読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:特撮「ウルトラマンレオ」第40話「恐怖の円盤生物シリーズ! MAC全滅! 円盤は生物だった!」

特撮


ウルトラマンレオ COMPLETE DVD-BOX

放送 NHK BSプレミアム

【※以下ネタバレ】

NHK BSプレミアム特番「祝ウルトラマン50 乱入LIVE!怪獣大感謝祭」特設サイトにて「人気ウルトラ怪獣」、「名作」回の中間結果を発表! | 円谷ステーション
http://m-78.jp/news/n-3887/
ウルトラマンシリーズが放送開始50年を迎える前日、7月9日(土)午後8時よりNHK BSプレミアムにて「祝ウルトラマン50 乱入LIVE!怪獣大感謝祭」の3時間生放送が実施されます!

 2016年の上記企画に連動してNHKで放送された「ウルトラマンシリーズ名作回ベスト10」の一作。第7位。2016年8月7日(日)放送。
 

第40話 恐怖の円盤生物シリーズ! MAC全滅! 円盤は生物だった!

 

あらすじ

 地球から1000万キロ離れた「ブラックスター」から《円盤生物》シルバーブルーメが地球を目指して襲来してきた。シルバーブルーメはまずMAC基地を襲撃し、基地は壊滅、命からがら逃れたゲン以外の隊員は全員死亡した。さらにシルバーブルーメは日本を襲撃し、街を破壊してから姿を消した。この襲撃により、スポーツセンターの職員たちも死亡し、ゲンの弟分トオルは孤児になってしまう。

 その後、ゲンとトオルは看護師の美山の家に世話になっていた。ある日トオルのクラスメートが道で奇妙な円盤状の物を拾うが、それはシルバーブルーメの仮の姿だった。やがてシルバーブルーメは巨大化してまた暴れ始めた。ゲンはレオに変身しシルバーブルーメを倒す。しかし円盤生物により地球侵略を目論むブラック指令は、第二の円盤生物ブラックドームを呼び寄せていた。


登場 シルバーブルーメ ブラックドーム ブラック指令


感想

 この話は昭和のウルトラ好き少年たちを絶望のふちに叩き込んだ話として伝説になっております。今までレオと共に戦っていた地球人のチームが基地ごと敵にやられて壊滅、主人公の親しかった知人も殆ど死亡、以後ウルトラヒーローがたった一人で敵と戦う、というとんでもない展開でしたから。

 しかし、40年ぶりに見直してみると……、冒頭のMAC基地壊滅→ゲンの知人も殆ど死亡、という前半の展開の酷さはともかく、シルバーブルーメが意外と弱い事に気がついて軽くショック……、一応レオが触手をまきつけられて苦しむ場面もありますが、それは毒ガスで倒れた小学生を助ける時間を稼ぐためにあえて攻撃を受けたのであって、シルバーブルーメが強いからという訳でも無かったように見えました。それにすぐに横倒しにされて、下にある口から未消化のMAC戦闘機などを引きずり出されていましたし……、弱ぇぇ。よく考えたら、大体あんなクラゲもどきが強いわけが無かった。

 またシルバーブルーメが冒頭日本を襲撃した後、中途半端な状態で消えてしまった理由も、もう見当がつきます。ズバリ言ってスタミナ不足。ブラックスターから1000万キロも飛んできて、さらにMAC基地を襲撃したことで、もう疲れてフラフラだったのに違いなく、そのために地上攻撃を中途半端で打ち切らざるを得なかったのです。さらに体力を回復させるため、ミニ円盤状態になってひたすら休養していた、というのが真相でしょう。こう考えると大して脅威でも無いな、円盤生物。

 しかし、このシルバーブルーメが円盤生物の中でもっとも「らしい」存在だったのも事実。《ただの怪鳥》サタンモアとか《赤いてるてる坊主》ノーバに比べれば……

 ところでブラックスターは素直にナレーションを信じるなら、地球から火星や金星までより近いところに存在する事に……、太陽系の仲間だったのか、ブラックスターよ。


ウルトラマンレオ ミュージックファイル