読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「クラシカロイド」第22話「ちがいのわかるおとこ」

クラシカロイド クリアファイル

アニメ「クラシカロイド」HP http://www.classicaloid.net/
放送 NHK Eテレ。土曜日17:30~18:00。

【※以下ネタバレ】
 

第22話 『♪22 ちがいのわかるおとこ』 (2017年3月11日(土)放送)

 

あらすじ

 ベートーヴェンは、数か月前歌苗にコーヒーを入れてもらい気に入ったことをきっかけに、コーヒーマニアになってしまっていた。ベートーヴェンは究極の一杯を求めて試行錯誤を繰り返し、豆の種類を決定し、さらに一杯当たり豆を60粒使うと一番美味い、というベストの入れ方を見つけ出す。

 ある朝、ベートーヴェンは究極の一杯を楽しもうと豆を数え始めるが、同居人たちがありとあらゆる邪魔をしてきてなかなかコーヒーをいれることができない。ベートーヴェンは、ベストな豆と粒数は発見したものの、その一杯を楽しむためのベストな場所を確保していなかったのだ、と思い至る。そして、あちこちを探し回った挙句、理想の場所を見つけ出す。

 別の日。ベートーヴェンはコーヒーを楽しむため、自分が見つけ出した理想の場所、すなわち公園に置いている子供向けのパンダの乗り物に陣取っていた。そこに子供が来て代わってくれと頼むが、ベートーヴェンは毅然として断ったため、騒ぎになる。それを知って駆け付けた歌苗たちはベートーヴェンに乗り物を譲るように命じるが、ベートーヴェンはしがみついて離れようとしない。

 呆れた子供たちは、ベートーヴェンドッジボール勝負で負けたらパンダを譲るようにと提案する。ベートーヴェンは自信満々で勝負を受けるものの次の瞬間負けてしまう。しかしベートーヴェンは負けを認めず、何度でも再戦を頼み込み、根負けした子供たちはそのまま立ち去ってしまったため、ベートーヴェンは自分の勝利だと高笑いする。

 また別の日、ベートーヴェンは公園でコーヒーを楽しんでいたが、子供たちが集まってきたのを見ると、「ドッジボールこそ世界で一番面白いスポーツなので、一緒にプレイしろ」とまくし立てる。怯えた子供たちは一目散に逃げだすが、その後をベートーヴェンが追いかけるシーンで〆。


感想

 サブタイトルを見ただけで「ダバダ~」というネス●フェ・ゴールドブ●ンドのCM曲が脳内で再生されてしまい、その時点で吹いてしまいましたが、中身もバカ回でした(笑)

 今回はベートーヴェン役・杉田智和の怪演が炸裂しており、「諸君、この世で一番素晴らしい飲み物は何かを考えてほしい………、考えるまでも無いぃぃぃ!! コーヒーだぁぁぁっ!! グワーハッハハハハハハッ!」てな調子で30分の間しゃべりまくるのです(笑) ホントもう今回は最初から最後まで笑わせてもらいましたわ(笑)


※他のエピソードのあらすじ・感想は、以下のページでどうぞ

perry-r.hatenablog.com

クラシカロイド MUSIK Collection Vol.1