゴス・インシデント)での大活躍により、世間からの見方が一転し、今では好意的に受け入れられていた。あさみは大坂に転任し、西日本を管轄とする「第九係」のボスとして部下を束ねる立場になっていた。また瀬名は警察を退職し、名古屋で廃品回収業者の社長になっていた。第八には、新人としてエミリア・エデルマンと鏑木まりもの二人が配属され、新生の第八は頻発するウィルウェア犯罪に対処していたが……


 第一期は、途中もたついた展開があったものの、終盤は、ロゴスによるインフラ乗っ取りとか、ミュトスの暗い過去とか、の展開がそれなりに味があったので「やればそれなりに出来るじゃん」と感心し、第二期はそこからの上積みを期待していたのですが、上積みところか第一期より遥かにシナリオの質が低下していました。不満はもう数えればきりが有りませんが、とにかく挙げていくと……


・キャラの配置換えが無意味すぎ

 今期は前作で第八に勤務していた瀬名や天野円が警察を辞めて民間人に転じていますが、それがほぼ物語に生かされていない。瀬名は廃品回収業者の社長になりましたが、第一話ですぐに第八に協力者という立場で帰ってくるので、警察を辞めたことが事実上無意味になっています。天野円は探偵になっていますが、天野の情報で物語が大きく動いたとかそういうことも無く、別に辞めなくても良かったじゃん、みたいな。

 花咲里あさみが関西に移動したのは無意味とは言いませんが、前期の黒騎に次ぐ重要キャラ(と思っていた)を脇役に落として、出番をごっそり削り取って何の得になったのか、と思わずはいられませんでした。


・新キャラの出番が少なすぎ

 第八に、二人の新人「エミリア・エデルマン」(田村ゆかり)と「鏑木まりも」(田中あいみ)が新規加入しましたが、二人ともほぼ出番なし。エミリアはせっかく田村ゆかりをキャスティングしてたのにケンタウロスユニットも含めてほぼ活躍の機会が無く、ただ居ただけ。鏑木まりもはまたそれなりに台詞はありましたが、二人とも、前期の花咲里あさみや星宮はるかの様な個性を出す暇も無く番組は終了。なんでこの二人増やしちゃったの?

 またあさみの五人の部下「フィンガーズ」も、五人も増やしても使い切れなくてもてあましていただけだったし。さらに瀬名の会社の専務「アビゲイル・マルチネス」も出す必要があったか疑問。


・ミュトスの出番少なすぎ

 前作でラスボス格だったミュトスが、黒騎の弟「黒騎・ミュトス・二郎しまじろう信次楼」として味方になるという展開にちょっと燃えたのですが、全然活躍しないままおしまいに……、いや、もっと重要な役回りとして、例えば第八の参謀的な立場になって、毎回バードと頭脳戦を繰り広げる、とかそれくらいするべきだったと思うのですけど。味方になってもならなくても物語にほぼ影響なかったような。


・バードの出番少なすぎ

 今期は最初からバードの正体が割れているし、毎回毎回様々な陰謀を繰り出してきて、第八+ミュトスと激しい戦いを繰り広げる、みたいな展開を期待していたら、殆ど出てこなかった……、で、最後に安っぽい悪党みたいに「グハハハハ、東京に人工衛星を落としてやるぜ」って何なの。


・ストーリー構成が下手くそすぎ

 毎回毎回バードが最終的な目的に向かって次々と犯罪を起こしていき、第八がそれに振り回される、みたいな展開なら良かったのですが、そういう1クールかけての地道な積み上げは無く、途中は「第八全員が風邪で寝込むギャグ回」「たんなる水着回」「怪獣が出てくる特撮オタ向け回」「難民の悲哀回」とか、そんな話ばっかりで、もう見ていて視聴意欲を維持できない様な低クオリティ回ばっかり。

 終盤一ヶ月になってようやく思い出したように「稲城は悪人でした」とか「バードの関東壊滅作戦を阻止せよ」みたいな話を取ってつけたように突っ込んで、なんとかそれっぽい締めをひねり出しましたが、今まで何をしていたんだと突っ込みたくなったですよ。


 とまあ、このように愚痴しか出てきませんでした。佐伯俊原案のキャラクターたちの見た目は凄く好きだったし、パワードスーツ的なモノを駆使する警察という設定も可能性を感じさせたのですが、シナリオが全くそれを生かせませんでした。それであのラスト。うーん……、これはちょっと評価できませんでしたね……



Field Trip !!
「アクティヴレイド-機動強襲室第八係」オリジナルサウンドトラック

スタッフ情報
【キャラクター原案】佐伯俊
【総監督】谷口悟朗
【監督】秋田谷典昭
【アニメーションキャラクターデザイン】西田亜沙子
【シリーズ構成】荒川稔久
【音楽】中川幸太郎
【3DCG制作】オレンジ
【アニメーション制作】プロダクションアイムズ



音楽
【OP】相坂優歌「セルリアンスカッシュ」
【ED】Liko(CV:黒沢ともよ)「Field Trip!!」



キャスト
黒騎猛:島﨑信長
瀬名颯一郎:櫻井孝宏
花咲里あさみ:小澤亜李
エミリア・エデルマン:田村ゆかり
星宮はるか:石上静香
山吹凛:倉田雅世
鏑木まりも:田中あいみ
舩坂康晴:大川透
協会さん:鳥海浩輔
アビゲイル・マルチネス新井里美
協会様:速水奨
ミュトス:花江夏樹
稲城光太郎:緑川光
小湊恵理子:大原さやか
天野円:大西沙織
山吹陽:相坂優歌
Liko:黒沢ともよ