海外ドラマ「スパイ大作戦 シーズン4」あらすじ・感想まとめ

スパイ大作戦 シーズン4<トク選BOX> [DVD]

スパイ大作戦BSジャパン http://www.bs-j.co.jp/missionimpossible/
放送 BSジャパン

 
※他のシーズンのあらすじ・感想のまとめは、以下のページからどうぞ

海外ドラマ「スパイ大作戦」あらすじ・感想まとめ(トップページ)

 

アメリカでの放送時期

 1969年9月~1970年3月。全26話(第79話~第104話)
 

登場人物

ジム・フェルプス(ピーター・グレイブス)(声:若山弦蔵/麦人 ※追加収録部分のみ)
 IMF2代目リーダー。


●パリス(レナード・ニモイ)(声:納谷悟朗
 変装の名人。


●バーニー・コリアー(グレッグ・モリス)(声:田中信夫/丸山壮史 ※追加収録部分のみ)
 メカニックや小道具の担当。


●ウィリー・アーミテージ(ピーター・ルーパス)(声:小林修/高瀬右光 ※追加収録部分のみ)
 元重量挙げ選手。怪力。後方支援担当。


●トレーシー(リー・メリウェザー)(声:平井道子
 準レギュラー。以下のエピソードに登場。
 ・第80話(シーズン4 第2話)「第三次世界大戦」
 ・第85話(シーズン4 第7話)「潜水艦での出来事」
 ・第87話(シーズン4 第9話)「ロボット」
 ・第92話(シーズン4 第14話)「王家の血 (前編)」
 ・第93話(シーズン4 第15話)「王家の血 (中編)」
 ・第94話(シーズン4 第16話)「王家の血 (後編)」


●指令の声(ボブ・ジョンソン)(声:大平透
 IMFリーダーに指令を与える謎の人物。声だけの登場で正体は一切不明。


各話のあらすじ・感想

※サブタイトルが、BSジャパン放送分とオリジナルタイトル(DVD収録分)で異なっている場合は、カッコ内にオリジナルタイトルを記載した。

話数(通算)邦題原題舞台・任務評価
01(79) 暗号を解読せよ (暗号解読)The Codeヌエバ・ティアラ。戦争計画を記した暗号の解読
02(80) 第三次世界大戦The Numbers Gameラグザニア。元独裁者の反乱計画の阻止
03(81) 魔薬B-230 (麻薬B-230) (前編)The Controllers (Part1)某国。薬物B-230の開発の阻止
04(82) 魔薬B-230 (麻薬B-230) (後編)The Controllers (Part2)同上
05(83) にせ札を見破れ (札束廃棄作戦)Fool's Gold連邦人民共和国。偽札とその原版の処分
06(84) 神父の正体 (自爆)Commandante独裁国家。革命運動の指導者の救出
07(85) 潜水艦での出来事 (海の底で口を割れ!)Submarine東ヨーロッパ共和国。SS資金の隠し場所の確認
08(86) 黒いファイルMastermindアメリカ国内。政府高官脅迫ファイルの奪取
09(87) ロボットRobot某国。副首相の陰謀の阻止
10(88) 盗まれた化学式The Double Circleアメリカ国内。盗まれた化学式の奪回
11(89) 国王がドナー!? (移植手術を演出しろ)The Brothersカマダン王国。監禁された国王の復権
12(90) 凶悪な時限爆弾 (時限原子爆弾)Time Bomb連邦人民共和国。原子炉爆破計画の阻止
13(91) 死人に口ありThe Amnesiac某国。盗まれたトレバニウムの奪回
14(92) 王家の血 (前編)The Falcon Part1某王国。将軍の王位乗っ取り計画の阻止
15(93) 王家の血 (中編)The Falcon Part2同上
16(94) 王家の血 (後編)The Falcon Part3同上
17(95) 小さな潜入者 (小型謀略工作員)Chicoラテンアメリカ某国。マイクロフィルムのすり替え
18(96) 12歳国王一座 (暗殺路線)Gitanoサルデア王国。摂政の国王暗殺計画の阻止
19(97) 老害の首相 (血の粛清)Phantoms某東側国家。老独裁者の失脚
20(98) 恩赦 (ニトロで脱獄)Terrorスロック国。テロリストの恩赦の阻止
21(99) 暗号名“K”を暴け (暗号名“K”をあばけ)Lover's Knotロンドン。敵スパイ組織のリーダー「K」の正体の確認
22(100) 顔のない暗殺者 (暗殺者には面(つら)がない)Orpheus某敵国。正体不明の暗殺者の発見
23(101) クレーン車は見ていた (空中のゲリラ)The Craneロゴシア国。地下組織の指導者の救出
24(102) 死の監房Death Squad某国。バーニーの救出
25(103) 詐欺師の神託 (山師が公国を狙っている)The Choiceトレント公国。詐欺師の公国乗っ取りの阻止
26(104) ヤング・パワーThe Martyrカリシア(カリシシア)人民共和国。学生大会での政府の欺瞞の暴露
 
 

感想

 シーズン4は、ローランとシナモンというなじみのメンバーが降板してしまい、代わりにパリスが参加したものの、女性レギュラーは不在で毎回別の女優がゲストとして登場する、という落ち着かない事になってしまいました。

 ただ心配したほど番組の雰囲気は変わってはおらず、大傑作とは言えないものの、それなりに面白いエピソードがいくつもあり、全体のクオリティはシーズン3とほぼ変わられないレベルになっていたのが救いではありました。

 面白いと評価する回は、一位がシンジケートに緻密な策略をしかける8話(通算86話)「黒いファイル」。二位が第三次世界大戦勃発を演出する2話(通算80話)「第三次世界大戦」。そのほかにも、7話(通算85話)「潜水艦での出来事」と13話(通算91話)「死人に口あり」は、なかなかの好印象でした。
 
 

他のシーズンのあらすじ・感想のまとめは、以下のリンクからどうぞ

perry-r.hatenablog.com