読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:小説「回転海綿との邂逅」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 534巻)(2016年12月8日(木)発売)

ペリー・ローダン

回転海綿との邂逅 (宇宙英雄ローダン・シリーズ534)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150121052
回転海綿との邂逅 (宇宙英雄ローダン・シリーズ534) 文庫 2016/12/8
H・G・フランシス (著), クルト・マール (著), 原田 千絵 (翻訳)


超越知性体の命令に逆らえぬまま、イホ・トロトは“瓦礫フィールド”に送り込まれる。


イホ・トロトとブルーク・トーセンが乗るハルト船は、マークスの宇宙駅であるルックアウト・ステーションを出たあと、ふたたび異質な未知の力に操られていた。どこかでエネルギー渦に落下したのち、巨大な壁の前にたどりつき、そこからさらに、トンネルに似たべつの場所へと誘導されていったのだ。ついに“デポ”に到着したのだろうか?そう考えたかれらの前に、奇妙な鳥生物の群れがあらわれ、船内へと侵入してきた!

 
発売日 = 2016年12月8日(木)
サイクル= 第16サイクル「宇宙ハンザ」
 
【※以下ネタバレ】
 

内容

◇1067話 虚無の淵(H・G・フランシス)(訳者:原田 千絵)

 セト=アポフィスに支配されたイホ・トロトとブルーク・トーセンは、放浪の末に無数の岩塊が漂う宙域の基地に到達したが!?


 ようやく「デポ」に到達か? しかしこの話を見る限り、セト=アポフィスが必要なのはトロトだけで、ブルーク・トーセンがいる意味は皆無なんですけど、何か裏があるのでしょうか。



◆1068話 回転海綿との邂逅(クルト・マール)(訳者:原田 千絵)

 ローダンたちは再度水素惑星EMシェンを調査に乗り出すが!?


 あんまり進展なしで、アンモニア湖が深淵の騎士とつながりがあるのか? と匂わせたくらい。今回は謎の生物「回転海綿」側からも物語が展開して、もしかするとこいつらは重要キャラクターになるのかと思ったら、最後にあっさり死んじゃって、テラナーは惑星から立ち去っておしまい……、ローダンにありがちな「その回しか使わない設定」で水増しした回でした。話自体はそれなりに読ませるたですが、その回限定の捨て設定というのがなぁ。


 前半・後半ともまずまずのお話でした。


表紙絵

 メインはイホ・トロト。その手前の頭を抑えている男がブルーク・トーセン。さらに手前のカエルみたいな生物が「フィゴ人」。その手前の鳥たちがトロト達を襲った鳥種族。


あとがきにかえて

 担当は「原田千絵」氏。全3ページ。ドイツ在住の氏が教会からオルガンを弾いてくれと依頼された、という話。


次巻予告

 次巻は535巻「テラナー抹殺指令」(H・G・エーヴェルス&ウィリアム・フォルツ)(2016年12月20日(火)発売予定)。

 ちなみに次々巻、536巻「中継基地オルサファル」(マリアンネ・シドウ&エルンスト・ヴルチェク)は大みそかの12月31日に発売です! ローダン史上初、一か月に三冊発売の快挙! これはローダン週刊刊行へ向けての布石か?


おまけ

 関連サイトはこちら。
archduke.la.coocan.jp