読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想:NHK番組:推理系番組「謎解きLIVE [四角館の密室]殺人事件」第2回『第二夜(前編)』(2016年1月24日(日)放送)

推理

NHK 謎解きLIVE [四角館の密室]殺人事件 http://www.nhk.or.jp/nazo
放送 NHK BSプレミアム

全3回。

【※以下ネタバレ】


※「[四角館の密室]殺人事件」(全3回)の他の回はこちら→ #1 第1夜  #3 第2夜(後編)(解決編)

※過去の「謎解きLIVE」の感想・まとめはこちら→ 「謎解きLIVE」シリーズ内容・感想まとめ

謎解きLIVE [四角館の密室]殺人事件「第二夜」(前編)
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2016-01-24&ch=10&eid=19455&f=2906
2016年1月24日(日) 午後9:00〜午後10:00(60分)


衝撃のラストを目撃したか![四角館の密室]殺人事件の真相は?!綾辻行人原作の参加型ミステリー『謎解きLIVE』第二夜。近藤芳正関智一足立梨花ほか。


「衝撃のラストから一日。今夜、全ての謎が解き明かされる!」伝説の推理番組『謎解きLIVE』第4弾。原作は館シリーズで知られる綾辻行人。“四角館”を舞台にしたドラマ撮影スタッフを襲う新たな悲劇。スタジオで謎解きに挑むのはマキタスポーツ市川紗椰ゲームクリエイター巧舟。ドラマ出演は近藤芳正関智一足立梨花ほか。視聴者もデータ放送で参加可能。見事推理できれば放送でニックネームが表示される。


【出演】巧舟市川紗椰マキタスポーツ綾辻行人金澤美穂,椎名琴音,森岡龍須賀貴匡,古舘佑太郎,蔵下穂波,石崎なつみ,橋本和加子,御伽ねこむ足立理,奈緒,森本のぶ,日向丈,テイ龍進,足立梨花関智一近藤芳正,【司会】石澤典夫


 視聴者参加型推理番組の第四弾。今回は原作は「綾辻行人」。

 番組は二夜連続生放送で、まず推理ドラマの内容を一定の区切りごとに放送する。そしてキリのいいところでストップした後、おもむろにスタジオに招いている三人のゲストに「この中で次に殺されるのは誰でしょう?」とか「以下の手がかりの中で事件の解明のヒントになるものはどれでしょう?」とか、4〜5個の選択肢を与えて解答させる。また視聴者もゲスト同様に推理に参加可能で、テレビのデータ放送で自分なりの解答を送信できる。

 また番組だけでは無く、公式サイト http://www.nhk.or.jp/nazo 上でも、番組の進行に応じてリアルタイムで手がかりが提供される(番組中に放送されなかった新しい手がかりもあり)。

 第一夜で事件が発生し、翌日放送の第二夜で解答が発表される。解答の正解数に応じてポイントが加算され、最終的に視聴者の中で成績優秀者は番組最後に名前が発表される。


第2回 『第二夜(前編)』 2016年1月24日(日) 午後9:00〜午後10:00(60分)

■あらすじ

 三子たちは、殺人事件が起こったのは「四角館」の書斎だと思っていたが、実はNHK(二本放送会社)のテレビスタジオ内に作られたセットの書斎の中だったと知り驚く。セットは天井が無いので、はしごでも使えば自由に出入りできる。犯人は何故わざわざドアに鍵をかけ、密室的な状況にしたのか?

 やがて放送局の荷物の中から、行方不明だった脚本家の「安野雅美」の死体が発見される。死亡推定時刻は死んだ松浦尚志と同じ頃だった。

 状況的に、犯人はテレビ局内にいたか、局に入ることが出来た以下の五人しかいない。

早乙女夏希 堤の付き人
吉田絵里 アシスタントディレクター
豊原英二 美術チーフ
島谷正弘 照明チーフ
深迫めぐみ 『着ぐるみ探偵』主人の妹役

 犯人は誰なのか? 続く。

■感想

 第一夜の最後に殺人現場の書斎がセットだと解って、「実は今までのすべてが虚構で、テレビドラマの撮影云々もドラマ内のことだった」とかいうメタ展開に持って行くのかと思ったけど、さすがにそこまではやらなかった(笑) しかし、映像作品で叙述トリックというのはやられたなぁ。早く、もう一度第一夜を見返して、叙述トリックを示唆する部分を探したい。

 容疑者は5人に絞られたのですが、未だに全く犯人の見当がつかない……、解説編を早く見たい。

■こちらもどうぞ

※「[四角館の密室]殺人事件」(全3回)の他の回はこちら→ #1 第1夜  #3 第2夜(後編)(解決編)


※過去の「謎解きLIVE」の感想・まとめはこちら→ 「謎解きLIVE」シリーズ内容・感想まとめ


■参考:番組概要

ミステリーを愛してやまない諸君に送る極上の2日間、謎解きLIVE。

諸君は覚えているだろうか?2015年の海の日、7月20日の午前0時17分32秒に当推理クラブキャッツの執事が発した言葉を。
そう「次回の謎解きLIVEですが、なんとミステリー作家の綾辻行人様が事件を準備しているという噂でございます」と。


約束を果たす時が来た。
今回の舞台は「館」だ。
多くを語るまでもあるまい。「館」と言えば、綾辻による新本格ミステリーの原点だ。
必ずや諸君に満足いただけるものと信じている。


事件が起こるのは1月23日と24日の2日間。
今回は一夜目と二夜目の前半で事件が起こり、二夜目の後半が事件の真相を明らかにする時間になる見込みだ。

二夜目の前半と後半の間は50分間のインターバルがある。この時間、諸君には事件の真相を明らかにするため、灰色の脳細胞をフル稼働していただきたいと思う。しかし、諸君の中には「50分?フッ、5分もあれば十分だ」という方もおられるだろう。そのような諸君のために今回のスペシャル企画としてホームページで楽しめる仕掛けを用意している。ネットに繋がったPCなりスマホなりを手元に、是非、リアルタイムでご覧いただきたい。
また、今回、プレミアムメンバーからの投稿の一部をホームページで公開することにした。諸君の冴えた推理をより多くの人に知ってもらうチャンスが増えたわけだ。当方の事情で既存のWEBサービスのようにスピーディーにはいかず、またすべてを公開するわけにもいかないが推理の参考になるはずなのでご容赦願いたい。ちなみに一夜目の放送中から少しずつアップしていく予定だ。


ところで、推理を投稿するにはプレミアムメンバーになる必要があるが、そのためには試験をパスしてもらわないといけない。諸君ならそれほど難しくはないはずだ。トライしてほしい。
また、これまで同様、当ホームページで捜査情報を随時公開する。前回導入した事件現場の360度バーチャルリアリティー画像は気に入っていただけたようなので、今回も取り入れることにした。意外なものが見つかるかも知れない。事件の分析に役立ててもらいたい。


では、諸君の健闘を祈る。


Yukito Ayatsuzi綾辻 行人
新本格ミステリーの第一人者。『十角館の殺人』をはじめとする「館」シリーズ、『緋色の囁き』の「囁き」シリーズなど作品多数。 漫画化、アニメ化、映画化で話題になった『Another』や、 有栖川有栖と共同原作の推理ドラマ「安楽椅子探偵」シリーズなど 多岐にわたるジャンルで活躍。


演出 前野朋哉
脚本 登米裕一

http://www.nhk.or.jp/nazo/shikaku/about/index.html