読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「ウルスフ決死隊」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 525巻)(2016年7月22日(金)発売)


ウルスフ決死隊 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-525 宇宙英雄ローダン・シリーズ 525)

http://www.amazon.co.jp/dp/415012079X
ウルスフ決死隊 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-525 宇宙英雄ローダン・シリーズ 525) 文庫 2016/7/22
クルト・マール (著), 工藤 稜 (イラスト), 星谷 馨 (翻訳)


クランドホル帝国を発展させるため、公爵をはじめとするクラン人たちに賢人として助言をしてきたアトランは、その役目をベッチデ人のサーフォ・マラガンにひきついだ。今後は、公爵グーたちがマラガンとともに帝国を治めていくことになる。だが、賢人を排除しようとたくらみ、反政府活動をつづけている兄弟団がいまだに暗躍していた。そこでアトランは、もと賢人の従者オルバンに変装して兄弟団の内部に潜入をはかった!

【※以下ネタバレ】



◇1049話 クランでのラスト・ミッション(クルト・マール)(訳者:星谷 馨)

 アトランは公国の助言者として役目をサーフォ・マラガンに引き継ぐと、自分は《ソル》で地球に戻ることを決意した。しかし出発前に兄弟団問題を解決するため、自ら潜入捜査に乗り出し、兄弟団の本部がクランの隣の惑星『ウルスフ』に置かれていることを掴む。直後、ウルスフで兄弟団が武力蜂起したため、アトランは超能力を持つ部下たちと共にウルスフに向かった。(時期:不明。NGZ424年頃?)



◆1050話 ウルスフ決死隊(クルト・マール)(訳者:星谷 馨)

 アトランたちはウルスフに潜入すると、兄弟団の本部に乗り込み首領を倒した。首領を失った兄弟団は解散し、公国に平和が戻った。(時期:不明。NGZ424年頃?)