読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「水宮殿の賢人」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 521巻)(2016年5月24日(火)発売)


水宮殿の賢人 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-521 宇宙英雄ローダン・シリーズ 521)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120684
水宮殿の賢人 (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-521 宇宙英雄ローダン・シリーズ 521) 文庫 2016/5/24
ウィリアム・フォルツ (著), H・G・エーヴェルス (著), 工藤 稜 (イラスト), 渡辺広佐 (翻訳)


公爵ツァペルロウの葬儀のさなかに爆弾騒ぎが起き、惑星クランの情勢は混迷をきわめていた。カルヌウムとグーの二公爵には確執が生じ、兄弟団に煽動された国民のあいだでは、クランドホルの賢人に統治をゆだねるなという気運が高まる。そんななか、賢人は公爵ふたりを、自分の居所である水宮殿に呼びだした。なにか重要な話があるらしい。しかも、ベッチデ人三人にも水宮殿に赴くようにとセネカ経由で命令してきたのだ!


【※以下ネタバレ】


◆1041話 水宮殿の賢人(ウィリアム・フォルツ)(訳者:渡辺広佐)

 惑星クランは大混乱に陥り、兄弟団が公然と表に現われ始めていた。《ソル》船内では、一部のソラナーが、クラン人を追い出し、故郷の地球へ帰還することを計画していた。賢人の居所「水(みず)宮殿」では、賢人が公爵たちに自分の目的を説明した。クランドホル公国の存在するヴェイクオスト銀河は、超越知性体”それ”とセト=アポフィスの勢力圏「力の集合体」の中間にある緩衝地帯「リンボ」に位置していた。セト=アポフィスが自分の配下種族を”それ”の力の集合体へ侵攻させることを防ぐため、緩衝地帯にあるクランドホル公国は強大な存在である必要があった。やがてベッチデ人や公爵たちは賢人と面会するが、それは無数のスプーディと接続されているアトランだった。(時期:不明)



◇1042話 M−19からの危機(H・G・エーヴェルス)(訳者:渡辺広佐)

 (1035話からの続き)。NGZ425年1月。地球では、突如猿が知性に目覚めたり、ティフラーが何者かに操られたり、ネーサンのデータの一部が消去されるなど、奇怪な事件が立て続けに発生した。ローダンは、様々な証拠から、犯人は球状星団M−19方面から飛来したアステロイドに潜んでいたと推測し、捜索を命じた。(時期:NGZ425年1月16日〜)