読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ドラマ「X-ファイル シーズン9」あらすじ・感想まとめ

X-ファイル ドラマ

 ドラマ「X-ファイル シーズン9」(全20話)のあらすじと感想のまとめです。
(※以下、ネタバレが含まれています。ご注意ください)


 

アメリカでの放送時期

 2001年11月~2002年5月(全20話)


ストーリー展開

◆導入部
 (後日更新予定)

◆結末


登場人物

●フォックス・モルダー(デイヴィッド・ドゥカヴニー)
 元FBI捜査官。第1話で失踪する。


●ダナ・スカリー(ジリアン・アンダーソン
 FBI捜査官。かつてモルダーの相棒だった。第1話時点では産休で休職中。


●ジョン・ドゲット(ロバート・パトリック
 FBI捜査官。X-ファイル担当。


●モニカ・レイエス(アナベス・ギッシュ)
 FBI捜査官。X-ファイル担当。ドゲットの相棒。宗教関係の犯罪が専門。


●ウォルター・スキナー(ミッチ・ピレッジ)
 FBI副長官。スカリー、ドゲット、レイエスの上司。


●アルビン・カーシュ(ジェイムズ・ピッケンズJr.)
 FBI長官代行。


●フォーマー(ケイリー・エルウィス)
 FBI副長官。モニカ・レイエスの元恋人。


●ローン・ガンメン
 モルダーの友人のオタク三人組。
 「メルビン・フロハイキー」(トム・ブレイドウッド)。一番背が低い
 「リチャード・ラングリー」(ディーン・ハグランド)。長髪。凄腕のハッカー
 「ジョン・フィッツジェラルドバイヤーズ」(ブルース・ハーウッド)。髭。一番長身。背広。


あらすじ・感想リスト

「タイトル」をクリックしてください。あらすじ・感想のページに進みます。

話数タイトル原題評価
01 リターン・トゥ・ウォーター Part1NOTHING IMPORTANT HAPPENED TODAY


シーズンを通しての感想

(視聴後更新予定)