読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紹介:あらすじ(ネタバレ):小説「ハミラー・チューブ」(宇宙英雄ローダン・シリーズ 517巻)(2016年3月24日(木)発売)

ペリー・ローダン


ハミラー・チューブ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-517 宇宙英雄ローダン・シリーズ 517)

ハミラー・チューブ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-517 宇宙英雄ローダン・シリーズ 517)

http://www.amazon.co.jp/dp/4150120579
ハミラー・チューブ (ハヤカワ文庫 SF ロ 1-517 宇宙英雄ローダン・シリーズ 517) 文庫 2016/3/24
ペーター・グリーゼ (著), H・G・フランシス (著), 工藤 稜 (イラスト), 小津 薫 (翻訳)


ノルガン・テュア銀河への出発直前に《バジス》船内に思いもよらぬ声が響きわたった!


新銀河暦424年末に、ペリー・ローダンは地球から8600万光年かなたにあるノルガン・テュア銀河へ“バジス”を送ろうとしていた。ノルガン・テュア銀河の惑星クーラトにある深淵の騎士の関連施設に行けば、三つの究極の謎を解く鍵が見つかるかもしれないのだ。ところが、出発準備の進む“バジス”内で、四百年あまり前に完成したのち一度も作動しなかった新型ポジトロニクス“ハミラー・チューブ”がいきなり活性化した!


【※以下ネタバレ】



◆1033話 ハミラー・チューブ(ペーター・グリーゼ)(訳者:小津 薫)

 過去、NGZ2年に天才科学者ペイン・ハミラーは事故死したが、その直前に彼が開発した超ポジトロニクス『ハミラー・チューブ』を《バジス》に搭載していた。しかし彼はハミラー・チューブは必要なときまで起動しないと言い残していた。

 NGZ424年12月、ノルガン・テュア銀河への遠征の準備中の《バジス》で突然ハミラー・チューブが動作を開始し、乗員が揃っていないので出発できないと宣言した。同じ頃、地球では400年間若いままだったデメテルが、《バジス》に乗らないと老衰で死ぬと言い残して意識不明になる。ロワ・ダントンがデメテルと共に《バジス》に乗り込むと、ハミラー・チューブは全員が揃ったという。12月22日、《バジス》は地球を離れた。(時期:NGZ424年12月17日〜22日)

(補足:新型エンジン「メタグラヴ・エンジン」の解説あり(P17〜19))



◇1034話 虚無からの指令(H・G・フランシス)(訳者:小津 薫)

 (1024話からの続き)謎の力に支配されているイホ・トロトは、惑星アルキスタルの未知施設で、超技術の産物「手袋」を入手した。直後トロトは地球に連れ戻され、ローダンたちに保護された。ローダンがセト=アポフィスに支配されている男ブルーク・トーセンとトロトを対面させたところ、トーセンの脳に「デポ」の位置データとして、ソルから140億光年はなれたクエーサーの情報が出現した。ローダンはデポの場所を突き止めるためトロトたちをわざと脱走させるが、トロトはデポに行くため《バジス》を奪おうと企んでいた。(時期:不明。NGZ424年12月頃?)