読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「ナイトライダー シーズン1」第17話「激突!キット対マイケル・悪魔の洗脳!奪われたナイト2000」

ドラマ


ナイトライダー シーズン 1 バリューパック [DVD]

NHK ナイトライダー http://www4.nhk.or.jp/P3795/
放送 BSプレミアム。全21話。

【※以下ネタバレ】


※他のエピソードはこちら→「ナイトライダー シーズン1」あらすじ・感想まとめ

第17話 激突!キット対マイケル・悪魔の洗脳!奪われたナイト2000 CHARIOT OF GOLD (2016年3月16日(水)放送)

あらすじ

ボニーが超エリート集団のヘリオス会に入会することになった。同じ頃、会員の考古学者がある男に殺される。


超エリート集団ヘリオス会に入会することになったボニー。同じ頃、会員の考古学者リットン博士が遺跡発掘中に錯乱状態になり、危篤の状態になる。さらにその後、何者かに殺される。マイケルは博士がいた発掘現場に事件解決の糸口があると考え、現場を訪れる。その頃、ボニーに危険が迫っていた!

 デボンとボニーは、ナイト財団が支援する、知能指数の高い人間の集まり「ヘリオス会」への入会試験を受けていたが、デボンは落ち、記念受験のつもりだったボニーが合格する。同じ頃、マイケルは考古学者リットン博士から呼び出され発掘現場に行かけるが、教授は未知の薬物で錯乱状態だった。マイケルは博士を病院に運ぶが、直後博士は殺されてしまう。

 実はリットン博士もヘリオス会の会員で、最近他にも二人の会員が変死していた。マイケルは会長(?)のドゥービルから捜査を依頼され、ヘリオス会を調べるが、リットン博士が発掘していた古代遺跡の出土品が、つい最近作られたものだと突き止める。マイケルが気が付くと、ボニーはドゥービルに薬物で洗脳されて手下に成り果てていた。

 実はヘリオス会は、核戦争が近い将来起きると予測しており、エリートの自分たちが生き残るべきだとの考えで、古代遺跡の発掘現場のふりをして地下シェルターを建設していた。そしてその事に気が付いたリットンたちを口封じで殺したのだった。ドゥービルは部下にマイケルを始末するように指示した後、ボニーにキットを調整させ自分の命令を聞くように変えてしまう。ドゥービルたちは古代文明の財宝が収納されている博物館に乗り込み、財宝を盗み出すため、ナイト2000の力で警報装置や鍵を無効化させる。そこにマイケルが駆けつけると、ドゥービルはキットにマイケルを殺すように命じるが、キットは正気に戻ってマイケルの味方に戻り、ついでにボニーも洗脳が解ける。そしてマイケルは逃走したドゥービルをナイト2000で捕まえて事件は解決した。

感想

 今回はストーリーに謎解き要素があって、いつもより多少は頭を使って書いているシナリオでした。まあそれでも話は別にたいしたレベルでも無かったわけですが……

 今回披露されたナイト2000の装備はもうハイテク機器を超えて超能力レベルです。何せマイケルの指示で、離れた場所にあるダイヤル式のロックのダイヤルを右に左にひねって開錠してしまうのですから。念力かよと突っ込みを入れたくなる機能です(笑)

 終盤の博物館襲撃シーンはあいにくの雨模様。雨に濡れるナイト2000という絵は貴重ですね。しかしマイケルと犯罪者が差し向かいで対決しているシーンの後ろに道路が写っていて、何事も無いように車がどんどん走り抜けていくのは、なんというか微笑ましいというか、緊張感が抜けてしまうというか、でした(笑)

※他のエピソードはこちら→「ナイトライダー シーズン1」あらすじ・感想まとめ

ナイトライダーシリーズの紹介はこちら→「ナイトライダー」シリーズ作品まとめ