読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」第10話(最終回):最後の最後までらしいお話で大満足

アニメ


TVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を! 』オープニング・テーマ「fantastic dreamer」【通常盤】

アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』公式サイト http://konosuba.com/
スニーカー文庫公式サイト http://sneakerbunko.jp/series/konosuba/
放送 BS11

【※以下ネタバレ】

第10話(最終回) この理不尽な要塞に終焔を!

あらすじ

 カズマたちの暮らす街に、古代の魔法国家が開発した兵器「機動要塞デストロイヤー」が接近してきていた。とても新米冒険者たちがどうこう出来る相手ではなく、アクアはさっさと逃げ出す準備を始めるが、カズマには折角手に入れた屋敷を捨てて逃げるという選択肢はなく、徹底抗戦を決意する。

 デストロイヤーの張っている防御結界はアクアが無効化出来そうだということで、そこにめぐみんとウィズが爆裂魔法を打ち込んでデストロイヤーを破壊するという作戦が立てられる。作戦は計画通り進み、デストロイヤーは街の前面で停止するが、その直後に自爆装置がカウントダウンを開始してしまった。カズマはウィズに頼んで要塞の動力源である鉱石コロナタイトを、とりあえず世界のどこかに転送してもらい、自爆を食い止めた。

 これで一件落着かと思いきや、要塞内に篭っていた熱が暴走し、このまま放置すれば結局街が焼き尽くされるという事態となる。カズマはドレインの力でアクアから魔力を吸い取って、そのままめぐみんに流し込んで回復させ、めぐみんはお得意の爆裂魔法でデストロイヤーを跡形も無く吹き飛ばし、正真正銘街の危機は去った。

 後日、王都から騎士がカズマを訪ねてくるが、それは国家転覆罪の容疑者としてカズマを捕らえるためだった。カズマが適当にテレポートさせたコロナタイトが、国の大物の屋敷を吹き飛ばしてしまったのだという。で、カズマが最後に「今度転生するときはもうちょっとマシな人生にしてくれ」と嘆いているシーンで〆。

脚本:上江洲誠


感想

 最終回の強敵との一大決戦話にも関わらず、シリアス縛りにしたりせずに最後まで笑いをふんだんに盛り込んでいたのが、このアニメらしくて良かったですねぇ。

 さて、前半パートで、デストロイヤーにめぐみんとウィズが二人同時に呪文を唱える場面があるのですが……、あれあれあれぇ(笑)、めぐみん役の高橋李依は「魔法使いプリキュア」というアニメで「キュアミラクル」というキャラを演じているというし、一方ウィズ役の堀江由衣は「魔法使いプリキュア」というアニメで「キュアマジカル」というキャラを演じているというし……、って、何これ(笑) 全く縁も縁もないアニメ2作品で、同じ声優二人が魔法使いを演じるって、「世にも不思議な物語」http://www.jikanryoko.com/yonimo.htm のエピソードに使えそうな不思議話じゃないですか? (わざわざこんな事を狙って仕掛けるとも思えないし、純粋な偶然ですよね?)

 後半パートで冒険者たちが、自爆装置を止めるために要塞に突っ込むシーンで、その動機が「街を守る」という高尚なものでは無く、「街にあるサキュバスのエッチなお店を守る」という邪な欲望だというのもクソクソ笑ったし。さらに要塞の中に残っていた開発者の日記が、シリアスタッチなのかと思いきやメッチャクチャC調なのも爆笑モノだったし。

 最後にあらぬ場所に転送した自爆装置が、ちょうど行ってはいけない所にジャストミートしてしまうというオチも、もうやった瞬間に予測していましたが、ホントに予測通り落としてくれたし。

 最後の最後までサイコーなアニメでした。そりゃ第二期がいきなり確定するのも当然という感じの傑作でありましたよ。


総括

 評価は◎。


 放送前は、大まかな設定が、最近ラノベ世界を席巻しているらしい「異世界転生物」ということで、「主人公が死亡後、チート能力を持って異世界に生まれ変わり良い目を見る」なんてストーリーはどう考えても好きになれそうに無いよなぁ、一応初回は見てみるけど、どうせ合わないだろうなぁ……(ため息)、とか思っていたら、初回の出来が素晴らしくてイメージがコロッと変わりました(笑)

 初回に「カズマ死亡→女神様と遭遇→転生→異世界で肉体労働」というところまでやってしまうテンポの良さに加えて、カズマとアクアの夫婦漫才の掛け合いの面白さ、仮にも女神のアクアが酒の飲みすぎで道端でゲ●を吐くという予想外の描写、さらにアクアの「はいてない」描写、等、意外な充実ぶりがストライクでしたし。

 しかも回を重ねるごとに、レギュラーにダメ人間がどんどん増えていって、お笑いがドンドンボルテージを上げていってくれて、もう歓喜ものでしたよ。アクアとめぐみんがひたすら巨大カエルに食われる話とか、デュラハンがめぐみんの嫌がらせ(?)に怒って怒鳴り込んでくる回とか、アクアを檻に入れてワニの池に放り込む話とか、とにかく笑える話の連発で毎回楽しくて楽しくて。おっと、9話のサキュバスが出てくるすごくえっちくて笑える回もありましたっけ。

 このアニメは、確かに「異世界転生物」では有るのですが、正統派ではなく、そういうチート活躍タイプの話を茶化すパロディ物だった、という事が、大満足できた理由ですよね。主人公は元引きこもりで、転生してもパッとしないタイプのダメ人間なのに、その周囲にいるのは「見た目は良くて、社会的に認められるしっかりした資格は持っているものの、内実はカズマ以上のダメ人間たち」で、借金まみれのダメ人間ズがお金の為に苦労する、という設定はホント上手かった。

 雨宮天は、なんかゴリ押しで各アニメで主役級をもらっているようなイメージがあったのですが、アクア役はまさにピッタリはまってました。バカ演技を思いっきりやってくれて、この人に対するイメージはグッと良くなりましたよ。

 放送中から好評だったのか、最終回時点で早くもアニメ第二期制作が告知されましたが、当然という思いですね。これは第二期が本当に待ち遠しい作品です。


この素晴らしい世界に祝福を!     あぁ、駄女神さま (角川スニーカー文庫)