読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「X-ファイル シーズン9」第12話「化体」

X-ファイル シーズン9 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

■ディーライフ/Dlife X-ファイル シーズン9 http://dlife.disney.co.jp/program/drama/xfile_s9.html
放送 Dlife。全20話。

【※以下ネタバレ】
 
※シーズン9の他のエピソードのあらすじ・感想はこちら→「X-ファイル シーズン9」あらすじ・感想まとめ
 

第12話 化体 UNDERNEATH

 

あらすじ

 お題は「二重人格/変身」。


 ドゲットが13年前に警官だった頃、連続殺人の容疑者としてボブ・ファッスルという男を逮捕した。ところが、最新のDNA鑑定でファッスルは無罪判決を受け、釈放されることになった。ドゲットはファッスルは真犯人だと信じ、なんとか有罪の証拠を見つけようと、昔の事件の証拠を再度調べ直し始める。

 スカリーのDNA鑑定では、証拠とされた毛髪のDNAはファッスルのものではないが、極めて酷似しており、親族のものだと推測された。ところが、ファッスルには生きている親族はいなかった。

 レイエスはファッスルが収監されていた刑務所で、ファッスルに関わる謎めいた殺人が有ったことを知る。ファッスルの近くにいた囚人が殺され、監視カメラには犯人と思われる謎の髭の男が映っていた。男がどうやって刑務所に侵入し、そのあと姿を消したのかは不明だった。

 レイエスたちがファッスルに髭男の写真を見せると、ファッスルは激しく動揺する。レイエスは、髭男はファッスルが変身した姿で、カソリックであるファッスルは自分の心の中の悪の部分を認めたくないあまり、もう一つの悪の人格を生み出してしまい、その際に肉体も別人に変化するのだと主張した。ドゲットはそんな説は認めないものの、レイエスと共にファッスルを監視し始める。

 やがて髭男が現れたため、ドゲットとレイエスは下水トンネルまで髭男を追跡し、レイエスは髭男を射殺した。次の瞬間、死体はファッスルに変化していた。トンネル内からは未発見だったファッスルの犠牲者の死体が次々と見つかった。ドゲットは、それでもなおレイエスの主張は信じられないというだけだった。


監督 ジョン・シバン
脚本 ジョン・シバン


感想

 評価は△。

 意外にもX-ファイルで今まで手が付けられていなかった「ジキル博士とハイド氏」をネタにしたエピソードだったが、あまりにも中身が空っぽすぎて、もう退屈極まりない凡作だった。


 ファッスルの側に唐突にいかにも悪人顔の髭男が現れ、ファッスルに近づく人間を次から次へと殺害し、またファッスルを精神的に支配しているような描写だったので、ファッスルに悪霊的な物が憑りついている、という真相かと思ったら、実は究極の二重人格だった、というオチには、いささかがっかりした。そうであれば、ファッスルが髭男に殴られたり投げ飛ばされたりする描写はいったい何だったというのだろうか。

 また、二重人格が高じて容姿や体形が変わる、というのは百歩譲って認めるとしても、DNAまで変化してしまう、というのはどうにももやもやしてしまった。脚本のジョン・シバンの頭の中では、肉体の変化もDNAの変化も同じライン上にあるのかもしれないが、ファッスルの変身が「信仰心が引き起こした怪現象」であるならば、DNA云々という科学的な話は却って興覚めというか余分というか、という感じがした。まあ、今回の話はシバン自身の言葉によれば、「ジキルとハイド」ネタにDNA話を組み合わせれば行けそうだ、とインスピレーションを得て書いたそうなので、根本的に話の好みが違うようである。

 今回のサブタイトル「化体」は「かたい」と読み、レイエス&スカリーたちの説明によると、「カトリック聖典にある物質の変化の記述」「水がワインになったり、パンがキリストの体になるようなこと」との事である。しかし、いくら何でも水がワインになる逸話を元に、善人が極悪人に変化する事を説明しようというのは、あまりにも無理やりではなかろうか。

 今回、劇中でスカリーはドゲットに対し、DNA鑑定に使ったファッスルの髪の毛は本当の証拠では無かったと指摘し、ドゲットが偽の証拠をでっち上げた元相棒のデュークを非難する一幕がある。しかし、スカリーはどうやって、この髪の毛がデュークがねつ造した偽の証拠だと解ったのだろうか。結局理由の説明が全くなかったので、最後まで引っかかって仕方なかった。


 このエピソードは、本来第9話として放送されるはずだったが、FOXテレビの幹部がこの作品を気に食わず、お蔵入りにされるところだったらしい。しかしFOX幹部陣が考えを変えてくれたおかげで、3話遅れの第12話としてようやく放送できたそうである。この話の出来栄えを如実に示す逸話のような気がする。


一言メモ

 サブタイトルの原題「UNDERNEATH」とは「~の下に」の意味。クライマックスで、ドゲット&スカリーが地面の下の下水道トンネルに潜ったことを示している、のかもしれない。


シーズン9の他のエピソードのあらすじ・感想はこちら

「X-ファイル シーズン9」あらすじ・感想まとめ