読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あらすじ:小説「災厄のスプーディ」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 507巻)(2015年10月22日(木)発売)


災厄のスプーディ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-507 宇宙英雄ローダン・シリーズ 507)

災厄のスプーディ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-507 宇宙英雄ローダン・シリーズ 507)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120323
災厄のスプーディ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-507 宇宙英雄ローダン・シリーズ 507) 文庫 2015/10/22
H・G・エーヴェルス (著), 工藤 稜 (イラスト), 若松宣子 (翻訳)


応答しない第十七艦隊ネストの偵察に派遣されたベッチデ人三名が、そこで見たものは?


惑星クラトカンでサーフォ・マラガン、ブレザー・ファドン、スカウティのベッチデ人三名が搭乗したクラン艦《ブロッドム》は、目的地の第十七艦隊ネストに近づいた。だが、着陸許可を要請してもネストからまったく応答がない。《ブロッドム》第一艦長ダクシエルは、未知の敵に攻撃されたのではないかと不審に思い、ベッチデ人三名を偵察に出す。三名は搭載艇でネストに到達するが、そこは不気味な静寂に支配されていた!

【※以下ネタバレ】


◆1013話 災厄のスプーディ(H・G・エーヴェルス)(訳者:若松宣子)

 (1006話からの続き)。ベッチデ人三人を乗せたクラン船は基地「第十七艦隊ネスト」に到着するが、ネストから応答が無いため、三人は偵察に送られる。ネスト内には不治の伝染病『スポーディ病』が蔓延していることが判明し、三人は見捨てられてしまった。三人はネストのデータから、100光年先の惑星に巨大な宇宙船が着陸していると知り、《ソル》だと考え調査に向かった。しかし惑星の植物からの精神攻撃を受け、宇宙船は墜落してしまう。(時期:不明)



◇1014話 すべては《ソル》のために(H・G・エーヴェルス)(訳者:若松宣子)

 ベッチデ人三人は未開惑星を苦労して踏破し、ついに巨大な球形艦の近くまでたどり着いた。(時期:不明)