読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:海外ドラマ「スパイ大作戦」第15話「ヒトラーの遺産を奪取せよ」

スパイ大作戦 シーズン1<トク選BOX> [DVD]

スパイ大作戦BSジャパン http://www.bs-j.co.jp/missionimpossible/
スパイ大作戦 パラマウント http://paramount.nbcuni.co.jp/spy-daisakusen/
放送 BSジャパン

【※以下ネタバレ】
 

第15話 ヒトラーの遺産を奪取せよ The Legacy

 

あらすじ

ヒトラーの遺産のカギを握る4人の男がチューリヒに集合。遺産が彼らの手に渡れば第四帝国建国のための資金となってしまうが…。

【今回の指令】
 ヒトラーの側近だった四人の男たちの息子四人が、スイス・チューリヒに集まるとの情報が入った。彼らは三億ドルともいわれるヒトラーの隠し財産を手に入れ、第四帝国の建設をもくろんでいるらしい。しかし四人のうち一人しか正体は判明していない。IMFは彼ら四人の企みを阻止しなければならない。


【作戦】
 IMFメンバーは空港で、会合に参加予定の四人のうちの一人ヴォン・シュネールを捕まえるとローランがすり替わり、会合に潜入することに成功した。そして銀行に保管されていたマイクロフィルムに四人が各自持っていた情報を追加することで、遺産は墓地に隠されていることが判明する。そしてメンバーはエバ・ブラウン名義の墓を見つけて調べるが何も見つからない。そこに会合のメンバーが現れ銃撃戦になり、ブリックスが撃たれて重傷を負うが、ローランは会合の最後の一人を追い払う。その過程で墓が金塊で作られていたことが判明する。

感想

 評価は△。

 全体に密度が低くてイマイチの回。本来の会合のメンバーなら知っているはずの銀行の口座番号をローランが知らなくて、慌ててブリックスたちが計略で調べてローランに伝えるところとか、それなりに面白くはあったのだが、最後で台無し。会合メンバーとIMFが銃撃戦になり、相手を倒す、という展開になるのは安っぽかったし、何より暴力で解決できるのなら最初からIMFが計略をたくらむ必要もなかったはずである。どうやらこの頃はスパイ大作戦という番組の目指すべき方向が固まっていなかったようである。


参考:今回の指令の入手方法

 ブリックスが木材加工場(?)に車で乗り付けると、バンが止めてある。バンの後部にはテープレコーダーと資料が置かれているので、ブリックスが指令を再生して確認する。最後、「このテープは処分してくれたまえ。」と指示されるので、火の中に放り込んで燃やす。(第7話の指令シーンの使いまわし)


他のエピソードのあらすじ・感想

perry-r.hatenablog.com