【SF小説】ペリー・ローダン第16サイクル「宇宙ハンザ」あらすじ・感想まとめ

テラナー (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-500 宇宙英雄ローダン・シリーズ 500)
【以下ネタバレ】
  

他のサイクルの内容は以下からどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 

目次

1. 作家チームメンバー
2. サイクル概要
3. 各話のあらすじ・感想
 
 

1. 作家チームメンバー

・ウィリアム・フォルツ(74話~)(※プロット作家)
・K・H・シェール(1話~)
・クラーク・ダールトン(2話~)
・クルト・マール(5話~)
・H・G・エーヴェルス(198話~)
・ハンス・クナイフェル(352話~)
・エルンスト・ヴルチェク(509話~)
・H・G・フランシス(518話~)
ペーター・テリド(775話~)
・マリアンネ・シドウ(795話~)
・ペーター・グリーゼ(963話~)
・デトレフ・G・ヴィンター(1063話~)(※本サイクルから参加)
ホルスト・ホフマン(1076話~)(※本サイクルから参加)

2. サイクル概要

・巻数:500~550巻(1000~1099話)
・期間:3588年(NGZ1年)、NGZ424年~426年
・舞台:
 銀河系
 ノルガン・テュア銀河 … 銀河系から9000万光年
 フロストルービン … 銀河系から3000万光年(くじら座NGC1068方向)
 M-3球状星団 … 銀河系の星団


 はるかな過去。超越知性体“それ”は、コスモクラートから特別な細胞活性装置二個を託され、適合者に渡すように命じられる。“それ”は長い時を経て適合者を見つけだすが、その相手はアトランとローダンだった。

 3588年。ローダンは、“それ”が超越知性体「セト=アポフィス」と長い戦いを続けていることを知らされる。超越知性体はさらに進化すれば「物質の泉」となり、さらにその次に「コスモクラート」となるが、力の集合体の維持に失敗すると「物質の窪地」となってしまう。セト=アポフィスは物質の窪地化しつつあり、“それ”の力の集合体を奪い取ろうとしていた。“それ”はローダンに、セト=アポフィスとの戦いを支援するための組織「宇宙ハンザ」の設立を要請し、ローダンはこの時を記念し、西暦を廃止して新しく「新銀河歴」(NGZ)を導入した。

 NGZ424年(西暦4011年)。銀河系種族はGAVO”Kの元に平和な共同体を築き、また宇宙ハンザは汎銀河貿易機構として大成功を収めていたが、しかし水面下では宇宙ハンザはセト=アポフィスの工作員との戦いを繰り広げていた。ローダンの前に、死んだと思われていたジェン・サリクが深淵の騎士となって現れ、ローダンはサリクの要請で「ノルガン・テュア銀河」の「惑星クーラト」にある深淵の騎士の本拠へ行き、深淵の騎士に任命された。深淵の騎士の任務は、混沌の勢力と戦うと同時に「三つの究極の謎」の答えを得る事だった。ローダンは深淵の騎士の前任的種族「ポルレイター」が、220万年前に引退し、銀河系のM-3球状星団に隠遁したことを知り、調査に向かった。

 西暦4011年。銀河系をはるかに離れた「ヴェイクオスト銀河」では、狼ライオン種族「クラン人」の「クランドホル公国」が急発展していたが、それを支える神秘的な存在「賢人」の正体はアトランだった。アトランは3587年に物質の泉の彼岸に消えた後、西暦3791年に宇宙を放浪中の《ソル》に発見された。アトランは物質の泉の彼岸での事は忘れていたが、“それ”とセト=アポフィスの衝突を防ぐという任務だけは覚えており、両勢力の中間に位置するヴェイクオスト銀河に中立勢力を誕生させるため、クラン人に力を貸していたのだった。西暦4012年、アトランは任務を達成したと考え、《ソル》で銀河系に帰還した。

 ローダンはM-3球状星団でポルレイターと遭遇するが、彼らは長い間に精神が変化しており、強引に銀河系種族を制圧すると、自らセト=アポフィスとの戦いを指揮すると言い出した。彼らは220万年前に「フロストルービンの封印」という謎めいた任務を果たしていたが、何故かセト=アポフィスはその封印を解除しようとしていた。ローダンは封印解除を阻止した後、神秘的な「コスモクラートのリング」の力を使い、ポルレイターを説得した。ポルレイターは正気に戻り、銀河系種族への支援を約束してM-3に帰還した。直後、NGZ426年3月、フロストルービンの近くに超巨大宇宙艦隊が出現した。


3. 各話のあらすじ・感想

※「巻数」からあらすじ・感想にリンクしています。
※★マークがついているのが文庫本のタイトルです。
 

発売日話数題名仮題作者
500 2015/07/08 1000 テラナー テラナー フォルツ
550 2017/08/08 1099 ポルレイターとの決別 マール
 

他のサイクルの内容は以下からどうぞ

perry-r.hatenablog.com
 
ポルレイターとの決別 (宇宙英雄ローダン・シリーズ550)
 
Perry Rhodan 1000: Der Terraner: Perry Rhodan-Zyklus "Die kosmische Hanse" (Perry Rhodan-Erstauflage) (German Edition)
Perry Rhodan 1000: Der Terraner: Perry Rhodan-Zyklus "Die kosmische Hanse" (Perry Rhodan-Erstauflage) (German Edition)